スポンサーリンク

【MLB2022】大谷選手、10勝達成!打っては25号HR!ついに1918年のルース以来の偉業達成へ

104年ぶりの2桁勝利、二桁HR

 現地2022年8月9日、コロシアムで行われたアスレチックス戦で大谷選手が今季19度目の先発マウンドに上がりました。6月9日からスムーズに6戦6勝で9勝目をマークして以降、打線の援護も思わしくなくなり、3連敗。

 アメリカの象徴であるベーブ・ルースの104年ぶりの偉業を簡単に成し遂げさせないような難産が続いていました。これは本気で阻止され続けるのではないだろうか?と心配にもなりましたが、ピッチャー・フレンドリーな球場で、しかも打線も機能しつつある中、ついにシーズン10勝、10HRの偉業達成となりました。なお、盗塁も現時点で11をマークしていますから、10-10-10ですね。

 おめでとうございます!

投手としてのルース

 以下、リンク記事を抜粋します。

 ちなみに、ベーブ・ルースは投手として通算488奪三振をマークしています。

 ベーブ・ルースの投手としての成績は1914年から1921年、1930年、1933年と計10シーズンあるのですが、本格的に稼働していたのは、1914年から1919年までの6シーズン。1920年、1921年、1930年、1931年の4シーズンは、それぞれ1試合(4イニング)、2試合(9イニング)、1試合(9イニング)、1試合(9イニング)のみの登板です。

 1915年から1918年までの4シーズンがとりわけ強烈で、それぞれ18勝、23勝、24勝、13勝をマーク。1916年は40スタートで323.2イニングでERAが1.75、1917年は38スタートで326.1イニング、そして35完投、6シャットアウト1918年は20試合登板、19先発で13勝。1919年は17試合、15先発で9勝

 ちなみに1916年は被本塁打0。通算成績においてもHR9は0.1というとんでもない数字をだしております。ヒーローたるゆえんですね。

 上述の通り、1920年、1921年、1930年、1931年の4シーズンは登板はあるものの、実質的には打者専任というふうに捉えていいかと思います。 

(抜粋は以上)

【YOUTUBE】Angels vs. A’s Game Highlights (8/9/22) | MLB Highlights

カムバッカーが襲うもやる気満々

 この日、大谷選手は2番P-DHで出場。初回のマウンドは1打席目が終了してからという相変わらずの高校球児のような体制でマウンドに上がりました。

 立ち上がりは抑え気味にスタート。エンゼルス打線は3回表にスティーブン・ダガーのトリプルとデービッド・フレッチャーのタイムリー・シングルで先制し、援護。追加点も欲しかったですが、当の大谷選手も1Bゴロで凡退するなど、1点のみに終わりました。

 その直後の3回裏、2つの四球でピンチを迎えましたが、この日抜群に切れていたスライダーをうまく使い、ピンチを脱出。ランナーは出すも要所は締めるという投球が続きました。この3回裏の3アウト目ですが、ラモン・ロレアーノのカムバッカーが大谷選手の左足を直撃。打球をうまく処理してアウトにしてチェンジとなったものの、大谷選手にしては珍しく苦痛で顔を曇らせました。

 これは相当痛かったようです。これを見たときに、「またも10勝はお預けか!」と思いましたが、大谷選手は4回裏のマウンドにも上がり、投球を続行。

 先制点を上げているし、ここでいい空気を分断してはならないと思ったのかもしれません。とにかく10勝目がどうのというよりは、ひたむきにチームの勝利を優先しているのが感じ取れました。

ウォードが3ランHRで援護

 大谷選手のひたむきさが味方打線に火をつけたのか、5回表、エンゼルスは先頭の大谷選手がシングルを放ち、自らチャンスメイクしノーアウトから出塁。レンヒーフォは3Bエラーで出塁し、ランナーが二人溜まった後、テイラー・ウォードがインコースの難しいボールをLFスタンドへ運び、3ランHRに。

 エンゼルスはようやく大谷選手が登板中に追加点をプレゼントすることが出来ました。

 大谷選手は6回のマウンドで降板。6回、91球、被安打4、BB3、スコアレス、奪三振5という内容でした。

自ら援護の25号HR

 7回表、先頭の大谷選手は左腕のサム・セルマンのスライダーを強振。これがRFスタンドにライナーで入るソロHRに。自らを援護する5点目を叩き出しました。登板日にHRを放ちましたね。このHRでMLB通算118号とし、イチロー選手のメジャーHR数の117を超えました。大谷選手は5シーズンでの達成です。なお、現時点のHR数を162試合平均で表すと、シーズン37HR!

 7回裏、マウンドに上がる気が満々の大谷選手でしたが、ネヴィン監督が制しました。7回から8回途中まではジミー・ハーゲットが被安打1、BB1のみのスコアレスでリレー。8回2アウトからはホセ・キハーダが登板。9回裏にチャド・ピンダーに大きなHRを打たれましたが、逆転されることなく1失点。

 大谷選手についに10勝目がつきました。

 エンゼルスは相変わらずマイク・トラウトが欠場していますが、戦いぶりに明るい兆しが見えてきました。デービッド・フレッチャーの復帰、ルイス・レンヒーフォの活躍、そして投手ではトゥーキー・トゥーサンがブルペンにいることでかなり戦いやすくなりました。

 ポストシーズンには確率的にいけませんが、最後まで良いゲームを披露してくれればと思います。

 残り1ヶ月半。大谷選手はこのままいけばあと6度から7度は登板機会がありますから、納得の行く内容に結果が伴えば言うことなしですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました