スポンサーリンク

【MLB2023】大谷選手、7回1ヒッターで2勝目!女房役オホッピーが効果的な支援弾

2023年3度めのマウンド

 現地2023年4月11日、大谷選手が今季3度目のマウンドに上がり、ナショナルズを相手に熱投。7回1ヒッター、スコアレスで2勝目を上げました。

 ナショナルズ@エンゼルスというのはインターリーグということもあり、なかなか珍しいマッチアップですが、実は2022シーズンにも1度行われており、この時は5月6日から7日までの3ゲームシリーズでエンゼルスが2勝1敗で勝ち越しています。この時にはナショナルズにはまだフアン・ソトがいましたね。

苦戦しつつ調整!

 この日の大谷投手の立ち上がりはコントロールに苦しみ、1回表には2四球を出して20球。2回表にも先頭のレーン・トーマスにストレートの四球を出すなど、カウントを取るスライダー(スウィーパーを含む)がなかなか思うようなところに行かないという状況でした。 

 それでもベロシティーは序盤から出ていて、2回表にCJ・エイブラムスに投げた2球目は97.3mphをマーク。3回表にドミニク・スミスに投げた4球目も97.3mphを記録するなど威力は抜群。ここがしっかりとしていたがゆえに変化球が決まりさえすれば結果は出るという下地が出来ていたと思います。

 4回表 キーバート・ルイーズへの5球目はインサイドにやや外れてボールになったものの、98.2mphをマーク。そして、このイニングには、マイケル・チャビスに投じた2球目でこの日のMAXの98.7mphをマークしました。

 四球でランナーは背負っていたものの、3回まではノーヒット・ピッチング。初めてヒットを許したのは4回表で、2アウト、ランナー1塁でCJ・エイブラムスに外から入るスライダーを叩かれ、RF線へ2塁打を打たれ、2、3塁のピンチを迎えました。しかし、マイケル・チャビスをSSゴロに抑えてピンチを脱出。上述のMAXが出たのはこの時です。ギアを上げましたね。

 大谷選手は、6回表以外はランナーを背負う投球が続きましたが、調子が悪いながらも投げながら微調整を実施し、スコアレスを継続したというまさにプロ中のプロの仕事を見せたのでした。

 この日は結局、7回まで登板。それでも球数は100球に届かず92球にまとめました。被安打1、スコアレス、BB 5、HBP 1、SO 6という内容でした。

【YOUTUBE】SHOHEI OHTANI IS INCREDIBLE!! Tosses ANOTHER scoreless outing and records a hit in Angels win!

オホッピーが効果的な一発

 エンゼルス打線は、3回まではナショナルズ先発のジョサイア・グレイを捉えきれず、得点の気配がないまま中盤へ。

 4回裏、ジョサイア・グレイが突然コントロールを見出し、先頭のテイラー・ウォード、次打者のマイク・トラウトに連続四球。ここで大谷選手が打席に入り、LFへのシングルを放って満塁のチャンスを作ります。ジョサイア・グレイは握力が無くなったのでしょうかね?突然の乱調でした。

 ここでアンソニー・レンドンが犠牲フライを放ち、エンゼルスがまず1点を先制。まだチャンスは残っていましたが、当たっているハンター・レンフローはダブルプレーに倒れ、1点止まり。

 そして6回表に大谷選手が三者凡退に抑えた直後、6回裏、イニング先頭のローガン・オホッピーが甘く入った89mphのカットボールを強く叩き、左中間スタンドに入るHRを放ちます。

 このHRで大谷選手が楽になったのは言うまでもありません。ローガン・オホッピー、良い仕事をしてくれますね。 

豪華リレー 

MLB Gameday: Nationals 0, Angels 2 Final Score (04/11/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

 大谷選手降板後は、ホセ・キハーダがマウンドに上がって8回表を三者凡退に。そして9回表は、元ロッキーズのブルペンの中心で、現在はエンゼルスの新守護神となっているカルロス・エステベスが四球を1つだけ出したものの、無失点に抑えてゲームセット。

 エンゼルスが2-0でナショナルズを僅差でシャットアウト。大谷選手に2勝目がつきました。

大谷選手がまたしても記録を達成

 この日はスコアレスで6Kだった大谷選手。過去3度の登板はご覧の通りです。

2023DateVSIPHRERBBSO
13/30@OAKGS-6200310
24/5@SEAGS-631148
34/11WSHGS-710056
大谷選手の2023年の登板成績(現地2023年4月11日時点)

 今回、大谷選手はまたしても「以来何番目」の記録を達成。

 それは開幕して最初の 3 試合で少なくとも 19 イニングを投げ、自責点1以下。しかも3度の登板でいずれも6奪三振以上を記録したのは、1901年以来14 番目のMLB投手というやつです。

 最近ではレイズのタイラー・グラスノウとパドレスのジョー・マスグローブが達成しています。.

 また、大谷選手は10試合連続先発で2失点以下というフランチャイズ・レコードもマークしています。これはノーラン・ライアンが1972 年から 73 年のシーズンで 9 試合連続で達成したものをやぶりました。

 上記の2023年の3登板と下記の表にある2022年の最後の7登板を併せて10登板連続で2失点以下です。

2022DateVSIPHRERBBSO
18/27@TORGS-720019
29/3HOUGS-861105
39/10@HOUGS-561127
49/17SEAGS-730018
59/23@MINGS-732267
69/29OAKGS-8200110
710/5@OAKGS-511116
大谷選手の2022年の終盤7登板の成績

まだ上を見ている

 なお、大谷選手はまだまだ上を見ており、試合後のコメントでは「結果を数字で見ると、良いように見えるかもわかりませんが、3人で抑えたイニングが少なかったので、 もっとそれが出来れば、オフェンスに勢いをもたらすことが出来たはず」と語っています。

 なお、捕手のローガン・オホッピーによれば、 「彼はスライダーを少しいじってスピードを変えていた。 途中でピッチを調整できる彼の能力にとても感銘を受けた。」と語っている通り、ゲーム内で色々切り分けしていることがよくわかりました。

 確かに6回、7回は、70mph後半のスライダーを投げていましたね。

 なお、大谷選手は12日のゲームは、DHには入らない予定です。フィル・ネヴィン監督によれば代打での出場はあるだろうとのこと。

 次回の大谷選手の先発は、17日(月)のフェンウェイでのレッドソックス戦です。吉田選手との対戦も楽しみですが、個人的にはラファエル・デバースとの対戦が非常に楽しみです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
タイトルとURLをコピーしました