スポンサーリンク

【MLB2021】またもおあずけ!ツインズのトップ・プロスペクト、ロイス・ルイスが2021年全休へ

プロスペクト

右膝”Torn ACL”

 MLBファンにとってはほとんど「おあずけ」を食らったようなつらいニュースが入ってきました。

 ミネソタ・ツインズのトップ・プロスペクトで、SSのロイス・ルイス(Royce Lewis)が右膝の前十字靭帯の断裂 ”Torn ACL(Anterior Cruciate Ligament)”により、2021シーズンの全休が決まりました。

 これは本当に残念です。

26日に手術→9-12ヶ月のリハビリ

 ツインズのベースボール・オペレーション社長、デレク・ファルビー氏(Derek Falvey)が現地2021年2月24日に明かした情報によれば、ロイス・ルイスはスプリングトレーニングのレポートで、フィジカルチェックを行った際に、右膝の不調を訴えたとのことです。クラブ側が急遽、MRIを手配して診断した結果、右膝前十字靭帯の断裂が判明。

 ロイス・ルイスは現地26日にミネソタに戻り手術を行う予定で、この後、9から12ヶ月のリハビリ・プロセスに入ることとなり、現時点で2021年のサイドラインが決定しました。

2017年全体1位

 ロイス・ルイスは2017年アマチュア・ドラフトで全体1位で指名された逸材。右投げ右打ちです。

 このドラフトの面々を見ると、ハンター・グリーン(CIN)、マッケンジー・ゴア(SDP)、ブレンダン・マッケイ(TBR)、カイル・ライト(ATL)、ケストン・ヒウラ(MIL)、ジョー・アデル(LAA)、エバン・ホワイト(SEA)、タナー・ハウク(BOS)とデビュー、未デビューも含め、錚々たるメンバーが並んでいます。

トップ・プロスペクトランク上位

 全体1位のロイス・ルイスは、トップ・プロスペクト・ランクでも常に上位にランクイン。Pre-2021のMLB・パイプラインによるランクでもトップ17位でした。

 他の評価メディアも含めたトップ・プロスペクト・ランクでの評価はご覧の通りです。

Baseball AmericaMLB.com Pipe LineBaseball Prospectus
Pre-201824位20位27位
Pre-20199位5位8位
Pre-202026位9位21位
Pre-202129位17位31位

 全体1位とは言え、高卒の内野手をドラフト翌年にトップ10以内にランクしているのはさすがに高すぎるとは思います。

 MLB.com のパイプラインがPre-2020で唯一、一桁でランクさせていたのはさすがだと思いました。

コロナ禍で2020年ETAがおあずけ 

 というのもロイス・ロイスは2019年のAFL(Arizona Fall League)でMVPを獲得。

【ロイス・ルイスの2019AFLのスタッツ】

  • 打率.353(3位)
  • HR 3 (1位は9本、2位は4本で4人、3本は9人)
  • OBP .411 (6位)
  • OPS .975 (3位)
  • 盗塁 5 (8位)
  • 二塁打 9 (2位)
  • RBI 20 (2位)
  • 安打数 30 (1位)
  • Runs 21 (1位)
  • TB 48 (2位)

 過去のAFLのMVPはこぞって一流のプレーヤーの仲間入りを果たしており、ロイス・ルイスも2020年のETA(デビュー)が大いに期待されていたのでした。ところが、コロナ禍でショートシーズンになったのはご承知の通りで、なおかつ、マイナーリーグもキャンセルとなったことから、デビュー前の実践調整もできなくなり、2020年のデビューがおあずけに。

 さあ、2021年こそと思っていた時に今回のACL断裂があったことから、ファンは2度もおあずけを食らったような状態になったのでした。

2019年の成績

 ロイス・ルイスの2019年のマイナーでの成績は、クラスAアドバンストと、ダブルAの2つのレベルを併せて、127試合に出場し、517打数122安打。

 打率.236、OBP .290、SLG .371、HR 12、二塁打 26、三塁打 4、盗塁22、四死球 39、三振123という数字。打率とOBPが低いシーズンでしたが、フルシーズン出場したのは大きな財産になったと思われ、それがその年の秋のAFL MVPに繋がりました。

5ツールの魅力

 レイズのワンダー・フランコと並んで非常に期待の持てるSSのロイス・ルイスは5ツールが魅力の選手。この手の選手は足、送球、スイングの速さで見るものを圧倒させてくれます。

ツインズのシーズンプランにも影響

 ツインズにはホルヘ・ポランコというSSがいますが、今オフはエンゼルスからFAとなったアンドレルトン・シモンズを獲得。

 そのほかにもニック・ゴードン、ルイス・アルバレスもおり、実はSSの人材は盤石ではあったのですが、ツインズとしてはシーズン途中にロイス・ルイスのデビューも考えていたと思います。そのプランも狂ったかもしれませんね。しかし、シーズンを戦う分には影響は少なかったかもしれません。 

 今回は肝心要の足に故障を負いましたので、とにかく完治させてフィールドに戻ってきてもらいたいと思います。

 

コメント

NEW

【MLB Hall of Fame】ベテランズ委員会による投票でジム・カートら6名が野球殿堂入り
【MLB2022】レンジャーズ&コーリー・シーガーの10年325Mドルのメガ・ディールについて
【MLB2022】注目FAマーカス・セミエンがレンジャーズとサインした7年175Mドルのディールについて
【MLB2021-22】守備の達人、ジャッキー(JBJ)がレッドソックスに復帰。レンフローも動いたトレードの中身
【MLB2022FA】カブスがマーカス・ストローマンと3年/71Mドルで合意
【MLB2021-22】ロックアウトへ突入の見込み(追記: 突入しました)
【MLB2021-22】ノンテンダー・FAリストにマシュー・ボイド、ヨハン・カマーゴら
【MLB2022FA】マックス・シャーザーがメッツとレコード・ブレイキング・ディールへ! 3年130Mドル
【MLB2022FA】CBA期限前に大型ディールのラッシュ!セミエン、ロビー・レイ、シャーザー、シーガーなど(追記あり)
【MLB2022】ブルージェイズ、イーミ・ガルシアと2年で合意
【MLB移籍 2022】マリナーズ、トレードでパドレスからアダム・フレイジャーを獲得
【MLB2022FA】メッツ、OFのスターリン・マルテも獲得!4年のビッグ・ディール
【MLB2022FA】メッツ、マーク・カナと2年26.5Mドルでサイン!
【MLB2022FA】メッツ、3Bのエドゥアルド・エスコバーと2年20Mドルでサイン
【MLB2022FA】レッドソックス、マイケル・ワカと1年で合意。その獲得動機とは?(追記あり)
【MLB2022FA】筒香選手はパイレーツと1年/4Mドルでサイン
【MLB 2021-22】MLBと選手会が、ノンテンダー・デッドラインの日付の前倒しに合意!11月30日に変更
【MLB2022FA】ケンダール・グレイブマンはホワイトソックスと3年で合意
【MLB2022FA】カージナルス、スティーブン・マッツを獲得!4年のディール
【MLB2021】発表、オールMLB!大谷選手がDH(ファースト・チーム)、スターター(セカンドチーム)で選出
タイトルとURLをコピーしました