スポンサーリンク

【MLB2021】”良い話!”復活のダニエル・バード、調停を避けて相場より高いサラリーでサインへ

MLBいい話

2020年の良い話のうちの1つへ

 現地2020年12月15日、コロラド・ロッキーズは今季復活を果たしたダニエル・バード(Daniel Bard )と調停を避けてサインしました。

 2020年はショートシーズンとなり、メジャー・リーグにとって苦難の年となりましたが、その中であり得ないことを果たしたダニエル・バードとロッキーズに拍手を送りたい気分です!

相場より高い額でサイン

 ダニエル・バードとロッキーズは1年$2.95M(2021)でサイン。プロジェクティッド・サラリー(見込まれるサラリー額)が$1.2Mから$2.2Mのレンジ(範囲)と言われていましたが、蓋を開ければそれを大幅に上回る$2.95Mという額でサイン。

 2020年のサラリーはメジャー最低年俸でしたから、大幅増となりました。ちなみに2020年のメジャー最低年俸はフルアマウントで$0.563M。そこからプロレーティッド(日割り)で60試合分に減額されるということになりましたから、$0.208704M。日本円でざっと2100万円というところでした。

7年の時を経て調停のステータス

 ダニエル・バードは2013年4月27日を最後にMLBのマウンドから遠ざかり、2020年、実に7年超の時を経てメジャー復活を果たしました。

 デビューした2009年から2013年までレッドソックスでトータルで5シーズンを過ごしましたが、稼働したシーズンは2010年から2011年の2シーズンのみ。2009年、2012年、2013年はロスターから外れていた時期がありました。正確な数字はわかりませんが、2013年の最後の登板を果たした時点でMLSが3を超えたところだったはずです(3.103か?)。

 そして2020年はMLSに1が加わり、2021年1月時点でMLSが4.103の予定に。よって、調停のステータスなので、上記のようなお話が出たというところでした。

イップスの選手に勇気を与えたダニエル・バード 

 ダニエル・バードは1985年6月25日生まれの35才。2021シーズン途中で36才になります。2006年アマチュアドラフトでレッドソックスから1巡目指名を受けてプロ入り。全体順位28位。

 2009年、24才の時にメジャーデビューし、デビュー・イヤーから49試合に登板。SO9は11.5を記録。

圧巻だった2011シーズン

 圧巻だったのはデビュー2年目の2010シーズン。73試合に登板して、74.2イニングを投げ、ERAがなんと1.93。

 翌2011シーズンにも70試合登板を果たしました。

 メジャー屈指のリリーバーとしてキャリアを積んでいたところだったのですが、ところが思わぬ落とし穴が。

1.2IPで6BB、0.1 IPで3BB

 2012年はスターターに転向。10試合で先発登板を果たしましたが、シーズン途中からリリーフに戻り、トータルで17試合で5勝6敗、ERAが6.22という数字に。

 ERAが悪化したのは59.1イニングを投げて43を数えたBB(与四球)の数。コントロールに非常に苦しみました。

 例えば、2012年4月16日のレイズ戦で、6.2イニングを投げBBが7を計上。この時はまだその兆候が出始めたくらいのレベルでした。実際、その後の2試合ほどは落ち着いた登板に。しかし、5月に入り登板ごとに4BB、5BBというのが続きました。

 そして決定的となったのが2012年6月3日のブルージェイズ戦。先発して1.2イニングで6BBを出し、HRも1本打たれ5失点で降板(BOX SCORE)。このゲーム後、一旦ロスターから外れ、調整に入りました。

 シーズン後半はリリーバーとして復帰。復帰当初は落ち着いていたのですが、9月19日のレイズ戦で0.1イニングで3BB 。ついにリリーバーとしても自信をなくし、イップスが顕在化したのでした。

2020年、メンタルコーチからマイナー契約へ

 完全にイップスを自覚したダニエル・バードは2013年からマイナーをあるき続けました。2013年は9月にレッドソックスをDFA、カブスがウェーバーでクレームしたものの、シーズン終了後にノンテンダーFAに。

 2014年はレンジャーズとマイナー契約、2015年はカブスとマイナー契約、2016年はパイレーツとマイナー契約。2017年はメッツとマイナー契約。しかしいずれもメジャーのマウンドに上がることはありませんでした。

 その後、自身の経験を踏まえてDバックスでメンタルスキル・コーチとして活動。イップスの選手をケアしてきました。

 結局、ダニエル・バードの場合、時薬(ときぐすり)を服用するしか方法はなかったようです。復活の手応えを掴み、2020年2月にロッキーズとマイナー契約。

復活のマウンドへ

 そして7年の時を経て、2020年は7月の開幕からロスター入り。7月25日に見事にメジャー復帰を果たしたのでした。

 今季はCOVID-19による遅延もあり、メンタル的にも厳しい条件の中、見事にそれをはねのけて復活し、23試合で24.2イニングに登板。4勝2敗、ERA3.65。BBもたったの10しかありませんでした。

 2020年の中でも最高に良いお話の1つとなりました。

カムバック賞

 プレーヤーズ・チョイスでもカムバック賞を受賞。

 さらに、現地2020年12月10日に発表されたカムバック・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーにも選出。

 今回の調停を避けた契約など、とても素晴らしい年にしたダニエル・バード。

 来季も期待したいと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
【MLB2022FA】ドジャースがクリス・テイラーと4年/60Mドルで再契約したディールについて
【MLBワード】ポストシーズン・シェアとは?
タイトルとURLをコピーしました