スポンサーリンク

【MLB2021】またもおあずけ!ツインズのトップ・プロスペクト、ロイス・ルイスが2021年全休へ

右膝”Torn ACL”

 MLBファンにとってはほとんど「おあずけ」を食らったようなつらいニュースが入ってきました。

 ミネソタ・ツインズのトップ・プロスペクトで、SSのロイス・ルイス(Royce Lewis)が右膝の前十字靭帯の断裂 ”Torn ACL(Anterior Cruciate Ligament)”により、2021シーズンの全休が決まりました。

 これは本当に残念です。

26日に手術→9-12ヶ月のリハビリ

 ツインズのベースボール・オペレーション社長、デレク・ファルビー氏(Derek Falvey)が現地2021年2月24日に明かした情報によれば、ロイス・ルイスはスプリングトレーニングのレポートで、フィジカルチェックを行った際に、右膝の不調を訴えたとのことです。クラブ側が急遽、MRIを手配して診断した結果、右膝前十字靭帯の断裂が判明。

 ロイス・ルイスは現地26日にミネソタに戻り手術を行う予定で、この後、9から12ヶ月のリハビリ・プロセスに入ることとなり、現時点で2021年のサイドラインが決定しました。

2017年全体1位

 ロイス・ルイスは2017年アマチュア・ドラフトで全体1位で指名された逸材。右投げ右打ちです。

 このドラフトの面々を見ると、ハンター・グリーン(CIN)、マッケンジー・ゴア(SDP)、ブレンダン・マッケイ(TBR)、カイル・ライト(ATL)、ケストン・ヒウラ(MIL)、ジョー・アデル(LAA)、エバン・ホワイト(SEA)、タナー・ハウク(BOS)とデビュー、未デビューも含め、錚々たるメンバーが並んでいます。

トップ・プロスペクトランク上位

 全体1位のロイス・ルイスは、トップ・プロスペクト・ランクでも常に上位にランクイン。Pre-2021のMLB・パイプラインによるランクでもトップ17位でした。

 他の評価メディアも含めたトップ・プロスペクト・ランクでの評価はご覧の通りです。

Baseball AmericaMLB.com Pipe LineBaseball Prospectus
Pre-201824位20位27位
Pre-20199位5位8位
Pre-202026位9位21位
Pre-202129位17位31位

 全体1位とは言え、高卒の内野手をドラフト翌年にトップ10以内にランクしているのはさすがに高すぎるとは思います。

 MLB.com のパイプラインがPre-2020で唯一、一桁でランクさせていたのはさすがだと思いました。

コロナ禍で2020年ETAがおあずけ 

 というのもロイス・ロイスは2019年のAFL(Arizona Fall League)でMVPを獲得。

【ロイス・ルイスの2019AFLのスタッツ】

  • 打率.353(3位)
  • HR 3 (1位は9本、2位は4本で4人、3本は9人)
  • OBP .411 (6位)
  • OPS .975 (3位)
  • 盗塁 5 (8位)
  • 二塁打 9 (2位)
  • RBI 20 (2位)
  • 安打数 30 (1位)
  • Runs 21 (1位)
  • TB 48 (2位)

 過去のAFLのMVPはこぞって一流のプレーヤーの仲間入りを果たしており、ロイス・ルイスも2020年のETA(デビュー)が大いに期待されていたのでした。ところが、コロナ禍でショートシーズンになったのはご承知の通りで、なおかつ、マイナーリーグもキャンセルとなったことから、デビュー前の実践調整もできなくなり、2020年のデビューがおあずけに。

 さあ、2021年こそと思っていた時に今回のACL断裂があったことから、ファンは2度もおあずけを食らったような状態になったのでした。

2019年の成績

 ロイス・ルイスの2019年のマイナーでの成績は、クラスAアドバンストと、ダブルAの2つのレベルを併せて、127試合に出場し、517打数122安打。

 打率.236、OBP .290、SLG .371、HR 12、二塁打 26、三塁打 4、盗塁22、四死球 39、三振123という数字。打率とOBPが低いシーズンでしたが、フルシーズン出場したのは大きな財産になったと思われ、それがその年の秋のAFL MVPに繋がりました。

5ツールの魅力

 レイズのワンダー・フランコと並んで非常に期待の持てるSSのロイス・ルイスは5ツールが魅力の選手。この手の選手は足、送球、スイングの速さで見るものを圧倒させてくれます。

ツインズのシーズンプランにも影響

 ツインズにはホルヘ・ポランコというSSがいますが、今オフはエンゼルスからFAとなったアンドレルトン・シモンズを獲得。

 そのほかにもニック・ゴードン、ルイス・アルバレスもおり、実はSSの人材は盤石ではあったのですが、ツインズとしてはシーズン途中にロイス・ルイスのデビューも考えていたと思います。そのプランも狂ったかもしれませんね。しかし、シーズンを戦う分には影響は少なかったかもしれません。 

 今回は肝心要の足に故障を負いましたので、とにかく完治させてフィールドに戻ってきてもらいたいと思います。

 

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました