スポンサーリンク

OAK、PHIで活躍したジェレミー・ジアンビが47才で亡くなる(追記あり)

2000年前半に活躍

 現地2022年2月9日、アスレチックスなどで活躍したジェレミー・ジアンビ(Jeremy Giambi)が亡くなりました。47才の若さ。

 ジェレミー・ジアンビはジェイソン・ジアンビの弟で、2000年前半に活躍した左投げ左打ちのOF、DH、1Bを守っていた選手です。

プライバシーを尊重

 ジェレミー・ジアンビが亡くなったことを公表したのはエージェントのジョエル・ウルフ。

 AP通信によると、9日午前11時30分ごろ、通報を受けた警官が、ロサンゼルス東部のクレアモントにあるジェレミー・ジアンビの両親の家に急行。すでに亡くなっているのを確認したとのことです。ロサンゼルス郡検視局が死因を特定するとのことでしたが、エージェントのジェエル・ウルフは、遺族からプライバシーを尊重してもらいたいとの要望を受けたとのことで、詳細は明らかになっていません。

追記(現地2022年2月11日)

 現地2022年2月11日、ロサンゼルス郡検視官事務所がジェレミー・ジアンビの死因を公表しました。ガンショットによる自殺ということです。

 自殺に至った原因はさすがにプライバーかと思いますが、自殺はなんとか思いとどまっていただきたかったです。お悔やみ申し上げます。

ジェレミー・ジアンビとは

 ジェレミー・ジアンビは、1974年9月30日生まれの47才。1995年のドラフトでタイガースから44巡目指名を受けるも拒否して大学に残り、翌年の1996年、ロイヤルズから6巡目指名を受けてプロ入り。

 デビューは2年後の1998年で、23才の時でした。

 ロイヤルズで2シーズンを過ごした後、2000年2月にアスレチックスにトレード。アスレチックスには2年半在籍し、2002年にはフィリーズへ移籍。2003年にレッドソックスで1シーズンを過ごし、これがメジャーでの最後のシーズンとなりました。

 2001年、2002年(OAK&PHI)にそれぞれ124試合に出場。打率が良かったのは2001年で371-105で.283をマーク。また、2002年には20HRをマーク(OAKで8HR、PHIで12HR)。

 メジャー・ファイナル・イヤーとなった2003年のレッドソックスでは、打率.197と苦しみました。

 通算成績は、メジャー6シーズン、510試合で打率.263、52本塁打、209RBI。

ジーターのスーパー・バックアップでHRでアウト

 ジェレミー・ジアンビで有名なシーンは盛りたて役となってしまったプレーで恐縮なのですが、やはりジーターのスーパー・バックアップ。この時、本塁でアウトになったのがジェレミー・ジアンビでした。

 筆者はこのプレーを見た時、「なんでそこに!」と驚いたものです。大好きなプレーのうちの1つです。

 ただ、NPBの現役、引退も含めたSS経験者が見た時、このプレーにクエスチョン・マークをつけた人が多かったのは、意外でもありました。もっともこのシーンだけで判断せざるを得なかったので、流れや選手の特徴などインプットすべき要素がわからないのは前提ではありましたが。また、次打者のスライディングの指示がなかったのではという指摘もありました。

左の強打者 

 ジェレミー・ジアンビは2002年にアスレチックスとフィリーズで20HRを放っているように強打の左打者でもありました。HRは豪快でしたね。

Peds使用も正直に告白

 2005年3月、ジェレミー・ジアンビはカンザスシティ・スター紙に、現役時代にステロイドを服用していたと告白。自ら告白をした最初の有名なメジャーリーガーのひとりとなったこともありました。また、その前の2003年12月にBALCO訴訟というのがありました。BALCOとは”The Bay Area Laboratory Co-operative のことで、カリフォルニアのベイ・エリアでプロアスリートにPedsを供給していた団体のことで、スキャンダルとして裁判が行われていたのです。そこで兄の ジェイソン・ジアンビとともに連邦大陪審に対してPedsの服用を認めた証言をしたことが記録として残っています。なお、兄のジェイソン・ジアンビは2014年までプレーしました。

 47才の若さで亡くなったジェレミー・ジアンビ。プロでは兄ほど活躍できませんでしたが、大学時代はカリフォルニア州立大学フラートン校でカレッジワールドシリーズを2連覇しています(1994/95)。

 RIP、安らかに。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!(追記あり)
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
タイトルとURLをコピーしました