スポンサーリンク

【MLB2023】レッズ、連勝は12で止まる!パーク・ファクターも大いに絡んだ激アツの試合展開

ブレーブスとプレーオフのような試合

 現地2023年6月24日、グレート・アメリカン・ボール・パークで行われたブレーブス@レッズの3ゲームシリーズのGame2は、またしてもアツい展開に。

 ゲームはGame1同様に打撃戦となり、レッズが最終回に驚異的な粘りを見せるも一歩届かず、ブレーブスが7-6で接戦をものにしました。

レッズがまた劣勢から追い上げる展開

 先発はレッズが右腕のグラハム・アシュクラフト(3勝5敗、ERA 6.78)、ブレーブスはルーキー左腕のジャレッド・シャスター(4勝2敗、ERA 4.57)。

 これはまた打撃戦になるのでは思いましたが、立ち上がりは静かな展開に。

 先制点はブレーブスで2回表にトラビス・ダーノーのHRで1点を先制。ブレーブスは3回表にも先頭のオジー・アルビーズに今季18本目となるソロHRが出て、追加点。さらに、二塁打で出たマット・オルソンをマーセロ・オズーナがRFにタイムリーを放ち、このイニング2点目。3回表を終えて3-0とリードする展開となりました。

レッズ、反撃開始

 3回裏、レッズも反撃に出ます。先頭のTJ・フリードルがシングルで出塁。その後、2アウトを奪われますが、売出し中のルーキー、マット・マクレインがCFへ2ランHRを放ち、2-3と1点差に詰め寄ります。

 その後、ブレーブスは4回表に2アウトからチャンスを作り、マット・オルソンの2ランHRなどで3得点を上げ、6-2とリードを拡大。

 一方のレッズも意地を見せ、4回裏にエリー・デラクルーズがシングルで出塁し、スペンサー・スティールが2ランHRを放ち、4-6と再び詰め寄ります。

マイケル・トンキンが中盤を制す 

 終盤に向け、さらに追い上げを図りたいレッズでしたが、4回途中から登板した2番手のマイケル・トンキンが5回と6回を無失点で切り抜け、レッズの勢いを食い止めます。

 追加点を上げたのはブレーブスで、7回表にマーセロ・オズーナのソロHRで7点目。リードを3点に拡げました。

 レッズは3番手のニック・アンダーソン、4番手のAJ・ミンターに反撃の火を消され、4-7で9回裏に突入。

 9回裏、ブレーブスのマウンドには元レッズのライセル・イグレシアスが上がり、まずは1アウトを奪われます。

 しかし、つづくジェイク・フレイリーがRFへソロHRを放ち、5-7と2点差に。

 さらに、代打のウィル・ベンソンがBack to BackとなるソロHRを放ち、6-7と1点差ゲームに。ここでマット・マクレインとジョナサン・インディア、さらにエリー・デラクルーズに回るターンでしたが、ここはライセル・イグレシアスが踏ん張り、マット・マクレインとジョナサン・インディアから2連続三振を奪い、ゲームセット。

 7-6でブレーブスが辛くも逃げ切ったというゲームでした。

グレート・アメリカンはクアーズ並みという意識

 さて、この2試合で両クラブが放ったHRはご覧の通り。

DateATLCIN
6/2254
6/2344
Total98
ATL@CIN HR数Gm1&2 

 ブレーブスのベンチ・コーチ、ウォルト・ワイス氏によればレッズの本拠地であるグレート・アメリカン・ボール・パーク(以下GABPと略称)は、「(まるで)クアーズ・フィールドにいるような気分だ。リードしていても安心は出来ないし、終わるまでは決していい気分に浸れない」と。

 このコメントからわかるようにGABPは打者有利のヒッターズ・パークです。

パーク・ファクター

 スタット・キャストによれば、2021年から2023年途中の複数年でのパーク・ファクターはご覧の通り。100を標準とした場合、上位3球場の中にGABPも入ります。

  1. クアーズ・フィールド(COL): 111 / HR: 109
  2. フェンウェイ・パーク(BOS):109/ HR: 100
  3. グレート・アメリカン・ボール・パーク(CIN):108 / HR 132

 パークファクターは、選手のスタッツを他の球場でのパフォーマンスと比較することで生成されます。
算出の式は非常に複雑。その算出を経て出てきた数字として100を超えていればバッター・フレンドリーという見方をして良いとされています。

 上記にはHR数も記録していますが、これはその球場で出た3年間の合計HR数ではありません。実際はもっと出ています。他の球場と比較する必要があるので、投手・打者ともに対象選手がいて、それらの選手を観測して出てきたHR数という意味です。

 ただ、GABPはHRが出やすい球場であることは間違いなく、この2戦でのHR数がそれを雄弁に物語っている・・・というお話でした。

 Game3はレッズがベン・ライブリーとブレーブスがチャーリー・モートンの先発です。

 それにしてもこの2戦、まるでポストシーズンのゲームを見ているような具合でした。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
タイトルとURLをコピーしました