スポンサーリンク

【MLB2022】ラッチマン効果絶大!オリオールズがブルージェイズに逆転勝ち!ついに勝利数で並ぶ!

もはや首位の戦いぶり

 ボルチモア・オリオールズが素晴らしいゲームを見せています。

 現地2022年8月15日からトロントで行われているブルージェイズとの3ゲームシリーズにおいて、Game1とGame2に連勝。しかも現地2022年8月16日のGame2は高品質の素晴らしいゲーム展開でした。ア・リーグ東地区でレッドソックスのライバルでもあるのですが、内容のある戦いぶりは、もはや首位のそれと見間違えるほどです。

マノアから逆転!

 16日のGame2はブルージェイズが今季絶好調のアレク・マノア。オリオールズは右腕のディーン・クレマー(Dean Kremer )の先発で、ブルージェイズとしてはエース級の投入ですので、このゲームは負けられない設定ではあったのですが、オリオールズが粘りを見せました。

ゲレロ・Jrに先制2ランHRを浴びる

 ディーン・クレマーは立ち上がり、ボールを散らすことが出来ず、真ん中に集まったところを2番のヴラディミール・ゲレロ・Jr.に左中間に弾丸ライナーの2ランHRを浴び、2点を先制されてしまいます。

 オリオールズからすれば、これはゲームを壊されてしまうのではないか?と不安に思えた立ち上がりでした。

 3回裏には1アウトからゲレロ・Jrにシングル、ルルデス・グリエル・Jr.に二塁打、さらにアレハンドロ・カークに四球を与え、満塁のピンチを作るも、マット・チャップマンを6-4-3のダブル・プレーに斬って取り、ピンチを脱出。非常に粘りがありました。

 しかし、イニングを重ねるほど調子が上がってきて、5回と6回を三者凡退。7回裏には1アウトからサンティアゴ・エスピナルにシングルを許すも、アドレー・ラッチマンが強肩を披露。

 盗塁を阻止しました。そしてライメル・タピアの難しい当たりもルーグネッド・オドーアが堅守でアウトにし、このイニングも3人で終了。

クレマー、好投!

 ディーン・クレマーは7回を投げきり、被安打7、失点2、BB1、奪三振6と素晴らしいゲームメイクを見せました。スライダーが良かったですね。しかもストライクからボールになる軌道は拍手ものでした。

マリンズ、ラッチマンがBack to Back HR

 オリオールズ打線の方ですが、序盤はアレク・マノアにやられました。4回には3つのアウトすべてを三振に取られ、大いに苦戦。

 しかし、5回表、2アウトまで奪われるも、まずはセドリック・マリンズがCFへソロHR。つづくアドレー・ラッチマンも右中間へ豪快なスイングでソロHRを放ち、2-2のタイスコアに持ち込みます。マノアはこの2人の時はかなり甘くなりました。疲れが出ていた頃かと。

 さらに6回表は四球も絡み、ラモン・ウリアスとライアン・マッケナンにタイムリーが出て、オリオールズが2点の勝ち越しに成功。

 先発のクレマーが上述の通り、7回を投げぬき2失点。

 8回からは今季大活躍のディロン・テートがジョージ・スプリンガー、ヴラディーミル・ゲレロ・Jr.、ルルデス・グリエル・Jr.の3人を斬って取り、見事なホールド。

 9回はフェリックス・バティースタが2三振を奪う好投で無失点。オリオールズが4-2のスコアで見事にブルージェイズを下しました。

 オリオールズのこの日のゲーム展開は、上位チームがやる展開。先発が序盤に失点するも、なんとか2失点で踏ん張って中盤へ。投手の踏ん張りに対して打線が相手先発の疲れが見えた隙に同点に。さらに、同じイニングに勝ち越しとまでは行かなかったものの、次のイニングにしっかり逆転。それをブルペンが守りきって勝利というストロングスタイルの野球でもありました。

オドーアが光る

 先発のクレマーのカット、スライダーが素晴らしかったことも勝因の一つですが、それを支えた守備力も光りました。特に2Bのルーグネッド・オドーアの堅守ぶりはまさにチームリーダーという動きでもありました。

 そう言えば、ホセ・バティースタに一発食らわせたのもトロント戦でした。

BAL、ラッチマン加入で勝率がアップ

 一人の優秀なキャッチング・プロスペクトがいるだけでクラブはこうも変わるのですね。

 アドレー・ラッチマンは2022年5月21日にメジャー・デビュー。

 それまでオリオールズはゲーム後半のホルヘ・ロペスとディロン・テートが輝いていたものの、4月は7勝14敗、5月もラッチマンのデビュー戦の前日(5月20日)までは8勝11敗と苦戦していました。しかも5月13日から5月18日までは6連敗。

 ところがラッチマン加入以降は5月は5勝6敗。負け越してはいますが、すごいのは6月からです。

 6月、オリオールズは14勝12敗で勝ち越し。これで自信がついたのか、7月は16勝9敗。そして8月は16日のゲームまでで10勝4敗です。

 明らかにラッチマン加入の効果が出ています。しかも8月はトレードデッドラインでホルヘ・ロペスが出て行ったにも関わらずです。 

 まるでバスター・ポージーが加入したジャイアンツのようです。

オリオールズ、どこまで行く!?

 2018年から2021年までの4年間でオリオールズは3度も100敗を喫しました。

 しかし、今季は現地2022年8月16日時点で61勝55敗と貯金が6。

 今季、オリオールズはトロントと相性がいいのは確かです。ここまで6勝2敗。ア・リーグ東地区内での対戦ではヤンキースに5勝11敗、レッドソックスに5勝4敗、レイズに9勝10敗で、とりわけヤンキースにはやられています。もっともこの数字はラッチマン加入以前の数字も入っていますから、余計に負けが混んでいる数字なっています。

 ラッチマン加入後は6試合で2勝4敗。ヤンキースとは9月後半にあと3試合が残されていますので、それまでにオリオールズがどうなっているのか?非常に楽しみです。ポストシーズンのワイルドカード枠もほぼ背中を掴んでいる状態のオリオールズ。なかなかおもしろい存在になりました。なお、フロントはオフにはまたサラリーを削りに行くと見られています。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました