スポンサーリンク

【2021NLDS_G1】投手戦を制したのはブルワーズ!

ブレーブス@ブルワーズの対戦

 現地2021年10月8日、1日遅れでいよいよNLDSも始まりました。

 このカードはレギュラー・シーズン勝率の2位-3位の対戦。2位のブルワーズのホーム、ミラー・パークで行われました。

 いい投手戦となりましたが、リードをキープしたままジョシュ・ヘイダーにつないだブルワーズが先勝しました。

ロスター

 ブレーブスのNLDSのロスターはこちら。特筆としては、内外野をこなせ、元ブルワーズのSSであったオーランド・アルシアを入れてきました。そして、代走のスペシャリスト、テレンス・ゴアも入っていますよ!!

 ブルワーズのロスターはこちら。ピッチャーは11人で捕手が3名、外野5名という布陣。当然のことながら、祝勝会で骨折したデビン・ウィリアムズは外れています。それなのに11名です。もう打ち勝って、ヘイダーにつなげるぞという作戦のようです。ブレント・スーターが外れました。右腹斜筋痛のようです。

ゲームの流れ

 非常に緊迫した投手戦となったこのゲーム、どちらが先に崩れるかというミスが気になる展開に。

2021 NLDS G1 ATL @ MIL
  • 1回表
    【ATLANTA】

    コービン・バーンズの立ち上がりの乱れにより、2連続四球でチャンスメイク。しかし、オジー・アルビーズがダブルプレーに倒れ、チャンスを活かせず。

  • 1回裏
    【MILWAUKEE】

    チャーリー・モートンの前に、ウォン、アダムス、イェリッチが三者連続三振

  • 3回裏
    【MILWAUKEE】

    モートンからロレンゾ・ケインが初ヒットを放つも得点ならず

  • 5回表
    【ATLANTA】

    先頭のエディー・ロザリオがシングルで出塁するも、ダーノーが併殺打。直後にスワンソンがシングルを放つも、得点ならず

  • 7回裏
    【MILWAUKEE】

    アビサイル・ガルシアが死球で出塁。つづく、ロウディ・テレスが殊勲の2ランHR(2-0)。ブルワーズが先制。

  • 8回表
    【ATLANTA】

    マウンドは7回からエイドリアン・ハウザー。2アウトからジョク・ピダーソンが追撃のソロショット(1-2)。

  • 9回表
    【ATLANTA】

    マウンドにはジョシュ・ヘイダー。

    ランナーを2人出すも、RBIタイトルのアダム・デュバルらが倒れて反撃ならず。2-1のスコアでブルワーズが初戦に勝利。

モートン、バーンズの投手戦

 ブレーブスの先発はチャーリー・モートン。ポストシーズンに非常に強い投手ですね。

 一方のブルワーズはオールスターにも出場したコービン・バーンズ。ERAのタイトルも獲りました。

 チャーリー・モートンは、6回を被安打3、HRに2失点、与四球1、奪三振9。一方のコービン・バーンズは、6回を2ヒッター、スコアレス。与四球は3で、奪三振は6。

 先発はともにゲームメイク。ブルワーズの投手陣がブレーブス打線に仕事をさせなかったという展開になりました。

殊勲打はロウディ・テレス

 決勝点となった2ランHRを放ったロウディ・テレス(Rowdy Tellez)は、26才の1Bでダニエル・ボーゲルバック2.0のような風貌の選手。

 高卒時の2013年のドラフトで、ブルージェイズから30巡目指名を受け、プロ入り。デビューは2018年。2019年には111試合に出場。HR21、RBI54をマーク。2020シーズンも35試合に出場しています。

2021年7月に、ブルージェイズが右腕のトレバー・リチャーズを獲得したトレードでブルワーズ入り。ブルワーズ移籍後、打率.272、OBP .333、SLG .481、HR 7、二塁打 10、RBI 28と活躍。首脳陣から高く評価されていて、この日はボーゲルバックを押しのけてスタメンに名を連ねました。

 いい仕事をしましたね。

エイドリアン・ハウザーがブルペン

 デビン・ウィリアムズが抜けた穴ですが、Game1はエイドリアン・ハウザーが、2イニングに登板。このセットアップが勝利を招いたという要所でもありました。

 この後もハウザーを使うのか、ここも注目ポイントですね。ハウザーはローテーションで10勝6敗、ERA 3.22の投手です。豪華ですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!(追記あり)
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
タイトルとURLをコピーしました