スポンサーリンク

【MLB強粘着剤】マックス・シャーザー、セルジオ・ロモがフィールドでベルトを外す

MLB制度

2日目にして大荒れの事例

 現地2021年6月22日、MLBのForeign Substance(強粘着の異物)チェックが2日目を迎えましたが、2日目にして荒れた事例も出てきました。

 これは1巡するまでは色々とあると思いますね。

 荒れたのはナショナルズのマックス・シャーザーとアスレチックスのセルジオ・ロモに対するチェック。

気持ちよくが原則だと思うが

 前日の記事で、下記のように書かせていただいたのですが、その懸案点が出たというケースでした。

デグロムとアンパイア陣は非常によい空気感でチェックを実施していてよかったと思います。もしも審判が罪人にでも接するかのような厳しい視線と態度で投手に接していたら、相当気分が悪いでしょうし、一触即発になりそうです。

やるなら大人の対応で投手に接してほしいですね。

MLB2021】強粘着剤の使用チェックの初日の模様

マックス・シャーザーの場合

 サイ・ヤング賞を3度受賞(2013、2016、2017)、2位が1度(2018)、3位も1度(2019)という現役投手の中でのレジェンドのナショナルズのマックス・シャーザーが、現地2021年6月22日のフィリーズ戦に登板。ザック・ウィーラーとの投げ合いでそちらにフォーカスしたかったのですが、強粘着の異物のチェックでこの素晴らしい顔合わせがふっとんでしまいました。

シャーザーには3度実施

 1度目は1回裏の登板を終えた攻守交代時での実施。これは前日同様、まずはチェックを必須としているので、実施されたというもの。これは「仕方ないな」という感じで受容したマックス・シャーザー。

 チェックはアットランダムということでしょうが、3回裏の投球を終えてからも、実施されました。この時は、ベンチに帰りかけたタイミング。こちらもしっかりと対応したシャーザー。もうチェックはないというタイミングでの実施なので、ある意味このタイミングでのチェックも制度上は致し方ないという向きでもありました。

3度目はイニング途中

 特別だったのは、3度めがあったことと、それが相手フィリーズからのクレームであったことと、イニングの途中での実施になったという点。

 3度めは4イニング目で1アウトを奪った後。フィリーズ監督のジョー・ジラルディがチェックを入れてくれとアンパイアにクレームを入れました。

 ゲーム後、クレームを入れた理由としてジョー・ジラルディは、「このイニングのマックス・シャーザーはしきりにキャップのバイザーに指をかけ怪しい動きをしていたからだ」と述べました。

 そしてイニング途中にチェックを実施されたマックス・シャーザー。”I got nothing”を連呼。ベルトまで外してパンツまで下げようかという勢いで応じました。

 さすがにこれは気分が悪かったと思います。ましてや、シャーザーの場合は特に髪につけるわけもなく(これはお察しください)。「これは汗なんだよ」とキャップを取って全てを晒すようにフィリーズ・ベンチにもアピールしました。

 そして次のイニング、5回裏を抑えたシャーザー。この日はこれで降板となったのですが、ベンチへの帰り際に、ジョー・ジラルディを睨みつけながら、下がりました。

 これにキレたジョー・ジラルディ。シャーザーに食ってかかりますが、シャーザーはベンチにおいても、グラブとキャップを外し、「そら、何にもないだろう」と挑発。

 互いにぶつかり合いましたが、しっかり対応したシャーザーの方が上手だったと思います。

セルジオ・ロモの場合

アスレチックスはレンジャーズとの対戦で、序盤3回までに9点をリード。結果は13-6で勝利したのですが、セルジオ・ロモは7回裏に登板。イーライ・ホワイトにHRを打たれ、1失点となったのですが、その降板時にチェックを受けました。ロモは全部調べろと言わんばかりにパンツまで下げました。個人的にはキャップとベルトを投げ捨てのが面白かったのですが、さすがにこれは審判にも失礼かなとは思いつつも笑えました。

 ロモの場合は、降板時の1度だけです。

シャーザー、勝利投手 

 なお、3−2のスコアで勝利したナショナルズ。マックス・シャーザーに今季6勝目がつきました。ザック・ウィーラーは3イニングで被安打6、失点3と今季初めてというくらいに乱れました。

 さて、そのゲーム翌日。現地2021年6月23日の模様ですが、ハーパーの髪をチェックしろとふざけるシャーザーの姿がありました。

 もう笑いに変えていますので、大丈夫そうですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLBトレード2021】ハビアー・バイエスはトレバー・ウィリアムスとともにメッツへ
【MLBトレード2021】クリス・ブライアントはジャイアンツへ
【MLBトレード2021】マックス・シャーザーとトレイ・ターナーがドジャースへ!
【MLBトレード2021】ヤンキース、ジョーイ・ギャロを獲得!
【MLBトレード2021】マリナーズ、左腕のタイラー・アンダーソンを獲得
 【MLBトレード2021】ケンダール・グレイブマンがアストロズへ
【MLB2021】大谷選手が5勝目!全てやってのけ、最後が100mphピッチ(追記あり)
【MLBトレード2021】アスレチックス、カブスから左腕のアンドリュー・チェイフィンを獲得
【MLB2021】大谷選手が35号!98試合目で早くも区切りの数字
【MLBトレード2021】パドレスが注目のアダム・フレイジャーを獲得
【MLB2021】エンゼルスのパトリック・サンドバルが9回1アウトまでNO-NO!
【MLB2021】ラファエル・デバース、24才の若さでキャリア100HR
【東京五輪2021】ドミニカ共和国のロスターと野球のスケジュール
【MLB2021】出ずっぱりの大谷選手、スタメン回避へ ! 今季3試合目のOFF
【MLBトレード2021】これはサプライズ!メッツが左腕のリッチ・ヒルを獲得
【MLB】インディアンスの新ニックネームはGuardians(ガーディアンズ)に決定
【MLBトレード2021】レイズがツインズからネルソン・クルーズをトレードで獲得!ポストシーズンにロックオン!
【MLB2021】ヤーミン・メルセデスが引退騒動!その真意とは?(追記あり)
【MLBリハビリ】クリス・セール、復帰へ大きな一歩!マイク・トラウトはベースランニング開始
【MLB2021】大谷選手、今季最高の投球!A’sはビューティフル・リレーで流れを阻止し、後半に逆転
タイトルとURLをコピーしました