スポンサーリンク

【MLB2021】101mphが10球!ジェイコブ・デグロムがまた異次元の投球

投げるボールに美しさと圧が共存

 メッツのジェイコブ・デグロムのドミナントな投球が止まりません。

 現地2021年5月31日のメモリアル・デーで、Dバックスの地元のチェイス・フィールドで登板したジェイコブ・デグロムが、圧巻の投球を披露。

 フォームの美しさに加えて、ボールそのものに品の良さも感じますし、ボールが彗星のように糸を引くように見える点もすごいですし、なによりボールから出る圧も伝わってきます。

 Dバックスの打者もデグロム戦ということで覚悟の上、打席に入っているので食らいつく様もよくわかりましたが、それでもデグロムが圧倒しました。

101mphが10球

 この日、ジェイコブ・デグロムは6イニングに登板。18アウト中、三振が8。これだけの三振を奪いながら、球数はちょうど70球。被安打は2で、四球はなし。

 1イニング11.67球というすごいペースで投げました。ちなみにストライクは51球。

 驚く点は、101mphを超える球速のボールを10球も投じたこと。

101mphを10球以上は過去2人

 2008年からピッチング・トラッキングが始まって以来、ゲームスタートから4イニング以上を投じたスターティング・ピッチャーで101mph以上の球速を10球投げたのは、過去3人だけ。一人目は2014年10月3日のエンゼルスとのALDS Game2に先発したロイヤルズのヨダーノ・ベンチュラ、2人目はは2016年4月18日に先発したメッツのノア・シンダーガード。そして3人目がこの日のジェイコブ・デグロムです。

100mph以上は27球

 こちらも驚くべきスタッツですが、6イニングで100mph以上をマークしたのは27球もありました。実に全投球の39%という数字。

 しかも、数値上100mphはいかずとも、4シームは99.9mphなどほぼ100mphと言っていい数値がほとんど。

 もうアベレージが99mphを記録しているというすごさ。

ゲースムタートから10連続100mph(中継)

 なお、ゲーム中に記録されるベロシティーは少数点以下を切り上げしていますので、中継ではゲームスタートから10球連続で100mphを超えていました。

初ヒットは5回

 なお、4イニングまではパーフェクト。

 5回裏にようやく捕手のカーソン・ケリーにシングルを許し、同じ回、ジョシュ・レディックにもシングルを打たれましたが、被安打はこの2本のみでした。

打線もデグロムを支援

 ゲームはメッツ打線がデグロムを支援。復帰したピート・アロンソの7号HRなどで、メッツが6点を奪い、またDバックスは7回にエドゥアルド・エスコバーのソロHRなどで2点を返すものの、6-2でメッツがDバックスを下しています。

 • Box score

デグロムのIL復帰後のメッツは2戦2勝

 なお、デグロムは5月11日付けで体の右サイドを傷め、10 Day ILに入っていましたが、5月25日に復帰して以来、登板日はいずれもメッツが勝利。

 4月はデグロム登板日に打線が沈黙することが多く、5度先発して3度もチームが敗戦していましたが、ILから復帰後は打線の支援も得られており、いいサイクルに入ったのではないかと思います。なお、このゲームでは不振のフランシスコ・リンドーアに2本のヒットが出ています。

 デグロムはこれで4勝目。なお、ERAは0.71というこれまたサイヤング賞を受賞しそうなペースです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
タイトルとURLをコピーしました