スポンサーリンク

【MLB2022FA】ナショナルズがディー・ストレンジ=ゴードンとマイナー契約

2022年に復活なるか?

 現地2021年12月11日、メジャー・レベル以外は契約も行われている中、ナショナルズが有名選手とディールを成立させました。

 ディー・ストレンジ=ゴードン(Dee Strange-Gordon)とマイナー契約です。

2021年のゴードン

 ディー・ストレンジ=ゴードンがメジャーの舞台に立ったのはマリナーズ時代の2020年が最後。2021年はビッグ・リーグ・レベルでプレー出来ていません。2021年はなかなか厳しいシーズンを贈りました。

 2020シーズン終了後、ゴードンはマリナーズをFAとなり、2021年2月にレッズとマイナー契約。

 その後、3月に一旦は40manロスターに入りますが、開幕前にレッズ・2Aのチャタヌーガ・ルックアウツにアサインされました。

 しかし、3月後半にルックアウツをリリースされます。2021年はコロナ禍の影響でマイナー・リーグの開幕が5月スタートとずれたため、ルックアウツでのプレーの記録はありません。

 その後、4月21日にブルワーズとマイナー契約。トリプルAのナッシュビルにアサイン。ナッシュビルでは10試合に出場し、45-10、打率.333、OBP .378、SLG .500と結果を出していたのですが、2021年5月21日にリリース。

 2021年5月29日には、カブスとマイナー契約。トリプルA、アイオワにアサインされ、28試合に出場、打率.233、OBP .270、SLG .308といい結果がでませんでした。そして7月6日にFAに。

 2021年7月8日には、パイレーツとマイナー契約を結び、トリプルAのインディアナポリスにアサインされ、16試合に出場。打率.221、OBP .264、SLG .397。そして1ヶ月足らずの2021年8月1日にリリース。

 以降、FAとして所属先を探しいました。

ディー・ストレンジ=ゴードンのキャリア

 ディー・ストレンジ=ゴードンと言えば、イチロー選手を慕い、ホセ・フェルナンデスにエモーショナルな哀悼の意を表したことで知られていますし、その他、意地悪な見方ではPeds(Performance Enhancing Drugs)の使用というイメージも強いかもしれません。

 かんたんにキャリアを振り返ってみます。

ドジャースが衝撃のトレード

 ディー・ストレンジ=ゴードンは1988年4月22日生まれで、2022年の開幕時では33才。すぐに34才になります。もうそんな年になったのですね。

 2008年のドジャースの4巡目指名でプロ入り。2011年6月6日にメジャー・デビューを果たしました。2011年から2014年のまでの4シーズンをドジャースで過ごし、ドジャース・ファイナル・イヤーの2014年には148試合に出場し、176安打を放ち、打率.289盗塁64をマーク。しかも三塁打が12本というとんでもない数字を叩き出したのでした。

 しかし、その年のオフ、ドジャースはゴードンをマーリンズにトレード。これは衝撃的でしたね。ドジャースは何を考えているのだと不思議でなりませんでした。

トレードの交換要員にバーンズ、キケ

 ただ、このトレードは結果的に、ドジャースにものすごくプラスになったトレードでもありました。実は大正解でもありました。

 というのも、ゴードンとともにダン・ヘイレンとミゲル・ロハスをマーリンズに出したドジャースでしたが、見返りで獲得したのが、オースティン・バーンズキケ・ヘルナンデスだったのです。そのほかにもアンドリュー・ヒーニー(このオフに再びLADに)、 RHPのクリス・ハッチャーもおりました。

素晴らしかった2015シーズン

 ゴードンがもっとも輝いたのは2015シーズン。145試合で、205安打を放ち、打率.333、OBP .359、SLG .418、二塁打24本、盗塁 58をマーク。ゴールドグラブ賞とシルバースラッガー賞も受賞。そしてバッティング・タイトル(打率)も獲得しました。

2016年にサスペンション(PEDs)

 そして、ゴードンのキャリアで残念に思うのが、2016年のPeds陽性反応。これにより80試合のサスペンションが課されてしまいました。

実は2017年もすごかった!

 Peds使用によるサスペンションが課されたその翌年の2017年。これはディー・ゴードンの名誉のためにこのシーズンの凄さを書いておきたいと思います。

 完全にPedsフリーとなった2017年、ゴードンは158試合に出場。またしても200安打超えの201安打を放ち、盗塁もなんと60をマーク。打率.308、OBP .341、SLG .375。盗塁のタイトルを獲りました。

 Pedsのサスペンション前とほぼ同じ数字をマークしたことで、実力はきちんと証明されたシーズンと言っても良いでしょう。

マリナーズ移籍後

 2018シーズンにマリナーズに移籍したゴードン。これはイチロー選手と同じタイミングでの移籍でした。

 2018年は141試合に出場し、打率は.288をマークするも、盗塁は30個と半減。このシーズンは5月につま先を骨折したという故障もありましたが、30才を境に2019年、2020年とがくんと成績が落ちてきたのでした。

出塁がカギに

 これまでパワー不足を圧倒的なスピードでカバーしてきたディー・ストレンジ=ゴードンですが、ベテランの年齢に達した今、そのスピードもプロスペクト達には叶わなくなってきています。メジャーで生き残るには打撃技術と経験を活かした出塁率を上げることが最優先になってきそうです。 

 ナショナルズでの健闘を祈りたいと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
タイトルとURLをコピーしました