スポンサーリンク

【MLB2023】パドレスがMEXシリーズをスイープ!ダルビッシュ投手は9奪三振

ダルビッシュ投手が中盤に踏ん張り、終盤の逆転を呼ぶ

 前日にHRフェスタとなったこのシリーズのGame1。

 現地2023年4月30日に行われたGame2では、ジャイアンツがアレックス・コブ、パドレスがダルビッシュ投手が先発。ともに実力者同士の顔合わせでどのようなゲーム展開になるか、非常に興味深かったのですが、序盤はアレックス・コブが低めの変化球でパドレス打線を抑え、このままジャイアンツの流れになるか?というところでした。

 しかし、ダルビッシュ投手は点を奪われながらも中盤に流れを食い止める力投を披露。残念ながら、マウンドを降りる時にはリードされていたので、勝ち星は付かなかったものの、この中盤での踏ん張りが終盤の味方打線の集中打を呼び込びました。

【SFG】アレックス・コブ、ゴロを打たせる!

 このゲームは序盤、パドレス打線が非常に苦しみました。前日のHRフェスタで打者の意識がフライにあったせいかどうかはわかりませんが、とにかくアレックス・コブのスプリッターに大苦戦。ボールが上がりませんでした。

 アレックス・コブとすれば自身の持ち味を大いに発揮。シンカーとスプリッターが低めに決まり、ヒットは打たれるものの、要所要所をしっかりと締める素晴らしい投球。

 スプリッターに対応されたのは、2回裏にネルソン・クルーズに打たれた3塁打のみ。5回裏にオースティン・ノラに逆方向に2ランHRを打たれ、さらにフアン・ソトにもタイムリーを打たれ、3失点となりましたが、5イニングを被安打7、失点3、BB 0、SO 7、HR 1と数字以上に安定した投球に見えました。

ダルビッシュ投手は6回、9K

 一方のダルビッシュ投手は、先頭のラモンテ・ウェイド・Jr.に3-1から投じたスライダーをRFスタンドへ放り込まれ1失点。

 2回表にも1アウトからJ.D.デービスにスライダーをRFスタンドに持って行かれて2失点目。

 3回表は2アウトからタイロ・エストラーダとジョク・ピダーソンの2連打を浴びるも、ミッチ・ハニガーの打席でジャイアンツに走塁ミスがあり、このイニングは無失点。

 味方打線がアレックス・コブに苦戦し、あまり良い流れではない中の4回表、先頭のミッチ・ハニガーにインハイの4シームをLFへ大きなHRを打たれて3失点目。さらに、マイケル・コンフォートには二塁打、J.D.デービスにはシングル、マイク・ヤストレムスキーにもシングルを浴びて、2失点目。

 未だアウトが取れずこのまま崩れて行きそうな状況でしたが、ここからがすごかったです。

 ダルビッシュ投手はジョーイ・バートにスライダーと4シームをすべてアウトローに決まて見がし三振。次打者のブレット・ワイズリーにも外中心の配球で空振り三振。最後はラモンテ・ウェイド・Jr.を70.8mphの大きなカーブで空振り三振に仕留め、これ以上の失点を防ぎました。

 5回裏、パドレスは上述のノラの2ランHR、ソトのシングルで3得点を上げ、スコアは3−4。

 6回表のマウンドにも上がったダルビッシュ投手は、マイケル・コンフォート、J.D.デービス、ジョーイ・バートから三振を奪い、中盤をきっちりと締めました。

 ダルビッシュ投手は6イニング、97球を投じて被安打9、失点4、BB 0、DO 9、HR 3という成績でした。

パドレス、8回裏に逆転

 3-4とジャイアンツにリードされて進んだ8回裏、ジャイアンツのマウンドにはタイラー・ロジャースが上がりましたが、1アウト後に、ソトの四球とボガーツのシングルで逆転のランナーの出塁を許してしまいます。

 ここでジャイアンツはカミーロ・ドバルを投入。逃げ切りを図りたいところでしたが、ジェイク・クロネンワースに101.3mphのファストボールをRFへ運ばれ、ソトが生還して4−4のタイ・ゲームに。

 ネルソン・クルーズを打ち取り、2アウトまでこぎつけたものの、マット・カーペンターには、CF前にポトリと落ちる2塁打を許してついにパドレスに逆転を許します。2アウトからの高いフライだったので、ランナーが2人生還してスコアは6−4とパドレスが逆転。

 9回表はジョシュ・ヘイダーが登板し、3人を内野ゴロに仕留めてゲームセット。

 パドレスが6−4で勝利し、メキシコ・シリーズの2試合をスイープしました。

Giants 4, Padres 6 Final Score (04/30/2023) on MLB Gameday
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

ヤストレムスキー、途中交代

 8回裏のマット・カーペンターの当たりにダイビング・キャッチで対応し、惜しくもアウトに出来なかったマイク・ヤストレムスキーはこのプレーで左足のハムストリングスを傷めてと途中交代となりました。復帰まで時間がかかるかもしれません。

 これでパドレスは15勝14敗とし、最初の1ヶ月を貯金1で終えることが出来ました。現時点ではナ・リーグ西地区3位です。

 お読みいただき、ありがとうございました。 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
【MLB2024】ドジャース、パドレスとの海外開幕戦に勝利!大谷選手は5-2、ダルビッシュ投手も好投
【MLBルールチェンジ2024】ピッチクロックの変更、走路、マウンド・ビジット回数に変更あり
【MLB2024FA】ついに決定!ブレイク・スネルはジャイアンツと2年契約
【MLB2024】ナッツのスティーブン・ストラスバーグは未だ40manロスター。今後の動向は?
タイトルとURLをコピーしました