【MLB2017】カイル・フリーランドとアミール・ギャレットがデビュー戦で初勝利

2人のプロスペクトが活躍

こんにちは。

現地2017年4月7日のゲームですが、二人のプロスペクトがメジャー・デビューし、しかも勝利投手になりました!

カイル・フリーランド

まずはロッキーズVSドジャースのクアーズ・フィールドのオープニングで登板となったカイル・フリーランド(Kyle Freeland #31)。

カイル・フリーランドとは

カイル・フリーランドは間もなく24才になるレフティー。2014年アマチュア・ドラフトでロッキーズから1巡目指名を受けプロ入り。デビュー戦がいきなりのドジャース相手でさぞ驚いたでしょう。

ドジャース相手の被安打6

しかし、このルーキーは凄かったです。ドジャース打線を相手に6回を被安打4、失点1に抑える快投を演じました。マックス95.5マイルの4シームを武器に、2シーム、シンカー、チェンジアップ、カットボールと動くボールで翻弄しましたね。

【動画】Freeland K’s six in MLB debut

足の上げ方は ちょっとクレイトン・カーショウのようですが、腕の出どころが低く、キレのいいボールが来るのでかなり打ちにくそうですね。

結構勝つかもしれません。大事に使って欲しいですね。

ゲームリキャップはこちら。ロッキーズが僅差で勝利しました。

【Game Score】 

【動画】 Recap: LAD 1, COL 2

アミール・ギャレット

そしてもう一人が、レッズのアミール・ギャレット(Amir Garrett #50)。カージナルス戦に先発しました。こちらも初登板にしてはハードルの高いチーム相手の登板でした。

アミール・ギャレットは92-3マイルの4シームとチェンジアップ、スライダーの3つでカージナルス打線を翻弄。6回を被安打2、失点0、奪三振4という素晴らしい内容。196センチの長身からキレのいいボールが投じられていました。

アミール・ギャレットとは

アミール・ギャレットは間もなく25才になる左腕。2011年のアマチュア・ドラフトでレッズから22巡目で指名を受けプロ入り。高校卒の投手ですので、育成に時間をかけた感じですね。

【動画】 Garrett on a win in his debut

マイク・リークを相手にこの結果はすごいですね。インタビューを聞くと、バックが助けてくれたという謙虚なコメントも。この登板が自信になればいいですね。

【Game Score】

【動画】Recap: CIN 2, STL 0

 Z・ウィーラーとシャーザーも初登板

その他、この日の特筆としてはトミー・ジョン手術上がりのメッツのザック・ウィーラーが2014年以来久しぶりにメジャーのマウンドに上がりました。

マーリンズ相手の登板でしたが、ザック・ウィーラーは4回を被安打6、失点5、チームも2-7で敗れ、白星発進とはなりませんでした。相変わらずのきれいなフォームは健在です。

【Game Score】MIA7, NYM 2

また、指の疲労骨折が判明し、WBCを回避したナショナルズのマックス・シャーザーが今季初登板。

シャーザーは7回途中、被安打4、失点2、奪三振7はという内容で見事にゲームメイク。リリーフ陣もがんばりを見せ、今季初勝利を上げました。

【Game Score】WSH7, PHI 6

本日出たスーパー・プレー

アストロズVSロイヤルズ戦でCFのロレンゾ・ケインがアストロズのジョージ・スプリンガーのHR性の打球を見事にリーピング・キャッチ。

アストロズの反撃の芽を詰んだ素晴らしいプレーでした。


Amazon タイムセール

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク