スポンサーリンク

【MLB2021】101mphが10球!ジェイコブ・デグロムがまた異次元の投球

投げるボールに美しさと圧が共存

 メッツのジェイコブ・デグロムのドミナントな投球が止まりません。

 現地2021年5月31日のメモリアル・デーで、Dバックスの地元のチェイス・フィールドで登板したジェイコブ・デグロムが、圧巻の投球を披露。

 フォームの美しさに加えて、ボールそのものに品の良さも感じますし、ボールが彗星のように糸を引くように見える点もすごいですし、なによりボールから出る圧も伝わってきます。

 Dバックスの打者もデグロム戦ということで覚悟の上、打席に入っているので食らいつく様もよくわかりましたが、それでもデグロムが圧倒しました。

101mphが10球

 この日、ジェイコブ・デグロムは6イニングに登板。18アウト中、三振が8。これだけの三振を奪いながら、球数はちょうど70球。被安打は2で、四球はなし。

 1イニング11.67球というすごいペースで投げました。ちなみにストライクは51球。

 驚く点は、101mphを超える球速のボールを10球も投じたこと。

101mphを10球以上は過去2人

 2008年からピッチング・トラッキングが始まって以来、ゲームスタートから4イニング以上を投じたスターティング・ピッチャーで101mph以上の球速を10球投げたのは、過去3人だけ。一人目は2014年10月3日のエンゼルスとのALDS Game2に先発したロイヤルズのヨダーノ・ベンチュラ、2人目はは2016年4月18日に先発したメッツのノア・シンダーガード。そして3人目がこの日のジェイコブ・デグロムです。

100mph以上は27球

 こちらも驚くべきスタッツですが、6イニングで100mph以上をマークしたのは27球もありました。実に全投球の39%という数字。

 しかも、数値上100mphはいかずとも、4シームは99.9mphなどほぼ100mphと言っていい数値がほとんど。

 もうアベレージが99mphを記録しているというすごさ。

ゲースムタートから10連続100mph(中継)

 なお、ゲーム中に記録されるベロシティーは少数点以下を切り上げしていますので、中継ではゲームスタートから10球連続で100mphを超えていました。

初ヒットは5回

 なお、4イニングまではパーフェクト。

 5回裏にようやく捕手のカーソン・ケリーにシングルを許し、同じ回、ジョシュ・レディックにもシングルを打たれましたが、被安打はこの2本のみでした。

打線もデグロムを支援

 ゲームはメッツ打線がデグロムを支援。復帰したピート・アロンソの7号HRなどで、メッツが6点を奪い、またDバックスは7回にエドゥアルド・エスコバーのソロHRなどで2点を返すものの、6-2でメッツがDバックスを下しています。

 • Box score

デグロムのIL復帰後のメッツは2戦2勝

 なお、デグロムは5月11日付けで体の右サイドを傷め、10 Day ILに入っていましたが、5月25日に復帰して以来、登板日はいずれもメッツが勝利。

 4月はデグロム登板日に打線が沈黙することが多く、5度先発して3度もチームが敗戦していましたが、ILから復帰後は打線の支援も得られており、いいサイクルに入ったのではないかと思います。なお、このゲームでは不振のフランシスコ・リンドーアに2本のヒットが出ています。

 デグロムはこれで4勝目。なお、ERAは0.71というこれまたサイヤング賞を受賞しそうなペースです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】フィリーズ、最高のゲーム展開で2011年以来のポストシーズン進出を果たす!
【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
タイトルとURLをコピーしました