スポンサーリンク

【MLB2019】イチロー選手の出場、菊池投手先発の可能性のある日本開幕戦

3/20-3/21はジャパンオープニング

現地2019年1月4日、今オフ大活躍のマリナーズのディポートGMが2019年の開幕戦について述べました。

「イチローがヘルシーな状態であれば開幕戦の28人のロスターに入れる」と。

これは我々ファンにとっては朗報です。

実現のステップ

さて、イチロー選手が日本開幕戦にグランドに立つにはいくつかのステップを踏む必要があります。

まずは契約を

イチロー選手は2019年1月5日現在、フリーエージェントの状態。よって、いったんはマリナーズとマイナー契約を締結して、スプリングトレーニングの招待選手としてメジャーキャンプに参加というのがもっとも現実的な流れになると思われます。

ヘルシーかどうかとは結果に関しても

そして「ヘルシー」というのは日本へ発つ前に体調面のコンディションが良いというだけではなく、戦える状態かどうかの成績の方も上げて置く必要があります。

スプリングトレーニングでのゲームの状態が内容・結果ともによろしくない状態であれば、日本へのロスターから外れることもあり得るということです。

マリナーズにとってイチロー選手は特別な選手には違いないけれど、決して「どうぞどうぞゲームに出てください」というような状態ではないという、とてもフェアな考え方でもあると思います。

よってゲームに出たとなると、きちんとやるべきことを果たしてグランドに立っているというイチロー選手の矜持も満たした状態でのアットバットとなるでしょう。

なお、本来は25人枠ですが、こういった海外遠征などの場合は不測の事態もあるので、枠が増えます。

今のところ、外野は?

本日現在のプランとしては、ミッチ・ハニガー(Mitch Haniger )がライト、マレックス・スミス(Mallex Smith)がセンター、ドミンゴ・サンタナ(Domingo Santana )がレフト。

ジェイ・ブルース(Jay Bruce)をレフトで使うか、DHで使うか、1Bで使うか思案中といったところです。

よってハードルは決して低くないというのがおわかりいただけると思います。

イチロー選手はこの開幕を引退の花道にする気はさらさらなく、日本開幕後もロスターに残るべく準備をしていると嬉しい報道をしているメディアもあります。

Ichiro Suzuki Preparing To Play For Mariners In 2019 -- And Not Just For A Series In Japan
The ageless outfielder is expected to be there when Seattle opens the season against the Oakland A's at the Tokyo Dome in March. What happens after that is up i...

菊池投手の先発も視野

マリナーズは菊池投手を日本オープニングでの先発に起用する考えもあるようです。うまく行けばそれが一番きれいなデビュー戦ですね。

他の日本人投手の初登板は?

ちなみに他の日本人投手のデビュー戦はどうだったかというと、ダルビッシュ投手は2012年4月6日開幕で2カード目初戦の4月9日が初登板。

大谷投手は2018年3月29日開幕で投手としては4戦目の4月1日が初登板。カードは開幕と同一のアスレチックス。

松坂投手は2007年4月2日開幕で3戦目の4月5日が初登板。

松坂投手と大谷投手は開幕1カード目のシリーズでの登板でした。

可能性としては十分にあり得ると思います。

スプリングトレーニングでの調整

3月後半はスプリングトレーニングで結果が出なくて苦しんでいる時期かもしれませんが、とにかく早すぎる開幕に合わせておかしくなるよりは、まずは焦らずに取り組んでもらいたいと思います。その上で日本開幕に間に合えばいいなと思います。

スプリングトレーニングではいろいろ出てくると思います。しっくりこない変化球が1つあるだけでプロの投手は最適化している分、全部が狂ってしまう可能性もあります。

それが多分スプリングトレーニングでは出るでしょう。むしろ、出た方が大谷投手の時のように健全な過程かもしれません。

とにかく焦らずにやって欲しいと思います。

その開幕のチケットの情報が一部出ておりますので、ご紹介したいと思います。

2019 MLB 日本開幕チケット情報

日程は以下の通りです。プレ・ゲームも入れてチャンスは4日、6試合。例年より10日前後早い開幕なので、プレ・オープニングのゲームでも調整のためにほぼスタメンが顔を出すと思われます。

<2019 MLBプレ・オープニング>

17日、18日で昼、夜の2試合でエキシビジョン・マッチ。今年は日本ハムなんですね。大谷選手の影響でしょうか。

  • 3/17(日) 12:00 プレーボール 巨人 vs マリナーズ
  • 3/17(日)19:00プレーボール 日本ハム vsアスレチックス
  • 3/18(月) 12:00プレーボール 日本ハム vs アスレチックス
  • 3/18(月) 19:00プレーボール 巨人 vsマリナーズ

<2019 MLB オープニング・ゲーム>

2019年レギュラーシーズンの開幕ゲームです。

  • 3/20(水)18:30プレーボール アスレチックス vs マリナーズ
  • 3/21(木・祝)18:30プレーボール アスレチックス vsマリナーズ

チケット予約

観戦チケット最速先行抽選1月12日(土)12:00よりスタートです。先行予約期間は2019/1/12(土)12:00~2019/1/15(火)12:00まで

先行抽選みたいですが、ローチケのこれが今のところ一番早いと思います。

https://l-tike.com/sports/feature/majorleaguebaseball/18122600/

ローチケ内では、ローチケHMVプレミアムが最速の受付となるので、是が非でもゲットしたい方は、まずはローチケHMVプレミアム(有料)のご登録を。

https://l-tike.com/lhp/premium/

とありますので、まずはプレミアム登録をする必要があるようです。どうしても良い席で!となればその価値はあるかと思います。席にこだわりがなければ通常販売になった時点でのご購入でいいと思います。

「2019 MGM MLB 開幕戦」「2019 MGM MLB 開幕戦 プレシーズンゲーム」|スポーツのチケット ローチケ[ローソンチケット]
「2019 MGM MLB 開幕戦」「2019 MGM MLB 開幕戦 プレシーズンゲーム」 | チケット情報・販売・予約は、ローチケ。 コンサート、スポーツ、演劇、クラシック、イベント、レジャー、映画などのチケット情報や ここにしか無いエンタメニュースやインタビュー、レポートなど満載。

プレミアム登録の価格

月に500円、年間で4,980円。

割り切って500円の月会費を価格に上乗せするような発想で抑えるのも一つかもしれません。ライブなどまめに行く方はよいかと思いますが、そうでなければ一時だけ入るのも一つの手かもしれません。

シートの価格

まだ金額も明らかになっておりません。プレミアムシートなどMLB並みの差別化を図っているようですから、外野でも3,000円から5,000円くらいするかもしれませんね。ざっとですが、内野のショートの真横くらいの位置でも20,000円ほどするのではないか?と思います。あくまでも筆者の予測です。

また情報がありましたらアップしておきます。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
タイトルとURLをコピーしました