スポンサーリンク

【MLB2024】大谷、10試合連続RBIを記録!ドジャースのフランチャイズ・レコードとなる

長い歴史を誇るドジャースで記録を塗り替える

 現地2024年6月26日、シカゴのギャランティード・レート・フィールドで行われたドジャース@ホワイトソックスのシリーズ・ファイナル・ゲームで、大谷翔平選手がいきなりのリードオフHR!

 これにより、大谷選手は10試合連続で少なくとも1RBI(Runs Batted In:打点)を記録。これはRBIが1920年に公式記録となって以来、ドジャースの連続試合RBIのフランチャイズ・レコードとなりました。

リードオフHRで早速記録更新

 ムーキー・ベッツがデッドボールで離脱して以来、リードオフを任されている大谷選手。この日もやはりリードオフのポジションで打席に立ちました。ドジャースはロードゲームなので、大谷選手の打席で試合開始。ゲーム開始を待ちわびたファンがプレーボールで喜ぶ拍手と大谷選手への声援の両方でスタジアムは大きな歓声で包まれました。

好調エリック・フェディーから一発

 ホワイトソックス先発はエリック・フェディー(Erick Fedde)。元ナショナルズの右腕は2023年はKBOで投げ、20勝6敗、ERA 2.00というすごい数字をマーク。2023年12月にホワイトソックスと2 年/$15M (2024-25)でサインしました。メジャーに復帰したフェディーは好調そのもので、今季はこのゲーム前までに5勝2敗、ERA 3.05をマーク。大苦戦しているホワイトソックスにおいてこの数字ですから、いかに内容が良いかがわかりますね。

 その大谷選手の第1打席。シンカーとカット・ボールを得意とするフェディーの軌道を見極めるようにフルカウントまで持ち込んだ大谷選手。6球目、逆球となった真ん中高めの甘いカット・ボールを鋭くスイング。これが右中間スタンド奥深くに刺さるソロHRとなり、ドジャースが幸先よく1点を先制しました。

 大谷選手はこの1発で10試合連続1RBI以上をマーク。ドジャースのフランチャイズ・レコードを塗り替えました。

これまでのドジャース内での記録

 これまでのドジャースのフランチャイズ史では9試合連続1RBI以上が最長。

  • 1955年 ロイ・カンパネラ(Roy Campanella )
  • 1944年 オージー・ガラン(Augie Galan )
  • 1924年 エディー・ブラウン(Eddie Brown)
  • (参考)2011年-2012年 マット・ケンプ (Matt Kemp)

近いところではマット・ケンプ

 近いところではマット・ケンプが2011年の最後の4試合から2012年の開幕後の5試合で2年にわたって9試合連続1 RBI以上を記録。これはシーズンまたぎなので参考記録というところでしょうか。この頃のマット・ケンプは凄かったですね!2011年はまさにキャリアのベスト・シーズンで、SS、GG、MVP-2位、ASGなど主要な賞を受賞。HRも39本を放ち、NLでタイトルを獲りました。

長いドジャース史

 ドジャースの歴史は1884年からスタート。140年を誇ります。ブルックリン・ドジャースとなったのは1911年。1916年からはブルックリン・ロビンズとなりましたが、1932年に再びブルックリン・ドジャースに。そしてロサンゼルスにフランチャイズを移したのは1958年です。 

 そもそもRBIが公式記録となったのは上述の通り1920年から。ロイ・カンパネラの1955年はまだブルックリン・ドジャースの時代の記録です。

 そして初めて9試合連続RBIを記録した1924年のエディー・ブラウンから100年。とんでもなく長い時を経て大谷選手は記録を塗り替えたことになります。

 ドジャースは3回表にも満塁からテオスカー・ヘルナンデスの犠牲フライで1点を追加。さらにフレディー・フリーマンのRFへのタイムリー・ダブルでもう2点。3回を終えて4-0とリード。

ギャビン・ストーンがシャットアウト勝利

 この日はドジャース先発のギャビン・ストーンが好投。9イニング103球を投げ、見事にシャットアウト勝利を成し遂げました。

 ルーキー投手がシャットアウト勝利(完封)を成し遂げたのは2013年以来のこと。ホワイトソックス打線の元気のなさもありましたが、見事なピッチングだったと思います。

 ドジャースはこのまま4-0のスコアで勝利。51勝31敗となりました。敗れたホワイトソックスは21勝61敗となり、勝率はMLBワーストです。

MLB Gameday: Dodgers 4, White Sox 0 Final Score (06/26/2024)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

大谷選手のスタッツ

 このゲームを終えた後の大谷選手の成績はこちら。

indexstatsNL rankMLB rank
HR2513
AVG.32211
SLG.64312
OPS1.04512
RBI6135
Hits10023
XBH4812
TB20012
Run6512
現地2024年6月26日終了後の大谷選手のスタッツとランク

 シーズン82試合目はもう折り返に入っているということですが、この時点で25HR。シーズン終了時の予測として単純にx2にして50 HRにしたいところですね。今季はもっと行くかもしれませんね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ブレーブス、今度はオジー・アルビーズが長期離脱!マックス・フリードもILへ
【MLB2024】勝率5割超え、NLウエスト2位で上昇気流に乗ったDバックスはトレードDLでバイヤーへ
【MLB2024】レッドソックス、終盤に大失速し、逆転負け!またもピベッタの好投を活かせず
【MLB2024】ジェイコブ・ウィルソン、守備と打撃で華麗にMLBデビューを果たすも、故障で途中交代
【MLB2024】「マイナーで打ちまくり!」A’sのNO.1プロスペクト、ジェイコブ・ウィルソンがメジャー・デビューへ
【MLB2024】大苦戦のホワイトソックス、来季を見据え、ワールドシリーズ捕手のマーティン・マルドナードをDFAに
【MLBオールスター2024】大谷が先制3ランHRを放つも、MVPは決勝2ランのジャレン・デュランが受賞
【MLB移籍2024】ロイヤルズ、ハンター・ハービー獲得でリリーバーのERA改善を狙う!
【MLBオールスター】2024HRダービーを制したのはテオスカー・ヘルナンデス
【MLBドラフト2024】左右両投げでともに95mph以上!ジュランジェロ・セインチェ(Jurrangelo Cijntje)はマリナーズがピック!
【MLBドラフト2024】ガーディアンズ・ピックの全体1位はオージー生まれのトラビス・バザーナ!2Bでは史上初
【MLBオールスター】2024フューチャーズ・ゲームはレッズのキャム・コリアーがMVP
【MLB2024】フューチャーズ・ゲームのプレ・イベント、「スキル・ショーケース」が初めて開催される
【MLB2024】フィリーズがウィット・メリフィールドをリリース!目的はA’sのあの人?
【MLB2024】O’sのブランドン・ハイド監督がキャースタッドへの頭部死球に激昂!ベンチ・クリアー案件に
【MLB2024】ブルージェイズ、ケビン・キアマイアーをウェーバーにかける
【MLB2024】今永がまた輝く!オリオールズを相手に6回スコアレスで8勝目!ERAは再び2点台に
【MLB2024】メッツ、フィル・メイトンをレイズからトレードで獲得
【MLB2024】注目カードのドジャース@フィリーズ戦Gm1は、フィリーズが圧勝!マーシャン、ターナーが併せて6安打!
【MLBトレードDL噂2024】マイアミ、クローザーのタナー・スコットに加え、ジャズ・チザム・Jr.も放出の可能性大
【MLB2024】オールスターのピッチャーとリザーブが明らかに!今永、ポール・スキーンズ、ジャレン・デュランらが選出
【MLB2024】ラファエル・デバースが27才でキャリア通算1000安打を達成!得意のゲリット・コールからHRも(追記)
【MLB2024】ダルビッシュ投手がリストリクティッド・リスト入り
【MLB2024】ウィル・スミスが3HRと大爆発!ドジャース、逆転でブルワーズに勝利(追記あり)
【MLB2024】レッドソックス・吉田、あと1ストライクで試合終了から起死回生の同点2ランHR!
【MLB2024】ピベッタの”NO-NO”から一転、後半に大激戦となったレッドソックス@マーリンズ戦
【MLB2024】オールスターのスターターが発表される!大谷選手がNL DH で選出
【MLB2024】今永投手、フィリーズ相手に果敢に挑みQS/8Kを達成するも、勝利ならず
【MLB2024】ドジャース、9回裏2アウトからの逆転サヨナラ勝ち!大谷選手が27号!
【MLB2024】ナショナルズのトップ・プロスペクト、ジェームス・ウッドが大声援を受け、メジャー初ヒットを放つ!
タイトルとURLをコピーしました