スポンサーリンク

【WS 2017 Gm2】すごいゲーム!アストロズがHRラリーを制す

スペシャル・イベント
https://twitter.com/13UnderTheGun/status/920533143056027648

現地2017年10月25日のワールドシリーズ2017 Game2はすごいゲームになりましたね。

 

これぞ、ポストシーズン!レギュラー・シーズン以上に研ぎ澄まされた選手達の底力が出たのではないでしょうか!

 

バーランダーとリッチ・ヒルという楽しみな顔合わせでしたが、内容はバーランダーの圧勝という感じがしました。バーランダー、今ポストシーズンはボールが走っています。

 

とにかくHRが数多く飛び出したこのゲームですが、スコアほど荒れた印象はまったくなく、9回までは3点を奪い合う引き締まった攻防。ただし、その得点がHRに依るという非常に珍しい傾向です。

 

先に危うくなったのはリッチ・ヒルでした。3回表に、3本のシングルを集められ、1失点。制球がよくなかったリッチ・ヒルは4回には失点こそしなかったものの、ランナーを二人出すという苦しいピッチングでこの回を投げ終え、マウンドを降りました。

 

そして流れを変えたのは前田投手。5回表を三者凡退に抑えるナイスピッチング。これが裏の攻撃に効きました。

 

5回裏、ドジャースは2アウトから、ジョク・ピダーソンが価値あるHRを放ち、1−1に。バーランダーは2アウトからの失点だけに悔やまれますね。もっとも、こんなすごいバッター達が普段より集中して打席に入っているんですから、3アウトを獲るまでは油断などできませんね。

 

前田投手は6回にアウトを1つ取ったところで交代。ヒットを1本打たれたものの、この日も無失点リリーフ。

 

6回裏、バーランダーが一発を浴びてしまいました。これも2アウトから失点。しかも四球キッカケです。ランナーを一人置いて、コーリー・シーガーにレフトスタンドに放り込まれ、ドジャースが3−1と逆転。

 

バーランダーは6回でマウンドを降りたのですが、ヒットはほとんど許しませんでした。被安打がたったの3です。与四球も2個。いい成績です。ただ、HRを2本浴びたのが響き、被安打数と同じ、3失点。

 

 

ドジャースが2点リードで迎えた終盤8回、ロバーツ監督はケンリー・ジャンセンをマウンドに送り、逃げ切りをはかります。今のジャンセンなら打たれるイメージがまったくないですから、イニングまたぎになるとは言え、この采配もいいですよね。

 

ただ、ストーリーは想像を超えました。アストロズは8回にカルロス・コレアのタイムリーが出て2−3に。そして、9回表にはマーウィン・ゴンザレスにHRが出てついに3−3の同点に。ジャンセンから2点を奪ったというのは今後の戦い方に影響が出そうです。

 

アストロズはケン・ジャイルズが9回のドジャースの攻撃を3人で抑えたのはよかったです。

10回表、ドジャースのマウンドにはジョシュ・フィールズが。ジャンセンの失点は今ポストシーズンは初めてでしたので、ドジャースとしては嫌な流れでした。

 

その予感通り、アストロズは先頭のホセ・アルトゥーベとつづくカルロス・コレアに2者連続HRが出て、5−3と逆転に成功。キーマン2人のHRでしたから、これで決まったと誰もが思ったと思います。

 

 

ところが、10回裏に先頭のヤジエル・プイーグにHRが出てドジャース4−5の1点差に。ケン・ジャイルズは2アウトまでこぎつけ、あとアウト1人というところで、ローガン・フォーサイスに四球。さらにワイルド・ピッチが重なり、スコアリングポジションにランナーを背負います。

 

つづくエンリケ・ヘルナンデスにタイムリーが出て、ドジャースが土壇場で5−5の同点に追いつきます。ケン・ジャイルズはここで降板。一旦は流れを引き寄せるピッチングをみせたのですが、2アウトからの四球が痛かったですね。

 

ただ、アストロズはその後にマウンドに上がったクリス・デベンスキがクリス・テイラーを抑えて5−5のまま。これも大きかったですね。

 

11回表、ドジャースのマウンドはブランドン・マッカーシー。アストロズは途中から守備に入っていたキャメロン・メイビンがシングルで出塁。すかさず2盗を決めます。

 

これがプレッシャーになったのか、ブランドン・マッカーシーはつづくジョージ・スプリンガーに右中間スタンドに放り込まれる2ランHRを浴び、アストロズが再び2点をリード。7−5とします。イケイケのアストロズでしたが、後続の3人が倒れ、7−5止まりに。

 

11回裏、デベンスキは2アウトまで難なくとります。ところが、チャーリー・カルバーソンに一発を浴び、ドジャースが6−7と1点差に。またも同点劇があり得るということでスタンドは大いに盛り上がりましたが、最後は粘るプイーグに落ちるボールで勝負し、三振。

 

アストロズがシーソーゲームを7−6で勝利するという、非常に面白いゲームとなりました。

 

【動画】Recap: LAD 3, HOU 1

 

これで勝敗は1勝1敗。

 

Game3は1日空けて、ヒューストンで行なわれます。ドジャースはダルビッシュ投手、アストロズはALCSの最終戦で見事なリリーフをみせた、ランス・マッカラーズJRが登板です。

 

楽しみです!

 

WS 2017 Game 2 Score

コメント

  1. Hirotee-1969 より:

    いつもコメントをありがとうございます。バーランダー、熱かったですね。彼とコレアとアルトゥーベがいるからアストロズびいきなんですが、グリエルの行為でドジャース勝て!と変わっている私がおります。NPBにもいたくせに、この野郎とは思っていますが、せっかくの横綱対決なので、ゲームにフォーカスして記事を書きたいと思っています。

NEW

【MLB契約2022】パドレスが”超激レアキャリア”のマット・スウィリーとマイナー契約
【MLB2022】レイズ、タンパとモントリオールでのホーム分割案がMLBから拒絶される
【MLB2022】トリプルAでロボアンパイアー(ABS)開始!
【MLB2022】ドジャースの新GMは37才で元レイズのリリーバー
【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
タイトルとURLをコピーしました