スポンサーリンク

OAK、PHIで活躍したジェレミー・ジアンビが47才で亡くなる(追記あり)

2000年前半に活躍

 現地2022年2月9日、アスレチックスなどで活躍したジェレミー・ジアンビ(Jeremy Giambi)が亡くなりました。47才の若さ。

 ジェレミー・ジアンビはジェイソン・ジアンビの弟で、2000年前半に活躍した左投げ左打ちのOF、DH、1Bを守っていた選手です。

プライバシーを尊重

 ジェレミー・ジアンビが亡くなったことを公表したのはエージェントのジョエル・ウルフ。

 AP通信によると、9日午前11時30分ごろ、通報を受けた警官が、ロサンゼルス東部のクレアモントにあるジェレミー・ジアンビの両親の家に急行。すでに亡くなっているのを確認したとのことです。ロサンゼルス郡検視局が死因を特定するとのことでしたが、エージェントのジェエル・ウルフは、遺族からプライバシーを尊重してもらいたいとの要望を受けたとのことで、詳細は明らかになっていません。

追記(現地2022年2月11日)

 現地2022年2月11日、ロサンゼルス郡検視官事務所がジェレミー・ジアンビの死因を公表しました。ガンショットによる自殺ということです。

 自殺に至った原因はさすがにプライバーかと思いますが、自殺はなんとか思いとどまっていただきたかったです。お悔やみ申し上げます。

ジェレミー・ジアンビとは

 ジェレミー・ジアンビは、1974年9月30日生まれの47才。1995年のドラフトでタイガースから44巡目指名を受けるも拒否して大学に残り、翌年の1996年、ロイヤルズから6巡目指名を受けてプロ入り。

 デビューは2年後の1998年で、23才の時でした。

 ロイヤルズで2シーズンを過ごした後、2000年2月にアスレチックスにトレード。アスレチックスには2年半在籍し、2002年にはフィリーズへ移籍。2003年にレッドソックスで1シーズンを過ごし、これがメジャーでの最後のシーズンとなりました。

 2001年、2002年(OAK&PHI)にそれぞれ124試合に出場。打率が良かったのは2001年で371-105で.283をマーク。また、2002年には20HRをマーク(OAKで8HR、PHIで12HR)。

 メジャー・ファイナル・イヤーとなった2003年のレッドソックスでは、打率.197と苦しみました。

 通算成績は、メジャー6シーズン、510試合で打率.263、52本塁打、209RBI。

ジーターのスーパー・バックアップでHRでアウト

 ジェレミー・ジアンビで有名なシーンは盛りたて役となってしまったプレーで恐縮なのですが、やはりジーターのスーパー・バックアップ。この時、本塁でアウトになったのがジェレミー・ジアンビでした。

 筆者はこのプレーを見た時、「なんでそこに!」と驚いたものです。大好きなプレーのうちの1つです。

 ただ、NPBの現役、引退も含めたSS経験者が見た時、このプレーにクエスチョン・マークをつけた人が多かったのは、意外でもありました。もっともこのシーンだけで判断せざるを得なかったので、流れや選手の特徴などインプットすべき要素がわからないのは前提ではありましたが。また、次打者のスライディングの指示がなかったのではという指摘もありました。

左の強打者 

 ジェレミー・ジアンビは2002年にアスレチックスとフィリーズで20HRを放っているように強打の左打者でもありました。HRは豪快でしたね。

Peds使用も正直に告白

 2005年3月、ジェレミー・ジアンビはカンザスシティ・スター紙に、現役時代にステロイドを服用していたと告白。自ら告白をした最初の有名なメジャーリーガーのひとりとなったこともありました。また、その前の2003年12月にBALCO訴訟というのがありました。BALCOとは”The Bay Area Laboratory Co-operative のことで、カリフォルニアのベイ・エリアでプロアスリートにPedsを供給していた団体のことで、スキャンダルとして裁判が行われていたのです。そこで兄の ジェイソン・ジアンビとともに連邦大陪審に対してPedsの服用を認めた証言をしたことが記録として残っています。なお、兄のジェイソン・ジアンビは2014年までプレーしました。

 47才の若さで亡くなったジェレミー・ジアンビ。プロでは兄ほど活躍できませんでしたが、大学時代はカリフォルニア州立大学フラートン校でカレッジワールドシリーズを2連覇しています(1994/95)。

 RIP、安らかに。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
【MLB契約2022】ロッキーズ、カイル・フリーランドと5年/64.5Mドルで契約延長
タイトルとURLをコピーしました