スポンサーリンク

【MLB2022】ゲームセット寸前からの復活!オリオールズがまるで「箕島」のような展開で勝利!ストワーズが殊勲の同点HR

土壇場でLFフライ=万事休す→エラー→同点HR! 

 今、オリオールズのゲームが非常にアツいです。

 現地2022年8月25日、1勝1敗で迎えたホワイトソックスとの3ゲームシリーズの3戦目は、あり得ない同点劇が起こりました!

まるで箕島のあのゲーム!

 早速、9回裏の攻撃から書きます。

 2-3とホワイトソックスが1点をリードして迎えた9回裏。マウンドにはクローザーのリアム・ヘンドリクスが上がり、逃げ切り体制となっていました。

 オリオールズは先頭のアンソニー・サンタンダーがフルカウントまで粘るも、リアム・ヘンドリクスのファストボールに押し切られ、力のないキャッチャー・フライに倒れて1アウト。

 リアム・ヘンドリクスはカーブを巧みに使いましたので、最後のファストボールは95mphしか出ていませんでしたが、詰まりました。

 つづくライアン・マウントキャッスルは2ボールまで選んだものの、最後はキレのいいスライダーに対してバットが空を斬って空振り三振。

カイル・ストワーズ、LFファウルフライ・・・ 

 2アウトとなり、バッターはカイル・ストワーズ。2019年のオリオールズの2巡目指名のOFで、6月にデビューしたばかりのルーキーです。リアム・ヘンドリクスの力からしてもう勝負はあったと思われました。

 初球はやや甘かったものの、ストワーズが対応しきれずにファウル。96.2mphの4シームでした。

 2球目も強い4シームで、インコースの厳しいコースにストワーズも対応を試みましたが、LFへのファウル・フライに。

 予想落下地点とLFのアダム・エンゲルの走る速度からして、誰もがこれで万事休すと思いました。ところが、左打者のLF方面への打球でスライスしたのか、あるいは風の影響があったのか、アダム・エンゲルは追いつくのが精一杯で、捕球体制を十分に作れないうちに落下地点に入ります。そして、ボールをグラブに当てるも掴みきれずに落下させてしまいました。

 ゲームセットが一転、ストワーズはサバイブ。マウンドのリアム・ヘンドリクスも信じられないという表情をしておりました。

 そして3球目、カーブで崩そうとしたヘンドリクスでしたが、カイル・ストワーズがこれにしっかりと対応。なんとCFバックスクリーンまで届く同点ソロHRに。

 これは誰もが予想しない出来事でした。

ストワーズはメジャー初HR!

 カイル・ストワーズは主に守備要員として起用されてきた選手で、打席ではデビュー日からこの日まで出場は7試合。守備も含めれば11試合の出場です。

 打率.167、OBP.200、SLG.333(このゲーム終了時点)。まだまだビッグリーグ・レベルの投手に慣らしている段階。ところが、これがメジャー初HRとなりました。

 全く打撃に期待されていない選手が見事に結果を出し、しかもメジャー初HRとてんこ盛りも内容でした。

延長11回裏に決着

 9回裏にサヨナラ勝利を決めることが出来なかったオリオールズ。ゲームは延長戦に入ります。

 オートマティック・ランナーがつきながら、両チームともにスコアレス。ホワイトソックスは11回表も無得点。

 迎えた延長11回裏、オリオールズはアドレー・ラッチマンがLF前シングルを放つも、2塁ランナーが生還できず、ノーアウト1、3塁に。

 つづくアンソニー・サンタンダーは、2球で追い込まれるも、3球目のスライダーをCF前に弾きまえし、3塁ランナーのセドリック・マリンズが生還。

 オリオールズがまるで箕島高校の試合のように、一度死にかけてHRで同点。そして延長でサヨナラ勝利を上げたというゲームでした。

両先発が好投

 ゲーム後半に劇的なシーンがあったこのゲームですが、何より先発投手が頑張りました。

 ホワイトソックスのランス・リンは、6回を投げて、失点2、自責点1、BB 1、奪三振8。

 一方のジョーダン・ライルズも7回まで投げて被安打9を浴びたものの、失点2、自責点1という粘りました。

ワイルドカード枠を狙えるオリオールズ

 この勝利でオリオールズは65勝59敗とし、ワイルドカード順位は4位。

 ア・リーグのワイルドカード枠は、現時点でレイズ、ブルージェイズ、マリナーズが入っています。3位のマリナーズの成績は68勝57敗なので、4位のオリオールズとの間にはやはり壁がある状況です。

 ただ、レイズ、ブルージェイズともに東地区で、これからのスケジュールでトブルージェイズとはあと6試合も直接対決が残っているので、他力の要素もあるとは言え、まだチャンスはあります。

 どうなるでしょうか!?

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 移籍 2023】ジャイアンツ、GG賞2度の捕手、ロベルト・ペレスと契約へ
【MLB 移籍 2023】ナショナル・リーグ西地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB 2023】メッツ、バッティング・チャンプのジェフ・マクニールと4年/50Mドルで延長契約
【発表】MLB 2023トップ・プロスペクト・ランク100!1位はオリオールズのガナー・ヘンダーソン
【MLB2023HOF】スコット・ローレンが野球殿堂入り!フレッド・マグリフはEra Commiteeで選出
【MLB移籍2023】レッドソックス、トレードで左腕のジョシュ・テイラーを出してアダルベルト・モンデシーを獲得
【MLB2023】エンゼルス・オーナー、売却はせず
【MLB移籍2023】トミー・ラステラを獲得したマリナーズ、左腕のジャスティス・シェフィールドをDFAに
【MLB スタジアム 2023】ブルージェイズ、ロジャース・センターのウォールの距離を変更
【MLB移籍2023】マーリンズとツインズ間でトレードが成立!ルイス・アラエズとパブロ・ロペスがスワップ!
【MLB移籍2023】ロイヤルズ、アロルディス・チャップマンと1年契約で合意!
【MLB移籍2023】レッドソックス、2021RBIキングのアダム・デュバルと1年契約で合意
【MLB 移籍 2023】ブルワーズ、マーリンズからFAのブライアン・アンダーソンと合意へ
【MLB 移籍 2023】レッドソックスが捕手を補強!ホルヘ・アルファーロとマイナー・ディールで合意
【MLB 2023】ツインズ、トミー・ジョン・リハビリ中のクリス・パダックと3年の延長契約へ
【MLB 移籍 2023】カブス、FAのトレイ・マンシーニと2年契約で合意!打撃の厚みが増す!
【MLB 移籍 2023】パイレーツ、FAのアンドリュー・マッカッチェンと1年で合意!2013年NLMVP!
【MLB 移籍 2023】藤浪晋太郎投手、アスレチックスと1年で合意(追記あり)
【MLB 移籍 2023】FAのカルロス・コレアはようやく決着!ツインズに戻る!
【MLB 移籍 2023】アメリカン・リーグ東地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB 移籍 2023】フィリーズ、タイガースから左腕のグレゴリー・ソトとINFのコディー・クレメンスをトレードで獲得
【MLB 移籍 2023】マリナーズ、CWSからFAのAJ・ポロックを獲得!
【MLB 2023 FA】エリック・ホズマー、カブスと合意するも、強烈なプロスペクト、マット・マーヴィスと競合
【MLB 2023 FA】Dバックス、リラックス投法のザック・デイビーズと1年/5Mドル保証で再契約
【MLB 2023】”地元スーパースターを確保”レッドソックス、ラファエル・デバースと11年/331Mドルで延長合意
【MLB 2023】レッドソックス、ラファエル・デバースと調停を避けて1年/17.5Mドルで合意(追記あり)
【2022-26 新CBA】クオリファイング・オファーのドラフト補償とペナルティーについて
【MLB 2023 FA】レッズ、ウィル・マイヤーズとカート・カサリを獲得し、ムスターカスをDFAに
【MLB プロスペクト 2023】再生カブス”の投手陣の大きな武器になりそうなヘイデン・ウェズネスキーをご紹介
【MLB 2023 FA】Dバックスがエバン・ロンゴリアと1年契約で合意
タイトルとURLをコピーしました