【MLB injury2017】デービッド・プライスがDLに、イアン・デズモンドが左手を手術

怪我のニュース

さて、残念な怪我のニュースです。

デービッド・プライス

まずはレッドソックスの先発3本柱の一人、デービッド・プライスですが、やはり肘の状態がよくなく、DL入りとなり、開幕はなくなったと見ていいです。

レッドソックスのオープニングはリック・ポーセロになるのではないかと思われます。

デービッド・プライスには慎重な調整が求められています。今は平地で塁間ほどの距離を投げているそうです。痛みが発症しなければいいのですが。心配です。

イアン・デズモンド

もう一人、残念なのが、今季からロッキーズへ移籍したイアン・デズモンド。

現地2017年3月12日のレッズとのオープン戦でデッドボールをもらったイアン・デズモンドですが、検査の結果、左手の人差し指を骨折していたことが判明しました。

3月15日に手術。現在、復帰は未定です。残念ですが、開幕日の復帰は絶望かと思います。

本職がSSのイアン・デズモンド。しかし、ロッキーズの内野には、3Bがノーラン・アレナド、SSがトレバー・ストーリー、2Bがルメイユと名手ばかりが配置されています。さすがのデズモンドもろッキーズでは1Bでの出場を予定されていました。

キャッチングが大事なポジションですし、慎重に怪我を治してもらいたいです。下の動画を見ればおわかりになりますが、相当強いボールを指に受けました。手術をともないましたので、症状は結構ひどかったのではないかと推測できます。

新しいチームでの最初のシーズンだっただけに、開幕から飛ばしたかったでしょうが、ここは怪我の治療にまずは専念ですね。

WBC

今日は開幕を逃すのがほぼ確定した選手の話題を。WBCに夢中になりながらも、こっそりとMLBのニュースはチェックしておりました。

WBC: アメリカがベネズエラに勝利

現地2017年3月15日、USA vs ベネズエラのゲームがありました。こちらは好ゲームでしたね。ベネズエラ先発のキング・フェリックスがUSA相手に5回を無失点のナイス・ピッチング。USA先発のドリュー・スマイリーもいいピッチングでしたよ!

ベネズエラが勝ちそうな流れだったのですが、USAは終盤に逆転!粘りの出たUSAはこれからさらに強くなりそうです!

【動画】Recap: VEN 2, USA 4

お読みいただき、ありがとうございました。


Amazon タイムセール

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク