スポンサーリンク

【MLB強粘着剤】マックス・シャーザー、セルジオ・ロモがフィールドでベルトを外す

2日目にして大荒れの事例

 現地2021年6月22日、MLBのForeign Substance(強粘着の異物)チェックが2日目を迎えましたが、2日目にして荒れた事例も出てきました。

 これは1巡するまでは色々とあると思いますね。

 荒れたのはナショナルズのマックス・シャーザーとアスレチックスのセルジオ・ロモに対するチェック。

気持ちよくが原則だと思うが

 前日の記事で、下記のように書かせていただいたのですが、その懸案点が出たというケースでした。

デグロムとアンパイア陣は非常によい空気感でチェックを実施していてよかったと思います。もしも審判が罪人にでも接するかのような厳しい視線と態度で投手に接していたら、相当気分が悪いでしょうし、一触即発になりそうです。

やるなら大人の対応で投手に接してほしいですね。

MLB2021】強粘着剤の使用チェックの初日の模様

マックス・シャーザーの場合

 サイ・ヤング賞を3度受賞(2013、2016、2017)、2位が1度(2018)、3位も1度(2019)という現役投手の中でのレジェンドのナショナルズのマックス・シャーザーが、現地2021年6月22日のフィリーズ戦に登板。ザック・ウィーラーとの投げ合いでそちらにフォーカスしたかったのですが、強粘着の異物のチェックでこの素晴らしい顔合わせがふっとんでしまいました。

シャーザーには3度実施

 1度目は1回裏の登板を終えた攻守交代時での実施。これは前日同様、まずはチェックを必須としているので、実施されたというもの。これは「仕方ないな」という感じで受容したマックス・シャーザー。

 チェックはアットランダムということでしょうが、3回裏の投球を終えてからも、実施されました。この時は、ベンチに帰りかけたタイミング。こちらもしっかりと対応したシャーザー。もうチェックはないというタイミングでの実施なので、ある意味このタイミングでのチェックも制度上は致し方ないという向きでもありました。

3度目はイニング途中

 特別だったのは、3度めがあったことと、それが相手フィリーズからのクレームであったことと、イニングの途中での実施になったという点。

 3度めは4イニング目で1アウトを奪った後。フィリーズ監督のジョー・ジラルディがチェックを入れてくれとアンパイアにクレームを入れました。

 ゲーム後、クレームを入れた理由としてジョー・ジラルディは、「このイニングのマックス・シャーザーはしきりにキャップのバイザーに指をかけ怪しい動きをしていたからだ」と述べました。

 そしてイニング途中にチェックを実施されたマックス・シャーザー。”I got nothing”を連呼。ベルトまで外してパンツまで下げようかという勢いで応じました。

 さすがにこれは気分が悪かったと思います。ましてや、シャーザーの場合は特に髪につけるわけもなく(これはお察しください)。「これは汗なんだよ」とキャップを取って全てを晒すようにフィリーズ・ベンチにもアピールしました。

 そして次のイニング、5回裏を抑えたシャーザー。この日はこれで降板となったのですが、ベンチへの帰り際に、ジョー・ジラルディを睨みつけながら、下がりました。

 これにキレたジョー・ジラルディ。シャーザーに食ってかかりますが、シャーザーはベンチにおいても、グラブとキャップを外し、「そら、何にもないだろう」と挑発。

 互いにぶつかり合いましたが、しっかり対応したシャーザーの方が上手だったと思います。

セルジオ・ロモの場合

アスレチックスはレンジャーズとの対戦で、序盤3回までに9点をリード。結果は13-6で勝利したのですが、セルジオ・ロモは7回裏に登板。イーライ・ホワイトにHRを打たれ、1失点となったのですが、その降板時にチェックを受けました。ロモは全部調べろと言わんばかりにパンツまで下げました。個人的にはキャップとベルトを投げ捨てのが面白かったのですが、さすがにこれは審判にも失礼かなとは思いつつも笑えました。

 ロモの場合は、降板時の1度だけです。

シャーザー、勝利投手 

 なお、3−2のスコアで勝利したナショナルズ。マックス・シャーザーに今季6勝目がつきました。ザック・ウィーラーは3イニングで被安打6、失点3と今季初めてというくらいに乱れました。

 さて、そのゲーム翌日。現地2021年6月23日の模様ですが、ハーパーの髪をチェックしろとふざけるシャーザーの姿がありました。

 もう笑いに変えていますので、大丈夫そうですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
【MLB 2022】Dバックスのザック・ギャレン、スコアレス・イニングを”41.1″に伸ばす!(追記:44.1でストップ)
【MLB 2022】大谷選手、12勝目ならずもイニング・ピッチ・クリアーでERAランクAL5位へ
【MLB 2022】「惜しい!」ディラン・シーズ、あとアウト1つで”NO-NO”を逃す!
【MLB 2022】ブライアン・ベイヨーがメジャー初勝利!そしてトリストン・カサスの昇格とタナー・ハウクの状況
タイトルとURLをコピーしました