MLBのIMPORT 輸入盤 DVDを見る リージョンフリープレーヤーの比較

良いなと思ったらシェアお願いします

輸入DVDを見る

こんにちは!2012年2月29日。今年は閏年ですね!!

みなさんは、DVDには各国の規格というものがあるのをご存知でしょうか?MLBやNBA、NFLの現地のDVDを買って日本で再生できず、「失敗した!」なんていうご経験はありませんか?

輸入盤DVDの再生方法を経験に基づいて書かせていただきます。ただ、私、機械系統はあまり詳しくないので、MLBのグッズを販売していたときのお客様とやりとりとアマゾンのレビューを参考に今現在わかっているベストな機器をご提案申し上げます。

企画

まず規格についてなのですが、

  • リージョン1: アメリカ、カナダ
  • リージョン2: 日本

ブルーレイはどうかというと、日本とアメリカは同じリージョンAという規格ですので、輸入盤のブルーレイディスクも日本のプレーヤーで再生できます。

ブルーレイの規格

  • リージョンA:  南北アメリカ、東南アジア、日本、朝鮮半島、台湾
  • リージョンB: ヨーロッパ、中近東、アフリカ、オセアニア
  • リージョンC: 中央・南アジア、中華人民共和国、ロシア、モンゴル

ということで、MLBの輸入盤DVDは日本では再生できないけれど、ブルーレイなら再生できるということになります。

再生機器

日本で再生不可な輸入盤のDVDを再生するには

  1. パソコンで見る
  2. リージョンフリープレーヤーを買う。

この2つの方法に絞られるわけです。①のパソコンでの再生ですが、これはあまりオススメできません

お客様から返品になったケースでご説明しますと、パソコンのリージョンコードを日の”2”からUSの”1”に変換する設定が必要なのですが、その変換の回数というのが決まっているらしいのです。たとえば5回とか。

5回再生できるのかというとそうではなく、2から1への変換で1回、1から2へ戻す変換で2回と往復ではなく、片道でカウントされてしまって、設定を戸惑ってしまっている間に、変換の上限をむかえてしまった!というお声がありました(2010年の話です)。

設定するのも面倒ですし、おまけに満足に再生できないとなると、無駄ですよね。
そこで、MLBの輸入盤のDVDを再生する方法としてベストなのは、リージョンフリーのプレーヤーを購入することになります。

リージョン・フリー

このリージョンフリーのDVDプレーヤーですが、あまりよろしくないものが多いのも事実です。正規でメーカーも販売できないらしいです。大手メーカーなら逆輸入ものだとか、あとはあまり知られていないメーカーのものになります。これが曲者で、すぐに再生できなくなったりとちょっと困ったことになるケースが多いです。

私がお店で使用していたものは、ツタヤさんで店頭で販売されていた3千円程度のものでした。

接続も簡単で、すぐにこわれると思いつつも、1日9時間の営業時間を365日継続して再生していましたが、約2年なんともありませんでした。

その機種は探したのですが、ちょっと見当たらないです。今でも店頭にいけばあるかもしれません。(すみません)

アマゾンで検索したところ、お手頃で評価の高いものがありました。

皿にディスクを入れるだけです。すでにリージョンフリーの設定済みで、ラクチンです。
↓↓↓↓

リージョンフリー設定済み 保証付 DVDプレーヤー DS-DPC261BK

もう一点は、Amazonでご購入された方が非常に多いプレーヤーで、評価も非常に高く、画像が美しいとのレビューが目立ちます。
↓↓↓↓
Pioneer DVDプレーヤー DV-220V

↑ただ、Pioneer DVDプレーヤー DV-220Vの難点は、自分でリージョンフリーの設定をしないといけないところにあります。また、2012年製品でシリアルナンバーLBDK~始まるモデルはリーフリ化できなくなったようなので注意してください。あと、HDMI端子は別売りです。

アマゾンの配送センターから出荷される場合は、シリアルナンバーがわかりませんから、
アマゾン以外の出品者に問い合わせをし、リーフリ出来るかどうか確認後そちらから買うという手もあると思います。

それより前のモデルでしたら、リーフリ化できます。

私が思うに、この2種が信頼性もコストパフォーマンスも高いと思いました。

ちなみに、USA版が日本版になって登場したりするソフトもあるのですが、日本側のコンテンツメーカーとUSA側のコンテンツメーカーとの契約の関係で、せっかくのいいソフトなのに、日本では見られない!という自体も多いです。

MLBのワールドシリーズものがそうです。日本版は2007年のボストン以来出ていません
やはり海外版で見ざるを得ないコンテンツが年々増えていますので、再生の方法でベストなものをお選びください

最後に、あくまでセカンドプレーヤーとしてご購入されることをオススメします。細かな不便というのがあるのは事実ですので、再生できないものを再生できたという点にフォーカスしてお選びいただければと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

良いなと思ったらシェアお願いします

フォローする

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!