スポンサーリンク

【MLB契約2024】ロイヤルズが”スーパー・エリート”のボビー・ウィット・Jr.と11年/288.78Mドル保証で延長契約!

ボビー・ウィットはKCで継続!

 現地2024年2月5日、大型契約のニュースが飛び込んできましたね。

 カンザスシティ・ロイヤルズがチームの顔とも言うべきボビー・ウィット・Jr.(Bobby Witt Jr.)と大型の延長契約でサインしました。

 このままだとFA資格を得た時に、ボビー・ウィット・Jr.はロイヤルズを後にするだろうと思っていたのですが、ここで大きな囲い込みに入りましたね。

 ロイヤルズは今オフ、非常にアグレッシブに中堅どころのFAとディールをまとめております。新オーナーに代わってからこの初めての動きはどういう背景があるのだろう?と思っていたのですが、クラブを中期的に見た時にボビー・ウィットは欠かせない存在であり、そのボビー・ウィットのモチベーションを上げるためにもチームの底上げを行っていたと捉えていいかもわかりませんね。

契約内容

その契約内容ですが、ご覧の内容となっています。

  • 11 年/$288,78M (2024-34) + 2035-37 オプション
    • サイニング・ボーナス:$7,777,777 ($7.8M)
    • サラリー:
      • $2M (2024)、$7M (2025)、$13M (2026)、$19M (2027)、$30M (2028)、$35M/年(2029-2034) ここまでが11年の期間
      • 2035-2037 : $89M クラブ・オプション
        • 2035: $33M、2036-37: $28/年
      • ノートレード条項あり
      • オプトアウト可:2030、2031、2032、2033(それぞれのシーズン終了後)

34才まで プラス 3年

 ボビー・ウィット・Jr.は、2000年6月14日生まれの23才。2024シーズンを実質24才のシーズンだと考えると11年は34才までの契約ということになります。2000年生まれですから、年齢は西暦の下二桁で判明しますね。

 現時点では繰り延べ払いはなさそうです(ひょっとしたら後に判明するかもしれません)。

 まず景気の良い数字が並ぶサイニング・ボーナスの設定が面白いですね。サイニング・ボーナスとしては割りと大きい額だと思います。これをどう受け取るのかは現時点ではわかっていませんが、おそらく早い時期に一括で受け取るのではないか?と思います。

FA資格取得時に30Mドルを超える設定

 金額は徐々にスライドして上がって行き、調停資格の期間の設定は、$7M (2025)、$13M (2026)、$19M (2027)という具合です。ちなみに調停のファイナル・イヤーに史上最高額はフアン・ソトの31M(2024)。

 そしてFA資格を有してから$30Mを超えるという設定です。

4度のオプトアウト機会

 そして注目はオプトアウトする機会が2030、2031、2032、2033シーズンの終了後に計4度設定されていること。

 先のことを考えると鬼が笑うと言いますが、2030年終了後にオプトアウトするとなると、オフシーズンは30才ですが、2031シーズンは6月で31才になるというボビー・ウィットと雖も、やや微妙な時期です。

 体力的にはSSから3B、2Bにポジション・チェンジしている頃。FA市場に出て、2031年から2037年までの残り7年/ $229M との比較ということになります。そして2031年のベース・サラリーは$35Mからとなります。

  • 2031 (31才): $35M
  • 2032 (32才): $35M
  • 2033 (33才): $35M
  • 2034 (34才): $35M : 11年の契約終了 → 4年で計$140M
  • 2035 (35才): $33M クラブ・オプション期間
  • 2036(36才): $28M クラブ・オプション期間
  • 2037(37才): $28M クラブ・オプション期間 → + 計$89M

 スーパー・エリートのボビー・ウィットがどう出るのか、非常に興味深いです。

 ただ、ロイヤルズ側としては、生涯面倒見させてもらいますという最大限の誠意を提示したと言っていいと思います。

オプションの設定

 今回のオプションの設定ですが、もしボビー・ウィットが4度のオプトアウト条項を行使しなかった場合、ロイヤルズが2034年のシーズン後に次の3年間のクラブ・オプションを行使するかどうか決めるということになります。複数年のオプション行使はなかなか珍しいです。

 よって、この契約は保証としては11年/$288.78Mドルですが、クラブオプション行使で、最大で14年/$377,78Mということになります。

調停未満の選手の保証額としては2番目の規模

 ボビー・ウィット・Jr.は2022年4月7日のガーディアンズ戦でメジャー・デビュー。2024年1月時点のMLSは2.000。まだ調停のステータスに達しておりません。

 今回の延長契約は保証額で考えれば、調停未満(MLS2.00)の選手としてはパドレスのフェルナンド・タティス・Jr.に次いで歴代2位の超大型契約です。

  1. フェルナンド・タティス・Jr.(SDP): 14年/$340M (2021.Feb)
  2. ボビー・ウィット・Jr. (KC):11年/$288.78M (2024. Feb)
  3. バスター・ボージー(SFG):9年/$167M (2013.Mar)
  4. マイク・トラウト(LAA): 6年/$144.5M (2014.Mar)
  5. ヨルダン・アルバレス(HOU): 6年/$115M (2022.Jun)

 ただし、上述のようにクラブ・オプションが行使されたとすれば、14年/$377,78Mとなるので、MLS2.000の選手としてはタティスを超えます。

 またクラブとしては、サルバドール・ペレスが2021年3月に契約延長した4 年/$82M (2022-25) + 2026 $13.5M クラブ・オプション($2M)バイアウトを超える最高額となっています。

ボビー・ウィット・Jr.とは

 ”スーパー・エリート”のボビー・ウィット・Jr.は上述の通り、今季の6月で24才になる右投げ右打ちのSS。2019年アマチュア・ドラフトでロイヤルズから1巡目(全体順位2位)で指名されてプロ入り。この年の全体1位はオリオールズのアドレー・ラッチマンでした。

 早くから期待されていた逸材で、プロデビュー2年目の2021年にはダブルAとトリプルAを併せて33HRを放ちました。

 2020年のコロナ・パンデミックでマイナーがキャンセルにならなければもう1年早くデビューしていたかもしれません。

 そしてMLB パイプラインのPre-2022のトップ・プロスペクト・ランクでは堂々の1位。

 そして2022年のオープニングでメジャー・デビュー。

 しかし、前年にマイナーで33HRを放っていたのですが、デビュー後は大苦戦。メジャーのスライダーは別次元だったようで、スライダーに大いに苦戦しました。

2シーズンで50HR 

ただ、苦戦したのは4月のみで、.216/.247/.311でしたが、5月にはAVG .243と改善。6月にはAVG .263、そして7月にはAVG .294をマーク。完全にものにしました。

 1年目は結局、150試合に出場し、591打数150安打!HR 20、SB 30、.254/.294/.428、RBI 80というとんでもない数字をマーク。ROY投票は4位(フリオ・ロドリゲス、アドレー・ラッチマン、スティーブン・クワンに次ぐ4位)。

 さらに2年目。158試合に出場し、641打数177安打!右打者ですよ!HR 30、三塁打11、二塁打 28、RBI 96、SB 49、.276、.319、.495。

【YOUTUBE】NO QUIT WITT! Bobby Witt Jr. is on the verge of his first 30/30 season!

 スーパー・エリートの数字を叩き出し、2シーズンで50HR。2024年は通算100SBをマークしそうです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】勝率5割超え、NLウエスト2位で上昇気流に乗ったDバックスはトレードDLでバイヤーへ
【MLB2024】レッドソックス、終盤に大失速し、逆転負け!またもピベッタの好投を活かせず
【MLB2024】ジェイコブ・ウィルソン、守備と打撃で華麗にMLBデビューを果たすも、故障で途中交代
【MLB2024】「マイナーで打ちまくり!」A’sのNO.1プロスペクト、ジェイコブ・ウィルソンがメジャー・デビューへ
【MLB2024】大苦戦のホワイトソックス、来季を見据え、ワールドシリーズ捕手のマーティン・マルドナードをDFAに
【MLBオールスター2024】大谷が先制3ランHRを放つも、MVPは決勝2ランのジャレン・デュランが受賞
【MLB移籍2024】ロイヤルズ、ハンター・ハービー獲得でリリーバーのERA改善を狙う!
【MLBオールスター】2024HRダービーを制したのはテオスカー・ヘルナンデス
【MLBドラフト2024】左右両投げでともに95mph以上!ジュランジェロ・セインチェ(Jurrangelo Cijntje)はマリナーズがピック!
【MLBドラフト2024】ガーディアンズ・ピックの全体1位はオージー生まれのトラビス・バザーナ!2Bでは史上初
【MLBオールスター】2024フューチャーズ・ゲームはレッズのキャム・コリアーがMVP
【MLB2024】フューチャーズ・ゲームのプレ・イベント、「スキル・ショーケース」が初めて開催される
【MLB2024】フィリーズがウィット・メリフィールドをリリース!目的はA’sのあの人?
【MLB2024】O’sのブランドン・ハイド監督がキャースタッドへの頭部死球に激昂!ベンチ・クリアー案件に
【MLB2024】ブルージェイズ、ケビン・キアマイアーをウェーバーにかける
【MLB2024】今永がまた輝く!オリオールズを相手に6回スコアレスで8勝目!ERAは再び2点台に
【MLB2024】メッツ、フィル・メイトンをレイズからトレードで獲得
【MLB2024】注目カードのドジャース@フィリーズ戦Gm1は、フィリーズが圧勝!マーシャン、ターナーが併せて6安打!
【MLBトレードDL噂2024】マイアミ、クローザーのタナー・スコットに加え、ジャズ・チザム・Jr.も放出の可能性大
【MLB2024】オールスターのピッチャーとリザーブが明らかに!今永、ポール・スキーンズ、ジャレン・デュランらが選出
【MLB2024】ラファエル・デバースが27才でキャリア通算1000安打を達成!得意のゲリット・コールからHRも(追記)
【MLB2024】ダルビッシュ投手がリストリクティッド・リスト入り
【MLB2024】ウィル・スミスが3HRと大爆発!ドジャース、逆転でブルワーズに勝利(追記あり)
【MLB2024】レッドソックス・吉田、あと1ストライクで試合終了から起死回生の同点2ランHR!
【MLB2024】ピベッタの”NO-NO”から一転、後半に大激戦となったレッドソックス@マーリンズ戦
【MLB2024】オールスターのスターターが発表される!大谷選手がNL DH で選出
【MLB2024】今永投手、フィリーズ相手に果敢に挑みQS/8Kを達成するも、勝利ならず
【MLB2024】ドジャース、9回裏2アウトからの逆転サヨナラ勝ち!大谷選手が27号!
【MLB2024】ナショナルズのトップ・プロスペクト、ジェームス・ウッドが大声援を受け、メジャー初ヒットを放つ!
【MLB2024】レンジャーズのルーキー、ワイアット・ラングフォードがサイクル安打を達成!
タイトルとURLをコピーしました