スポンサーリンク

【MLB強粘着剤】マックス・シャーザー、セルジオ・ロモがフィールドでベルトを外す

2日目にして大荒れの事例

 現地2021年6月22日、MLBのForeign Substance(強粘着の異物)チェックが2日目を迎えましたが、2日目にして荒れた事例も出てきました。

 これは1巡するまでは色々とあると思いますね。

 荒れたのはナショナルズのマックス・シャーザーとアスレチックスのセルジオ・ロモに対するチェック。

気持ちよくが原則だと思うが

 前日の記事で、下記のように書かせていただいたのですが、その懸案点が出たというケースでした。

デグロムとアンパイア陣は非常によい空気感でチェックを実施していてよかったと思います。もしも審判が罪人にでも接するかのような厳しい視線と態度で投手に接していたら、相当気分が悪いでしょうし、一触即発になりそうです。

やるなら大人の対応で投手に接してほしいですね。

MLB2021】強粘着剤の使用チェックの初日の模様

マックス・シャーザーの場合

 サイ・ヤング賞を3度受賞(2013、2016、2017)、2位が1度(2018)、3位も1度(2019)という現役投手の中でのレジェンドのナショナルズのマックス・シャーザーが、現地2021年6月22日のフィリーズ戦に登板。ザック・ウィーラーとの投げ合いでそちらにフォーカスしたかったのですが、強粘着の異物のチェックでこの素晴らしい顔合わせがふっとんでしまいました。

シャーザーには3度実施

 1度目は1回裏の登板を終えた攻守交代時での実施。これは前日同様、まずはチェックを必須としているので、実施されたというもの。これは「仕方ないな」という感じで受容したマックス・シャーザー。

 チェックはアットランダムということでしょうが、3回裏の投球を終えてからも、実施されました。この時は、ベンチに帰りかけたタイミング。こちらもしっかりと対応したシャーザー。もうチェックはないというタイミングでの実施なので、ある意味このタイミングでのチェックも制度上は致し方ないという向きでもありました。

3度目はイニング途中

 特別だったのは、3度めがあったことと、それが相手フィリーズからのクレームであったことと、イニングの途中での実施になったという点。

 3度めは4イニング目で1アウトを奪った後。フィリーズ監督のジョー・ジラルディがチェックを入れてくれとアンパイアにクレームを入れました。

 ゲーム後、クレームを入れた理由としてジョー・ジラルディは、「このイニングのマックス・シャーザーはしきりにキャップのバイザーに指をかけ怪しい動きをしていたからだ」と述べました。

 そしてイニング途中にチェックを実施されたマックス・シャーザー。”I got nothing”を連呼。ベルトまで外してパンツまで下げようかという勢いで応じました。

 さすがにこれは気分が悪かったと思います。ましてや、シャーザーの場合は特に髪につけるわけもなく(これはお察しください)。「これは汗なんだよ」とキャップを取って全てを晒すようにフィリーズ・ベンチにもアピールしました。

 そして次のイニング、5回裏を抑えたシャーザー。この日はこれで降板となったのですが、ベンチへの帰り際に、ジョー・ジラルディを睨みつけながら、下がりました。

 これにキレたジョー・ジラルディ。シャーザーに食ってかかりますが、シャーザーはベンチにおいても、グラブとキャップを外し、「そら、何にもないだろう」と挑発。

 互いにぶつかり合いましたが、しっかり対応したシャーザーの方が上手だったと思います。

セルジオ・ロモの場合

アスレチックスはレンジャーズとの対戦で、序盤3回までに9点をリード。結果は13-6で勝利したのですが、セルジオ・ロモは7回裏に登板。イーライ・ホワイトにHRを打たれ、1失点となったのですが、その降板時にチェックを受けました。ロモは全部調べろと言わんばかりにパンツまで下げました。個人的にはキャップとベルトを投げ捨てのが面白かったのですが、さすがにこれは審判にも失礼かなとは思いつつも笑えました。

 ロモの場合は、降板時の1度だけです。

シャーザー、勝利投手 

 なお、3−2のスコアで勝利したナショナルズ。マックス・シャーザーに今季6勝目がつきました。ザック・ウィーラーは3イニングで被安打6、失点3と今季初めてというくらいに乱れました。

 さて、そのゲーム翌日。現地2021年6月23日の模様ですが、ハーパーの髪をチェックしろとふざけるシャーザーの姿がありました。

 もう笑いに変えていますので、大丈夫そうですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】好ゲームのMIL@SDP戦!ダルビッシュ投手の熱投とコルテン・ウォンのスーパープレー!
【MLB2022】DFAから一転、2HR!メジャー復帰のアリティディス・アキーノが爆発の予感
【MLB2022】フレディー・ペラルタが右肩のハリでIL入り!
【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました