スポンサーリンク

【MLB 2021】大谷選手、ゲレロ・Jr.のいるブルージェイズ打線を相手に好投!今季7勝目!

17度目の登板は1番P!

 現地20201年8月12日、フィールド・オブ・ドリームスが行われたその日、大谷選手がヴラディーミル・ゲレロ・Jr.のいるブルージェイズ打線を相手に今季17度目のマウンドに立ちました。

リーグMVP候補同士の直接対決

 リーグのMVP候補が、互いの打線の中にいて顔合わせするというケースはよくありますが、投手と打者に分かれて対戦しているというのは珍しいケース。それだけ大谷選手が稀有なことをやっている証でもあります。

肝心なところしかギアを上げない、大人の投球

 1回表、大谷選手はまずはリードオフのジョージ・スプリンガーを3球三振。続くマーカス・セミエンも3球で3Bライナーに仕留めて2アウト。ここで3番のヴラディーミル・ゲレロ・Jr.を迎えます。

 オフスピードのボールでリズムよく2アウトを奪った大谷選手でしたが、さすがにヴラディーミル・ゲレロ・Jr.には、通用しなかったと見えて、初球の87.5mphのカットボールをLF前に弾き返され、直接対決はまずはゲレロ・Jr.に軍配と言ったところ。ただ、ボールが上がらなくて良かったとも言えます。

 その後、テオスカー・ヘルナンデスを6球かけてLFフライに仕留め、初回を無失点に抑えました。

 大谷選手は2イニング目は三者凡退。コーリー・ディッカーソンのときに97.2mphを出すも、High-90mphはこの1球だけ。このイニングもカット、スライダー、スプリットが中心。

得点後にしっかりと抑える

 2回裏に、自身も絡んで4得点をあげたエンゼルス。その直後の3回表のマウンドでも大谷選手は落ち着いており、三者凡退。やはりオフスピードの球種が中心でした。エンゼルスは3回裏にカート・スズキのタイムリー・ダブルで5点目。

 4回表、この回はギアを入れた大谷選手。まずはマーカス・セミエンを相手にファストボールの速度を上げて立ち向かいましたが、粘られて四球。ワイルド・ピッチもあり、スコアリング・ポジションにランナーを進められるも、ゲレロ・Jr.をスプリットで三振。

 最大の難所をクリアーし、ホッとしたのか、テオスカー・ヘルナンデスにタイムリー・シングルを、ランダール・グリチャックにはタイムリー2塁打を許し、2失点。スコアは5-2に。

 5回表は2アウト後に迎えたジョージ・スプリンガーに対し、97.8mph、97mphとギアをアップ。なんとしてでも3人で斬って取るというのがよく現れてた投球でした。

ゲレロ・Jr.のときにこの日最速をマーク

 6回表、1アウト後にゲレロ・Jr.を迎えた大谷選手は、ここぞとばかりギアをアップ。この日最速の98.7mphをマーク。ただ、惜しくも外れて四球となってしまいました。

 大谷選手は6回表終了で降板。球数99で被安打3、失点2、与四球3、奪三振6をマーク。怖い上位打線3名を徹底的にマークしたという投球でした。

 大谷選手は降板後は守備につかず、そのまま退きました。

1番大谷はベリオスからいきなりの二塁打

 打撃の方ですが、1番Pで出場した大谷選手は、第1打席、ブルージェイズ先発のホセ・ベリオスからCFへ二塁打を放ち、チャンスメイク。その後、満塁のチャンスを迎えるも、アップトン、イグレシアスが凡退し、得点ならず。嫌な流れの立ち上がりで、上記の通り、無失点だったのは大きかったですね。

 2回の第2打席では、四球。このイニングはジョー・アデルの四球での出塁を皮切りに、打線がつながり、4得点。

 3回裏の第3打席では、RBIのチャンスでもあったのですが、CFフライに倒れました。 

 6回裏、この日の4打席目は、三振に倒れました。

 この日は4打席で、打数は3度。1安打、1Runという成績でした。

オースティン・ウォーレンが好投 

 エンゼルスの7回のマウンドには右腕のオースティン・ウォーレンが上がり、イニングまたぎで、8回2アウトまで投げ、被安打0、無失点と好投。BBが1つだけでした。

 8回2アウトで降板したのは、ゲレロ・Jr.を迎えたから。エンゼルスはここでライセル・イグレシアスにスイッチ。9回にソロHRで1失点しましたが、リードを守りきり、6-3でエンゼルスが勝利。

 大谷選手に今季7勝目がつきました。

エンゼルス、また5割に戻す

 この勝利でエンゼルスは58勝58敗とし、ふたたび5割の勝率に戻しました。ワイルドカードの2枠目への参入もかなり厳しい状況ですが、90勝くらい目指して頑張ってもらいたいと思います。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
【MLB2024】ドジャース、パドレスとの海外開幕戦に勝利!大谷選手は5-2、ダルビッシュ投手も好投
【MLBルールチェンジ2024】ピッチクロックの変更、走路、マウンド・ビジット回数に変更あり
【MLB2024FA】ついに決定!ブレイク・スネルはジャイアンツと2年契約
【MLB2024】ナッツのスティーブン・ストラスバーグは未だ40manロスター。今後の動向は?
タイトルとURLをコピーしました