スポンサーリンク

【MLBホームラン・ダービー2023】ヴラディーミル・ゲレロ・Jr.がチャンプ!史上初の親子でのチャンプ獲得

やはり華やかなオールスター

 現地2023年7月10日、シアトルのT-Mobileパークでオールスター・ゲーム本番前日の恒例のホームラン・ダービーが開催され、トロント・ブルージェイズのウラディミール・ゲレロ・Jr.がその強烈なスイングでランディー・アロウザリナを制し、見事にチャンプに輝きました!

 今回も勝ち方を知っているピート・アロンゾのものかと思いましたが、ゲレロ・Jr.がやりましたね。

 それにしてもオールスターはやはり華やかなイベントだと改めて思った次第です。

【YOUTUBE】2023 Home Run Derby Full Highlights | Relive the best moments from an EPIC derby!

2019年には僅差で敗れる

 ブラディール・ゲレロ・Jr,がホームラン・ダービーに出場するのは今回で2度め。

 2019年にクリーブランドで開催されたオールスターでは、大会史上最も壮絶なパフォーマンスのひとつを披露したものの、僅差でメッツのピート・アロンソに敗れ、2位に終わりました。この時、ゲレロ・Jr.はルーキーで、大谷選手との壮絶はHRキング争いをするのはその2年後の2021年のことです。

親子でのチャンプは史上初 

 ゲレロ・Jr.の父、ブラディール・ゲレロは、2007年、当時エンゼルスに在籍していてAT&T Parkで開かれたオールスターのHRダービーで、アレックス・リオス(TOR)を制して、チャンプに輝きました。

 今回のゲレロ・Jr.のチャンプで、史上初の親子でのチャンプが成立しています。

 なお、2007年のオールスター・ゲームはイチロー選手がインサイド・パークHRを放ったあのオールスターです。

ルール

 ルールを簡単に記載しておきたいと思います。本当はイベント前に記載すべきでしたが、平日でちょっと時間が取れませんでした。すみません。

シードの決定方法 

 シードは、ダービー参加選手が2023年7月4日までに放ったHR数によって決定されました。それでも決まらない場合は6月15日から7月4日までに放ったHRの数によって決定されました。

 ご覧の組み合わせに。

  • 1位:ルイス・ロバート・Jr.(25) vs 8位:アドレー・ラッチマン(11)
  • 2位:ピート・アロンゾ(25) vs 7位:フリオ・ロドリゲス(13)
  • 3位:ムーキー・ベッツ(23) vs 6位:ヴラディーミル・ゲレロ・Jr.(13)
  • 4位:アドリス・ガルシア(21) vs 5位:ランディー・アロウザリナ(16)

フォーマット(勝ち負けの決定)

  • 多く放った方が次のラウンドへ(シングル・エリミネーション・ブラケット方式)
  • 1st- Semi-final- Finalの3回戦

時間

  • 1st と2nd (Semi Final) が3分、Finalが2分。
  • タイとなった場合は60秒の延長戦。それでも決着がつかなければ交互に3スイングずつ行う。
  • それぞれの対戦の2番めのバッターのHR数が1番めのバッターの数を超えた時点で勝者決定。(時間をフルに使わない)
  • 時計は最初の投球から始まり、タイマーがゼロになった時点でラウンドが終了
CHECK

2019年、ゲレロ・Jr.とジョク・ピダーソンの対決で初めてスイングオフが行われました。2人は60秒のスイングオフで8本ずつ本塁打を放ち、最初の3スイングのスイングオフでは1本ずつHRを放ちました。そして、ジョク・ビダーソンはもうエネルギー切れとなり、ゲレロ・Jr. がファイナルに。この消耗がなければゲレロ・Jr.がチャンプになっていたかもしれません。

ボーナス・タイム

  • 各レギュレーション・ピリオドが終了した時点で、各打者に30秒のボーナス・タイムが与えられる。
    • レギュレーション・ピリオドとは、1st /2nd (Semi Final) の3分/ Finalの2分のこと。
  • 規定時間内に440フィート(MLBのスタットキャストによる記録)以上のHRを2本以上打った場合さらに30秒プラスで、合計60秒のボーナスタイムが与えられる。
  • ボーナス・タイムは、タイムアウトなし。選手には規定ピリオドとボーナスピリオドの間に短い休憩が与えられる。
  • ボーナス・タイムでは、Tモバイルのマゼンタボールが使用される。

選手の休憩

  • 各打者には3つのレギュレーションピリオドで1回ずつ、45秒のタイムアウトを取る権利が与えられている。
  • ボーナスピリオドではタイムアウトを取ることはできない。

投球間隔

 ホームプレート付近に主審が配置され、投手が打者に次の球を投げることができるタイミングを判断して投手に通知。主審は、打球の落下地点などでその打球がHRになるかどうかが見て判断。

賞金

 2019年シーズン前にMLBと選手会が行った合意事項の1つとして、ホームランダービーの賞金総額アップがありました。$0.725Mから$2.5Mに。このうち、チャンプには$1Mが。

2023 MLB ホームラン・ダービー結果

First round

  • No. 5 ランディー・アロウザリナ  (24)  / No. 4 アドリス・ガルシア (17)
  • No. 1 ルイス・ロバート・ Jr. (28) / No. 8 アドレー・ラッチマン (27)
  • No. 6 ヴラディール・ゲレロ・Jr. (26) / No. 3 ムーキー・ベッツ (11)
  • No. 7 フリオ・ロドリゲス (41)  / No. 2 ピート・アロンゾ (21)

Semifinals

  • ランディー・アロウザリナ (35) / ルイス・ロバート・ Jr. (22)
  • ヴラディール・ゲレロ・Jr. (21) / フリオ・ロドリゲス (20)

Finals

  • ヴラディール・ゲレロ・Jr. (25)  / ランディー・アロウザリナ (23)

 ムーキーとの1stラウンドを勝ち上がったゲレロ・Jr.はSemifinalsで地元シアトルの大声援を受けたフリオ・ロドリゲスと対戦。非常にやりにくい中、見事に勝ち上がり、Finalでアロウザリナに勝ち、チャンプに輝きました。

 ゲレロ・Jr.は今季の前半戦はピリッとしませんでしたが、このHRダービー・チャンプをきっかけに後半戦に弾みがつくといいですね。ダービー参加で調子を狂わせる選手が多いのも確かなのですが、良い方向に回れば良いですね。

 毎回、HRダービーは苦しそうです。今回はアロウザリナがNPBの選手がよくやる速いティーバッティングのようなペースで打っていて、もはや驚愕でしかありませんでした。さすがのアロウザリナですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLBトレード2024噂】打撃不振が続くマリナーズ、オリオールズのライアン・マウントキャッスルに手を出すか?!
【MLB2024】ドジャース、ジェームス・パクストンをDFA!25才の右腕を招集
【MLB2024】ブレーブス、今度はオジー・アルビーズが長期離脱!マックス・フリードもILへ
【MLB2024】勝率5割超え、NLウエスト2位で上昇気流に乗ったDバックスはトレードDLでバイヤーへ
【MLB2024】レッドソックス、終盤に大失速し、逆転負け!またもピベッタの好投を活かせず
【MLB2024】ジェイコブ・ウィルソン、守備と打撃で華麗にMLBデビューを果たすも、故障で途中交代
【MLB2024】「マイナーで打ちまくり!」A’sのNO.1プロスペクト、ジェイコブ・ウィルソンがメジャー・デビューへ
【MLB2024】大苦戦のホワイトソックス、来季を見据え、ワールドシリーズ捕手のマーティン・マルドナードをDFAに
【MLBオールスター2024】大谷が先制3ランHRを放つも、MVPは決勝2ランのジャレン・デュランが受賞
【MLB移籍2024】ロイヤルズ、ハンター・ハービー獲得でリリーバーのERA改善を狙う!
【MLBオールスター】2024HRダービーを制したのはテオスカー・ヘルナンデス
【MLBドラフト2024】左右両投げでともに95mph以上!ジュランジェロ・セインチェ(Jurrangelo Cijntje)はマリナーズがピック!
【MLBドラフト2024】ガーディアンズ・ピックの全体1位はオージー生まれのトラビス・バザーナ!2Bでは史上初
【MLBオールスター】2024フューチャーズ・ゲームはレッズのキャム・コリアーがMVP
【MLB2024】フューチャーズ・ゲームのプレ・イベント、「スキル・ショーケース」が初めて開催される
【MLB2024】フィリーズがウィット・メリフィールドをリリース!目的はA’sのあの人?(追記あり)
【MLB2024】O’sのブランドン・ハイド監督がキャースタッドへの頭部死球に激昂!ベンチ・クリアー案件に
【MLB2024】ブルージェイズ、ケビン・キアマイアーをウェーバーにかける
【MLB2024】今永がまた輝く!オリオールズを相手に6回スコアレスで8勝目!ERAは再び2点台に
【MLB2024】メッツ、フィル・メイトンをレイズからトレードで獲得
【MLB2024】注目カードのドジャース@フィリーズ戦Gm1は、フィリーズが圧勝!マーシャン、ターナーが併せて6安打!
【MLBトレードDL噂2024】マイアミ、クローザーのタナー・スコットに加え、ジャズ・チザム・Jr.も放出の可能性大
【MLB2024】オールスターのピッチャーとリザーブが明らかに!今永、ポール・スキーンズ、ジャレン・デュランらが選出
【MLB2024】ラファエル・デバースが27才でキャリア通算1000安打を達成!得意のゲリット・コールからHRも(追記)
【MLB2024】ダルビッシュ投手がリストリクティッド・リスト入り
【MLB2024】ウィル・スミスが3HRと大爆発!ドジャース、逆転でブルワーズに勝利(追記あり)
【MLB2024】レッドソックス・吉田、あと1ストライクで試合終了から起死回生の同点2ランHR!
【MLB2024】ピベッタの”NO-NO”から一転、後半に大激戦となったレッドソックス@マーリンズ戦
【MLB2024】オールスターのスターターが発表される!大谷選手がNL DH で選出
【MLB2024】今永投手、フィリーズ相手に果敢に挑みQS/8Kを達成するも、勝利ならず
タイトルとURLをコピーしました