スポンサーリンク

【MLB2020】”一流のポテンシャル” マット・マニングもデビュー予定!タイガースの超強烈な3人の先発プロスペクト(その2)

マット・マニングも2020ETA

 デトロイト・タイガースの強烈なプロスペクトを紹介する第二弾はマット・マニング(Matt Manning)です。

 マット・マニングのETA(Estimated Time Arrival=メジャーデビュー)は、第一弾として紹介させていただいたケイシー・マイズよりも早いかもしれません。ケイシー・マイズの場合、2019年に肩の故障がありましたから、このコロナ渦で肩を休めたとはいえ、やはりデビュー時期はより慎重に決断すると思います。

マット・マニングとは

 マット・マニングは1998年1月28日生まれ。現地2020年6月1日時点で22才です。

 カリフォルニア州のシェルドンハイスクール出身で、高卒時の2016年にタイガース1巡目指名を受けてプロ入り。全体順位9位です。

父は元NBAプレーヤー

 マット・マニングの父は元NBAプレーヤーのリッチ・マニング(Rich Manning)。1995-96シーズンと1996-97シーズンに出場。バスケットの場合、そもそも出場選手が少ないので2シーズンとは言え、ゲームに出ていたこと自体がすごいことだと思います。バンクーバー・グリズリーズとLAクリッパーズに所属していました。

 お父さんのリッチ・マニングは下記の動画の2:54から見られます。

アスリート力が高い→高校からのピッチングで全体9位! 

 お父さんのアスリートとしての遺伝子を受け継いだマット・マニングは非常にアスリート力が高いです。

 高校時代から何でもできたようで、タイガースが指名しなければ、進学が決まっていたロヨラ・メリーマウント大学(カリフォルニア州ロサンゼルス)で野球と他のスポーツの2刀流になっていたかもしれないと目されたほど。

 そしてなんとピッチングを始めたのは高校から!それなのに大学生も含めた全米のドラフトで全体9位で指名を受けたのです。彼がどれだけすごい才能を持っているのか、そのポテンシャルに驚くばかりです。

 なおマニングという名字ですが、NFLのペイトンやイーライ・マニングらとは血縁はないです。

 何より恵まれた体格。身長は6フィート6インチ(198cm)でほぼ2mのようなものですね。マウンドでの立ち姿も非常に威圧感があります。

 そのマニングは天性のセンスも兼ね備え、タイガースのファームシステムで順調に成長。タイガースも大事に育てました。

タイガースが計画的に育成 

 マット・マニングのこれまでのキャリアについて記載したいと思います。ご覧のような順序で順調に成長。

  • 2016: ルーキーリーグ
  • 2017: シングルA-→シングルA
  • 2018:シングルA →シングルA+→ダブルA
  • 2019:ダブルA 

 ドラフト・イヤーの2016年はルーキーリーグで0勝2敗、ERA 3.99。しかしながら、SO 9が14.1、BB 9は2.1を記録。まずは素質を試すという段階だったと思いますが、もうコントロールがよかったです。

 本格的なシーズンとなった2017年はシングルA-からシングルAに所属。計14スタート、51.1イニングを投げ、SO9が10.9、BB 9が4.4。

 高校から投手を始めたというマニングにタイガースはイニング制限をかけ、肩肘の過度な負担を避け、プロの投手としてやっていける基礎体力をつけさせました。

 2018年にはダブルAにも昇格。この年は3つのレベルで100イニング超えを果たしました。年間を通してやり抜く力をここでつけたと思います。22スタートで117.2イニング、7勝8敗、ERA 3.29。奪三振は154。SO9が11.8、BB 9が3.9。このうちダブルAでは2スタート、10.2イニング、0勝1敗、ERA 4.22。

 フューチャー・ゲームにも出場しました。

2019: マイナーの”Pitcher of the Year”を受賞

2019年はダブルAで1年を過ごしました。計24スタート、133.2イニングを投げ、11勝5敗、ERA 2.56を記録。奪三振は148。SO9が10.0、BB 9が2.6。

 この年、イースタン・リーグの”Pitcher of the Year”に輝きました。

 イースタン・リーグとはメジャーの東地区、中地区傘下のダブルAレベル(西地区のロッキーズのダブルAもここに入っています)の12チームが参加。6チームずつ東西に分かれて年間140試合近くをこなすリーグです。

変化球ではカーブに定評 

 マウンドの立ち姿は非常に美しく、ザック・ウィーラーを彷彿とさせます。高い身長の場合、畳み込むようなフォームになりがちですが、マット・マニングのメカニクスは非常に綺麗です。多少沈み込むところもありますが、コントロールの良さと球持ちの良さにつながっていると思います。決して角度を失った沈み込みではありません。

 ファストボールは92から95 mph。MAXで97mphを計測したことも。またセンスの良さを伺わせるのは、変化球としてカーブの評価が高いというところです。スピンがよく効き、落差があります。カーブはやはり難しいボールですから、それをこなしているというのはさすがと言わざるを得ません。

2019年はチェンジアップも取得

 また、2019年はチェンジアップもマスター。これがピッチングの幅を広げ、”Pitcher of the Year”を獲得した要因だっとも言えます。

 マニングはプロ入り後、浅い投手経験を補うため、コントロール、ファストボールを磨くため、メカニックを研究。プロ入り3年でマイナーの投手の最高の賞に選ばれるほど、結果も出しています。

 タイガースのベースボール・オペレーションは、彼の年齢、運動能力、さらなる肉体的なビルドアップを考慮すると、ますます伸びると信じているようです。  マニングのデビューを急がせる必要はありませんが、2020年ETAは間違いないところでうす。一流の投手のもつべきものをすべて兼ね備えた投手、それがマット・マニングです。

Z・ウィラー+N・シンダーガード

 マット・マニングですが、その立ち居振る舞いはザック・ウィーラーのようでもあります。そしてメカニクスはノア・シンダーガードのように上から下に叩く要素もあり、しなやかさと強さをもつイメージがあります。

 ぜひとも上での投球を見たいです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. […] 引用元:Wikipedia, MLB4Journal […]

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
タイトルとURLをコピーしました