スポンサーリンク

【MLB 2021】大谷選手、ゲレロ・Jr.のいるブルージェイズ打線を相手に好投!今季7勝目!

17度目の登板は1番P!

 現地20201年8月12日、フィールド・オブ・ドリームスが行われたその日、大谷選手がヴラディーミル・ゲレロ・Jr.のいるブルージェイズ打線を相手に今季17度目のマウンドに立ちました。

リーグMVP候補同士の直接対決

 リーグのMVP候補が、互いの打線の中にいて顔合わせするというケースはよくありますが、投手と打者に分かれて対戦しているというのは珍しいケース。それだけ大谷選手が稀有なことをやっている証でもあります。

肝心なところしかギアを上げない、大人の投球

 1回表、大谷選手はまずはリードオフのジョージ・スプリンガーを3球三振。続くマーカス・セミエンも3球で3Bライナーに仕留めて2アウト。ここで3番のヴラディーミル・ゲレロ・Jr.を迎えます。

 オフスピードのボールでリズムよく2アウトを奪った大谷選手でしたが、さすがにヴラディーミル・ゲレロ・Jr.には、通用しなかったと見えて、初球の87.5mphのカットボールをLF前に弾き返され、直接対決はまずはゲレロ・Jr.に軍配と言ったところ。ただ、ボールが上がらなくて良かったとも言えます。

 その後、テオスカー・ヘルナンデスを6球かけてLFフライに仕留め、初回を無失点に抑えました。

 大谷選手は2イニング目は三者凡退。コーリー・ディッカーソンのときに97.2mphを出すも、High-90mphはこの1球だけ。このイニングもカット、スライダー、スプリットが中心。

得点後にしっかりと抑える

 2回裏に、自身も絡んで4得点をあげたエンゼルス。その直後の3回表のマウンドでも大谷選手は落ち着いており、三者凡退。やはりオフスピードの球種が中心でした。エンゼルスは3回裏にカート・スズキのタイムリー・ダブルで5点目。

 4回表、この回はギアを入れた大谷選手。まずはマーカス・セミエンを相手にファストボールの速度を上げて立ち向かいましたが、粘られて四球。ワイルド・ピッチもあり、スコアリング・ポジションにランナーを進められるも、ゲレロ・Jr.をスプリットで三振。

 最大の難所をクリアーし、ホッとしたのか、テオスカー・ヘルナンデスにタイムリー・シングルを、ランダール・グリチャックにはタイムリー2塁打を許し、2失点。スコアは5-2に。

 5回表は2アウト後に迎えたジョージ・スプリンガーに対し、97.8mph、97mphとギアをアップ。なんとしてでも3人で斬って取るというのがよく現れてた投球でした。

ゲレロ・Jr.のときにこの日最速をマーク

 6回表、1アウト後にゲレロ・Jr.を迎えた大谷選手は、ここぞとばかりギアをアップ。この日最速の98.7mphをマーク。ただ、惜しくも外れて四球となってしまいました。

 大谷選手は6回表終了で降板。球数99で被安打3、失点2、与四球3、奪三振6をマーク。怖い上位打線3名を徹底的にマークしたという投球でした。

 大谷選手は降板後は守備につかず、そのまま退きました。

1番大谷はベリオスからいきなりの二塁打

 打撃の方ですが、1番Pで出場した大谷選手は、第1打席、ブルージェイズ先発のホセ・ベリオスからCFへ二塁打を放ち、チャンスメイク。その後、満塁のチャンスを迎えるも、アップトン、イグレシアスが凡退し、得点ならず。嫌な流れの立ち上がりで、上記の通り、無失点だったのは大きかったですね。

 2回の第2打席では、四球。このイニングはジョー・アデルの四球での出塁を皮切りに、打線がつながり、4得点。

 3回裏の第3打席では、RBIのチャンスでもあったのですが、CFフライに倒れました。 

 6回裏、この日の4打席目は、三振に倒れました。

 この日は4打席で、打数は3度。1安打、1Runという成績でした。

オースティン・ウォーレンが好投 

 エンゼルスの7回のマウンドには右腕のオースティン・ウォーレンが上がり、イニングまたぎで、8回2アウトまで投げ、被安打0、無失点と好投。BBが1つだけでした。

 8回2アウトで降板したのは、ゲレロ・Jr.を迎えたから。エンゼルスはここでライセル・イグレシアスにスイッチ。9回にソロHRで1失点しましたが、リードを守りきり、6-3でエンゼルスが勝利。

 大谷選手に今季7勝目がつきました。

エンゼルス、また5割に戻す

 この勝利でエンゼルスは58勝58敗とし、ふたたび5割の勝率に戻しました。ワイルドカードの2枠目への参入もかなり厳しい状況ですが、90勝くらい目指して頑張ってもらいたいと思います。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
【MLB2022】マーリンズ、「90分ミーティング」後に4連勝!ジャズ・チズム、さらに発奮
【MLB2022】レッドソックス、2カード連続スイープは大谷に阻まれる!LAAは14連敗でストップ
【MLB2022】いつ見ても惚れ惚れするマイケル・コペックの投球!今季はすでに4度の1ヒッター
【MLB2022】ジョシュ・ヘイダーを今季最初に崩したのはフィリーズ!
【MLB2022】エンゼルス、ジョー・マッドン監督を解雇(追記あり)
【MLB2022】マイケル・ワカが3ヒット・シャットアウト!エンゼルス12連敗へ
【MLB2022】”衝撃の一戦”。フィリーズが大逆転勝利でエンゼルスをスイープ! LAAは11連敗へ
【MLB2022】フィリーズ、監督交代後に連勝!好循環へ!エンゼルスは10連敗で悪循環
タイトルとURLをコピーしました