スポンサーリンク

【WBC2013】プロファーがオランダ代表ロスター入り!

プロファーがWBC2013に参加

WBC2013のオランダ代表の暫定ロスターに、テキサス・レンジャーズのトップ・プロスペクトである、ジュリクソン・プロファー(Jurickson Profar)が入っていましたね!!

【動画】Profar’s great play(2012年9月19日)

キュラソー島

プロファーは、キュラソー島の出身です。地理的にはほぼベネゼエラの沖合に位置しておりますが、歴史的には「オランダ領」でした

1970年のオイルショックにより、キュラソー島に進出していた石油のメジャー資本が手を引き、現在はオランダの特別自治体ということになっております。

プロファーがWBCに出場するかどうか楽しみにしていたのですが、当初は地理的な点からベネゼエラの代表に加わるのかと思っていましたが、ここはオランダ代表になっております。

WBCの国籍条項

かつて2006年の大会ではおそらくアメリカ市民であろうピアザがイタリア代表に加わりました。そして2009年にUSA代表だったAロッドが、2009年はドミニカ代表に加わりました。

WBCの国籍条項は一体どうなっているのかと思って調べたところ、こうでした。

どの国に属するかはオリンピック憲章のように明確には決められておらず、アレックス・ロドリゲスなど複数国で代表資格を持つ選手が多い。

選手は下記のいずれかに該当する場合、各代表チームへの出場資格を持つ。


当該国の国籍を持っている。
当該国の永住資格を持っている。
当該国で出生している。
親のどちらかが当該国の国籍を持っている。
親のどちらかが当該国で出生している。

ドミニカ出身選手は、米国市民権を得るためにドミニカ国籍を放棄しなければならず、オリンピック憲章をそのまま適応すれば、ドミニカ代表でプレーできないドミニカ出身選手もいる。
また、イタリア代表にはイタリア系アメリカ人が多く選ばれているが、これは、イタリアがイタリア系の外国人に容易に市民権を与えるため、それを利用した結果であり、アメリカ人をルーツに当たる国の代表に選んでいる、とするのは誤解である。
尚、第3回大会への出場を希望しているイスラエルもイタリアと同様にユダヤ系の外国人に容易に市民権を与えるため、イタリア代表と同様の編成になると思われる

WIKIより

プロファーの場合は、出身地そのものがオランダ王国の構成国ということですから、オランダ代表ということになるようですね。近いからと言って決してベネゼエラ代表とはいかないようです(^_^;)

アンドリュー・ジョーンズもキュラー島

同じキュラソー島出身の選手として有名なのが、2013から楽天でプレーするアンドリュー・ジョーンズがいます。彼も2013オランダ代表のロスターに入っています

今回のオランダ代表の有名選手はプロファーとアンドリュー・ジョーンズだけですが、プロファーのような高い潜在能力を秘めた若手がロスター入りしており、楽しみな存在でもあります。

プールBに入っているオランダは台中(台湾)でのゲームで、初戦は2013年3月2日です。

↓外部リンク

2013WBCオランダ代表の暫定ロスター

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
【MLB2022】マーリンズ、「90分ミーティング」後に4連勝!ジャズ・チズム、さらに発奮
【MLB2022】レッドソックス、2カード連続スイープは大谷に阻まれる!LAAは14連敗でストップ
【MLB2022】いつ見ても惚れ惚れするマイケル・コペックの投球!今季はすでに4度の1ヒッター
【MLB2022】ジョシュ・ヘイダーを今季最初に崩したのはフィリーズ!
タイトルとURLをコピーしました