スポンサーリンク

【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!

カイル・ブラデッシュ、6回2アウトまでパーフェクト!

 オリオールズのカイル・ブラディッシュ(Kyle Bradish)がやりましたね!

 現地2022年9月22日、地元カムデン・ヤーズで強豪アストロズを迎えての先発となったカイル・ブラディッシュは、伸びのあるファストボールと縦のスライダーとドロンとしたカーブを駆使してアストロズ打線を圧倒。

 6回2アウトまでパーフェクト投球を見せました。パーフェクトが途切れたのはマウリシオ・デュボンへの投球でしたが、ボールゾーンへのスライダーをLFへ運ばれたので、打った方がおかしいというくらいの投球。失投ではありません。

 惜しくも大記録が途切れたブラディッシュでしたが、その後の投球も素晴らしく、結局、9回2アウトまでマウンドに立ち続け、圧巻の投球を披露しました。

ブラディッシュ、9回2アウトで降板 

 この日のアストロズ打線はホセ・アルトゥーベが前日のゲームで左肘に死球を受け、欠場。検査の結果、骨には異常がなかったので痛みと腫れが引けばすぐにでも復帰できそうです。

 MLB有数のリードオフを欠いていたアストロズ打線ですが、中軸にはヨルダン・アルバレス、アレックス・ブレグマン、カイル・タッカー、そしてトレイ・マンシーニがおり、やはり強力なラインナップです。そう言えば、マンシーニは里帰り戦でしたね。

縦のスライダーとシンカーが素晴らしく

 初回からリズムがよかったカイル・ブラデッシュ。ファストボールに非常に伸びがありました。ファストボールは4シームより、シンカーの方が多め。これがよく動いていたので、さすがのアストロズ打線も特に右打者にとってはこれが邪魔になりました。

 この日、ブラディッシュがフィニッシュに持ってきていたのが縦のスライダー。これがあったので、シンカーが邪魔だったのです。そして、縦のスライダーのフィニッシュを基本に、捕手のアドレー・ラッチマンがときに裏をかいてシンカーで勝負したりとリード自体も素晴らしくとても興味深いピッチングでした。

 2回裏の攻撃で、オリオールズ打線が3本のシングルを集め、2点を先制しました。その直後の3回表には3者連続三振に仕留め、これで完全に流れを呼び込んだ感じです。

 この3三振は7球、5球、5球といずれの打者にも奥深いところまでカウントが進んだ上での三振だったので、ラッチマンがよく練っていたなと思いましたし、ブラディッシュのボールのキレも素晴らしかったです。

 中盤以降、アストロズ打線は縦のスライダーを嫌がったのか、早い勝負が目立ち、これがまたブラディッシュの投球を助けました。5回を終えて投球数は60。かなりのいいペースだったのですが、マウリシオ・デュボンにパーフェクトを断ち切られてしまいました。

 結局、ブラディッシュは、9回2アウトを奪い、ジェレミー・ペーニャにこの日2本目のシングルを打たれたところで交代。

 球数は初回からカウントして13 + 13 + 17 + 10 + 7 + 8 + 10 + 10 + 12でちょうど100球。被安打2、スコアレス、0BB、10SOという素晴らしい結果となりました。

バーランダーを向こうに回しての快投 

 そして、この日のブラディッシュの投球に価値があったのはアストロズの先発がジャスティン・バーランダーであったこと。

 ふくらはぎからの怪我から復帰してこの日が2戦目で前回登板では、5回、79球を投げてノーヒット投球を成し遂げました。

 ということはブラディッシュは可能な限り先制されないことがこの日の大きなポイントだったのですが、見事にそれをクリアーしました。

 バーランダーは6回を投げて被安打6、失点2、0BB、4SOという内容でした。

 ゲームの方は2-0でオリオールズがアストロズにシャットアウト勝利。

カイル・ブラディッシュとは

 カイル・ブラディッシュは1996年9月12日生まれの26才(になったばかり)。2018年ドラフトのエンゼルスの4巡目指名でプロ入りした投手です。

D・バンディーとのトレードでBALへ

 エンゼルスがどのタイミングで出したのかというと、2019年12月、ディラン・バンディーを獲得したトレードで出したのでした。

 このトレードではカイル・ブラディッシュを含め以下の4名がエンゼルスからオリオールズ動いております。

  • アイザック・マットソン(Isaac Mattson) : 24才/RHP / 2017-Rd 19
  • ザック・ピーク(Zach Peek): 21才/RHP /2019-Rd 6
  • カイル・ブラディッシュ(Kyle Bradish) 23才/RHP/ 2018-Rd 4
  • カイル・ブルノヴィッチ(Kyle Brnovich) 22才/RHP/ 2019-Rd 8

 ちなみにディラン・バンディーはエンゼルスでは短縮シーズンの2020年こそ、6勝3敗と活躍しましたが、2021年は2勝9敗と苦戦。しかも、聖域を汚していて、”ディラン・バンディー x ヤンキー・スタジアム”というのは、もっとも検索してはいけないキーワードとなりました。夏場のデーゲームで熱中症のような症状となったバンディーは、マウンド後方で豪快にリバース。本当に豪快に。それがバンディーの2021年の1番の記憶です。顔は紅潮し、危ない状態だったかもしれませんが、それ以上に筆者にはまだこのシーンがトラウマとして残っております。

 ちなみにこのトレードを決めたのは前GMのビリー・エプラー氏です。大谷選手を獲得した人。

カイル・ブラディッシュですが、2021年はダブルAスタートでトリプルAへ。ダブルAでは3試合のみの登板でしたが、13.2イニングで26奪三振でSO9が17.1。トリプルAでは10.9。

 そして2022年もダブルAスタートでトリプルAへ。4月29日にはデビューを果たしました。

 メジャーではこのゲームを入れて、21試合、110.1 イニングで4勝7敗、ERA 4.65、103 SOです。

 オリオールズは春先から変化のきざしはあったのですが、如実に変化が現れたのがやはりラッチマンのデビュー以降。よって、ブラディッシュは苦しい時にデビューしたので、負け越してはおりますが、直近7登板では3勝3敗でERAは2.05です。

 以上、カイル・ブラディッシュの素晴らしい投球についてでした。

 なお、試合消化が進む中、この日、レッドソックスが正式にポストシーズンのエリミネーション(敗退)が決まりました。オリオールズはエリミネーションまであと1です。負けられないゲームが続きます。粘れるか?!

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました