スポンサーリンク

【2021NLDS_G1】投手戦を制したのはブルワーズ!

スペシャル・イベント

ブレーブス@ブルワーズの対戦

 現地2021年10月8日、1日遅れでいよいよNLDSも始まりました。

 このカードはレギュラー・シーズン勝率の2位-3位の対戦。2位のブルワーズのホーム、ミラー・パークで行われました。

 いい投手戦となりましたが、リードをキープしたままジョシュ・ヘイダーにつないだブルワーズが先勝しました。

ロスター

 ブレーブスのNLDSのロスターはこちら。特筆としては、内外野をこなせ、元ブルワーズのSSであったオーランド・アルシアを入れてきました。そして、代走のスペシャリスト、テレンス・ゴアも入っていますよ!!

 ブルワーズのロスターはこちら。ピッチャーは11人で捕手が3名、外野5名という布陣。当然のことながら、祝勝会で骨折したデビン・ウィリアムズは外れています。それなのに11名です。もう打ち勝って、ヘイダーにつなげるぞという作戦のようです。ブレント・スーターが外れました。右腹斜筋痛のようです。

ゲームの流れ

 非常に緊迫した投手戦となったこのゲーム、どちらが先に崩れるかというミスが気になる展開に。

2021 NLDS G1 ATL @ MIL
  • 1回表
    【ATLANTA】

    コービン・バーンズの立ち上がりの乱れにより、2連続四球でチャンスメイク。しかし、オジー・アルビーズがダブルプレーに倒れ、チャンスを活かせず。

  • 1回裏
    【MILWAUKEE】

    チャーリー・モートンの前に、ウォン、アダムス、イェリッチが三者連続三振

  • 3回裏
    【MILWAUKEE】

    モートンからロレンゾ・ケインが初ヒットを放つも得点ならず

  • 5回表
    【ATLANTA】

    先頭のエディー・ロザリオがシングルで出塁するも、ダーノーが併殺打。直後にスワンソンがシングルを放つも、得点ならず

  • 7回裏
    【MILWAUKEE】

    アビサイル・ガルシアが死球で出塁。つづく、ロウディ・テレスが殊勲の2ランHR(2-0)。ブルワーズが先制。

  • 8回表
    【ATLANTA】

    マウンドは7回からエイドリアン・ハウザー。2アウトからジョク・ピダーソンが追撃のソロショット(1-2)。

  • 9回表
    【ATLANTA】

    マウンドにはジョシュ・ヘイダー。

    ランナーを2人出すも、RBIタイトルのアダム・デュバルらが倒れて反撃ならず。2-1のスコアでブルワーズが初戦に勝利。

モートン、バーンズの投手戦

 ブレーブスの先発はチャーリー・モートン。ポストシーズンに非常に強い投手ですね。

 一方のブルワーズはオールスターにも出場したコービン・バーンズ。ERAのタイトルも獲りました。

 チャーリー・モートンは、6回を被安打3、HRに2失点、与四球1、奪三振9。一方のコービン・バーンズは、6回を2ヒッター、スコアレス。与四球は3で、奪三振は6。

 先発はともにゲームメイク。ブルワーズの投手陣がブレーブス打線に仕事をさせなかったという展開になりました。

殊勲打はロウディ・テレス

 決勝点となった2ランHRを放ったロウディ・テレス(Rowdy Tellez)は、26才の1Bでダニエル・ボーゲルバック2.0のような風貌の選手。

 高卒時の2013年のドラフトで、ブルージェイズから30巡目指名を受け、プロ入り。デビューは2018年。2019年には111試合に出場。HR21、RBI54をマーク。2020シーズンも35試合に出場しています。

2021年7月に、ブルージェイズが右腕のトレバー・リチャーズを獲得したトレードでブルワーズ入り。ブルワーズ移籍後、打率.272、OBP .333、SLG .481、HR 7、二塁打 10、RBI 28と活躍。首脳陣から高く評価されていて、この日はボーゲルバックを押しのけてスタメンに名を連ねました。

 いい仕事をしましたね。

エイドリアン・ハウザーがブルペン

 デビン・ウィリアムズが抜けた穴ですが、Game1はエイドリアン・ハウザーが、2イニングに登板。このセットアップが勝利を招いたという要所でもありました。

 この後もハウザーを使うのか、ここも注目ポイントですね。ハウザーはローテーションで10勝6敗、ERA 3.22の投手です。豪華ですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】ドジャースの新GMは37才で元レイズのリリーバー
【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
タイトルとURLをコピーしました