スポンサーリンク

【MLB 2021】大谷選手、ゲレロ・Jr.のいるブルージェイズ打線を相手に好投!今季7勝目!

日本人メジャーリーガー

17度目の登板は1番P!

 現地20201年8月12日、フィールド・オブ・ドリームスが行われたその日、大谷選手がヴラディーミル・ゲレロ・Jr.のいるブルージェイズ打線を相手に今季17度目のマウンドに立ちました。

リーグMVP候補同士の直接対決

 リーグのMVP候補が、互いの打線の中にいて顔合わせするというケースはよくありますが、投手と打者に分かれて対戦しているというのは珍しいケース。それだけ大谷選手が稀有なことをやっている証でもあります。

肝心なところしかギアを上げない、大人の投球

 1回表、大谷選手はまずはリードオフのジョージ・スプリンガーを3球三振。続くマーカス・セミエンも3球で3Bライナーに仕留めて2アウト。ここで3番のヴラディーミル・ゲレロ・Jr.を迎えます。

 オフスピードのボールでリズムよく2アウトを奪った大谷選手でしたが、さすがにヴラディーミル・ゲレロ・Jr.には、通用しなかったと見えて、初球の87.5mphのカットボールをLF前に弾き返され、直接対決はまずはゲレロ・Jr.に軍配と言ったところ。ただ、ボールが上がらなくて良かったとも言えます。

 その後、テオスカー・ヘルナンデスを6球かけてLFフライに仕留め、初回を無失点に抑えました。

 大谷選手は2イニング目は三者凡退。コーリー・ディッカーソンのときに97.2mphを出すも、High-90mphはこの1球だけ。このイニングもカット、スライダー、スプリットが中心。

得点後にしっかりと抑える

 2回裏に、自身も絡んで4得点をあげたエンゼルス。その直後の3回表のマウンドでも大谷選手は落ち着いており、三者凡退。やはりオフスピードの球種が中心でした。エンゼルスは3回裏にカート・スズキのタイムリー・ダブルで5点目。

 4回表、この回はギアを入れた大谷選手。まずはマーカス・セミエンを相手にファストボールの速度を上げて立ち向かいましたが、粘られて四球。ワイルド・ピッチもあり、スコアリング・ポジションにランナーを進められるも、ゲレロ・Jr.をスプリットで三振。

 最大の難所をクリアーし、ホッとしたのか、テオスカー・ヘルナンデスにタイムリー・シングルを、ランダール・グリチャックにはタイムリー2塁打を許し、2失点。スコアは5-2に。

 5回表は2アウト後に迎えたジョージ・スプリンガーに対し、97.8mph、97mphとギアをアップ。なんとしてでも3人で斬って取るというのがよく現れてた投球でした。

ゲレロ・Jr.のときにこの日最速をマーク

 6回表、1アウト後にゲレロ・Jr.を迎えた大谷選手は、ここぞとばかりギアをアップ。この日最速の98.7mphをマーク。ただ、惜しくも外れて四球となってしまいました。

 大谷選手は6回表終了で降板。球数99で被安打3、失点2、与四球3、奪三振6をマーク。怖い上位打線3名を徹底的にマークしたという投球でした。

 大谷選手は降板後は守備につかず、そのまま退きました。

1番大谷はベリオスからいきなりの二塁打

 打撃の方ですが、1番Pで出場した大谷選手は、第1打席、ブルージェイズ先発のホセ・ベリオスからCFへ二塁打を放ち、チャンスメイク。その後、満塁のチャンスを迎えるも、アップトン、イグレシアスが凡退し、得点ならず。嫌な流れの立ち上がりで、上記の通り、無失点だったのは大きかったですね。

 2回の第2打席では、四球。このイニングはジョー・アデルの四球での出塁を皮切りに、打線がつながり、4得点。

 3回裏の第3打席では、RBIのチャンスでもあったのですが、CFフライに倒れました。 

 6回裏、この日の4打席目は、三振に倒れました。

 この日は4打席で、打数は3度。1安打、1Runという成績でした。

オースティン・ウォーレンが好投 

 エンゼルスの7回のマウンドには右腕のオースティン・ウォーレンが上がり、イニングまたぎで、8回2アウトまで投げ、被安打0、無失点と好投。BBが1つだけでした。

 8回2アウトで降板したのは、ゲレロ・Jr.を迎えたから。エンゼルスはここでライセル・イグレシアスにスイッチ。9回にソロHRで1失点しましたが、リードを守りきり、6-3でエンゼルスが勝利。

 大谷選手に今季7勝目がつきました。

エンゼルス、また5割に戻す

 この勝利でエンゼルスは58勝58敗とし、ふたたび5割の勝率に戻しました。ワイルドカードの2枠目への参入もかなり厳しい状況ですが、90勝くらい目指して頑張ってもらいたいと思います。

コメント

NEW

【MLB2021】フィリーズ、レンジャー・スアレスの97球シャットアウトでPSへ前進
【MLB2021】カージナルスが15連勝!中盤に逆転!
【MLB2021】崖っぷちのA’sがアストロズに大勝!PS争いの余波で煽りをくらう大谷選手 (追記あり)
【MLB2021】PHIとの直接対決前哨戦!ブレーブス、マックス・フリードがパドレスを98球シャットアウト!
【MLB 2021】ホワイトソックス、ディビジョン・チャンプ1番乗り!
【MLB 2021】ジャイアンツ、スコット・カズミアでマジック9へ
【MLB 2021】相手からのマークが集中する中、大谷選手が放った45号は価値あり!
【祝】200勝を達成したジョン・レスター、カージナルスのラスト・スパートを支える
【MLB】サルバドール・ペレス、ジョニー・ベンチ超えの46号!
【MLB 2021】ブレーブスから2連続!今度はエディー・ロザリオがサイクル安打を達成!
【MLB2021】マネーボール再びなるか!?アスレチックス、大逆転もあり得るすごいスケジュール(追記あり)
大谷選手、復帰マウンドで輝く!8イニングの熱投!
【MLB2021】マーカス・セミエンが40HR!
【MLB噂2021】メッツがフロントオフィス・サーチを開始!ビリー・ビーン、セオ・エプスタインの名前が上がる
【MLB2021】サルバドール・ペレスが45号HR!ジョニー・ベンチに並ぶ快挙
【MLB2021】大谷選手、腕の痛みでA’s戦の先発を回避(追記あり)
【MLB2021】ライアン・ブラウンが引退を表明。
【MLBワード】”マジック・ナンバー”と”エリミネーション・ナンバー”(リライト版)
【MLB2021】マックス・シャーザー、ニア・パーフェクトで3000K!イマキュレート・イニングも達成
【MLB 2021】ブルワーズ、バーンズ&へイダーでコンバインド・ノーヒッターを達成!
タイトルとURLをコピーしました