スポンサーリンク

【MLB2020】アリゾナ、テキサス、フロリダで10クラブ3地区制で6月後半開始のプランも登場

第3案の登場

 今後の備忘録目的のために記載しておきたいと思います。すでにご存じの方も多いと思いますが、MLBの2020シーズンの開催に関し、「アリゾナ・プラン」、「アリゾナ&フロリダ・プラン」につづき、第3案の「アリゾナ、テキサス&フロリダ・プラン」というが議論の俎上に上がっていることが判明しました(現地2020年4月28日)。

 ソースはUSA TODAYのボブ・ナンチンゲールさんです。

MLB discussing plan to start season in late June, playing in home stadiums with realigned league

第3案は「アリゾナ・フロリダ」同様のAL/NL撤廃

 今回、ボブ・ナイチンゲールさんがレポートしたMLBが検討している第3案は、「アリゾナ・フロリダ案」同様に伝統的なAL/NLを撤廃して3地区、10チームで編成するという案です。

3地区制

 その3地区とは、東地区、中地区、西地区の3つ。そしてそれぞれにハブを設ける。ハブとは中心というような意味です。東地区はフロリダ州のセント・ピーターズバーグ、中地区はテキサス州のアーリントン、西地区はアリゾナ州のフェニックス。

 セント・ピーターズバーグはレイズのホーム、トロピカーナ・フィールドがあり、アーリントンは、レンジャーズのホーム、グローブライフ・フィールドが、さらにアリゾナのフェニックスはDバックスのホームであるチェイス・フィールドがあります。

 なお、セント・ピーターズバーグの位置ですが、下記のリンクのフロリダの地図のフィリーズのマークを少し下がった半島っぽい場所がそうです。ブルージェイズ、ヤンキースのスプリングトレーニングのロケーションも近いです。この当たり一体はほぼタンパと呼ばれ、ヤンキースファンが多い場所でもあります。レイズは結構、厳しいところに本拠地を置いているのです。やや蛇足でした。

【3地区の振り分け】

 MLBが検討している、「アリゾナ、テキサス&フロリダの案」によると、以下の振り分けが検討されています。

東地区(フロリダ)

  • ヤンキース、メッツ、レッドソックス、ナショナルズ、オリオールズ、フィリーズ、パイレーツ、ブルージェイズ、レイズ、マーリンズ

中地区(テキサス)

  • カブス、ホワイトソックス、ブルワーズ、カージナルス、ロイヤルズ、レッズ、インディアンス、ツインズ、ブレーブス、タイガース

西地区(アリゾナ)

  • ドジャース、エンゼルス、ジャイアンツ、アスレチックス、パドレス、ダイヤモンドバックス、ロッキーズ、レンジャーズ、アストロズ、マリーナーズ

ATLが中、PITが東に 

 この振り分けによると、ブレーブスが中地区、パイレーツが東地区へと振られているのが特徴的です。それぞれ通常の地区とは異なっています。

 そして、テキサスのアーリントンをハブとしているにもかかわらず、テキサス州のレンジャーズとアストロズはアリゾナでのプレーということに。

 3つに分けるとそうなってしまいますね。

開始時期を6月下旬に

 この案によると、開始時期は7月2日よりも早く、6月下旬での開催というスタートの目安も盛り込まれています。

100-110試合

 そして少しでも多くゲームを行いたいMLB側のプランとして100試合から110試合を想定しているとのこと。

PSは新フォーマットの改良版があり得る

 ボブ・ナイチンゲールさんも書いていますが、現地2020年4月30日時点でもこのプランもあくまで他のプランと同様にあくまで候補の一つ。そして詳細がまだ出ていません。出せませんね。

 仮にこの3地区で行われた場合、おそらくMLB側が現地2020年2月10日に提示した新フォーマットが採用されると考えられます(あくまで筆者の推測です)。

 このままいけば、4つの地区が必要なところが、3つの地区しかありませんので、新しいフォーマットの改良版を出すのではないか?とも思います。

CBSの想定

10-team MLB divisions? Here’s how 2020 season played out in simulation of potential realignment

 ちなみにCBSスポーツは早くもシミュレーションを行っています。このポストカードフォーマットはあくまでCBS側が考えたもので、新フォーマットがベースになっています。一つ言えるのはこの3地区制にした場合、この案しかありません。もっとも、限定するものではありませんが、このフォーマットしか盛り上がる方法はないのではないか?と思います。

【CBSが想定したPSプラン】

  • 3地区の上位4クラブがポストシーズンへ。計12クラブが進出。
  • このうち各地区をトップの1位と全体で勝率が4位のトップ4チームが1stラウンド免除
  • 残り8クラブが1ゲームマッチアップでワイルドカード。ワイルドカードは4試合。4クラブが離脱。
  • トップ4とワイルドカード勝利の4クラブの合計8クラブで、以前からやっていた5試合制の地区シリーズのようなものを行い、その勝ち上がりが以前からやっている7試合制のリーグチャンピオンシップシリーズのようなものを行い、最後は7試合制のワールドシリーズへと進むという流れ

 なおCBSのシミュレーションだと、レイズVSドジャースのワールドシリーズとなり、レイズが勝っています。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
【MLB2024】ドジャース、パドレスとの海外開幕戦に勝利!大谷選手は5-2、ダルビッシュ投手も好投
【MLBルールチェンジ2024】ピッチクロックの変更、走路、マウンド・ビジット回数に変更あり
【MLB2024FA】ついに決定!ブレイク・スネルはジャイアンツと2年契約
タイトルとURLをコピーしました