スポンサーリンク

【MLB2021】”良い話!”復活のダニエル・バード、調停を避けて相場より高いサラリーでサインへ

2020年の良い話のうちの1つへ

 現地2020年12月15日、コロラド・ロッキーズは今季復活を果たしたダニエル・バード(Daniel Bard )と調停を避けてサインしました。

 2020年はショートシーズンとなり、メジャー・リーグにとって苦難の年となりましたが、その中であり得ないことを果たしたダニエル・バードとロッキーズに拍手を送りたい気分です!

相場より高い額でサイン

 ダニエル・バードとロッキーズは1年$2.95M(2021)でサイン。プロジェクティッド・サラリー(見込まれるサラリー額)が$1.2Mから$2.2Mのレンジ(範囲)と言われていましたが、蓋を開ければそれを大幅に上回る$2.95Mという額でサイン。

 2020年のサラリーはメジャー最低年俸でしたから、大幅増となりました。ちなみに2020年のメジャー最低年俸はフルアマウントで$0.563M。そこからプロレーティッド(日割り)で60試合分に減額されるということになりましたから、$0.208704M。日本円でざっと2100万円というところでした。

7年の時を経て調停のステータス

 ダニエル・バードは2013年4月27日を最後にMLBのマウンドから遠ざかり、2020年、実に7年超の時を経てメジャー復活を果たしました。

 デビューした2009年から2013年までレッドソックスでトータルで5シーズンを過ごしましたが、稼働したシーズンは2010年から2011年の2シーズンのみ。2009年、2012年、2013年はロスターから外れていた時期がありました。正確な数字はわかりませんが、2013年の最後の登板を果たした時点でMLSが3を超えたところだったはずです(3.103か?)。

 そして2020年はMLSに1が加わり、2021年1月時点でMLSが4.103の予定に。よって、調停のステータスなので、上記のようなお話が出たというところでした。

イップスの選手に勇気を与えたダニエル・バード 

 ダニエル・バードは1985年6月25日生まれの35才。2021シーズン途中で36才になります。2006年アマチュアドラフトでレッドソックスから1巡目指名を受けてプロ入り。全体順位28位。

 2009年、24才の時にメジャーデビューし、デビュー・イヤーから49試合に登板。SO9は11.5を記録。

圧巻だった2011シーズン

 圧巻だったのはデビュー2年目の2010シーズン。73試合に登板して、74.2イニングを投げ、ERAがなんと1.93。

 翌2011シーズンにも70試合登板を果たしました。

 メジャー屈指のリリーバーとしてキャリアを積んでいたところだったのですが、ところが思わぬ落とし穴が。

1.2IPで6BB、0.1 IPで3BB

 2012年はスターターに転向。10試合で先発登板を果たしましたが、シーズン途中からリリーフに戻り、トータルで17試合で5勝6敗、ERAが6.22という数字に。

 ERAが悪化したのは59.1イニングを投げて43を数えたBB(与四球)の数。コントロールに非常に苦しみました。

 例えば、2012年4月16日のレイズ戦で、6.2イニングを投げBBが7を計上。この時はまだその兆候が出始めたくらいのレベルでした。実際、その後の2試合ほどは落ち着いた登板に。しかし、5月に入り登板ごとに4BB、5BBというのが続きました。

 そして決定的となったのが2012年6月3日のブルージェイズ戦。先発して1.2イニングで6BBを出し、HRも1本打たれ5失点で降板(BOX SCORE)。このゲーム後、一旦ロスターから外れ、調整に入りました。

 シーズン後半はリリーバーとして復帰。復帰当初は落ち着いていたのですが、9月19日のレイズ戦で0.1イニングで3BB 。ついにリリーバーとしても自信をなくし、イップスが顕在化したのでした。

2020年、メンタルコーチからマイナー契約へ

 完全にイップスを自覚したダニエル・バードは2013年からマイナーをあるき続けました。2013年は9月にレッドソックスをDFA、カブスがウェーバーでクレームしたものの、シーズン終了後にノンテンダーFAに。

 2014年はレンジャーズとマイナー契約、2015年はカブスとマイナー契約、2016年はパイレーツとマイナー契約。2017年はメッツとマイナー契約。しかしいずれもメジャーのマウンドに上がることはありませんでした。

 その後、自身の経験を踏まえてDバックスでメンタルスキル・コーチとして活動。イップスの選手をケアしてきました。

 結局、ダニエル・バードの場合、時薬(ときぐすり)を服用するしか方法はなかったようです。復活の手応えを掴み、2020年2月にロッキーズとマイナー契約。

復活のマウンドへ

 そして7年の時を経て、2020年は7月の開幕からロスター入り。7月25日に見事にメジャー復帰を果たしたのでした。

 今季はCOVID-19による遅延もあり、メンタル的にも厳しい条件の中、見事にそれをはねのけて復活し、23試合で24.2イニングに登板。4勝2敗、ERA3.65。BBもたったの10しかありませんでした。

 2020年の中でも最高に良いお話の1つとなりました。

カムバック賞

 プレーヤーズ・チョイスでもカムバック賞を受賞。

 さらに、現地2020年12月10日に発表されたカムバック・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーにも選出。

 今回の調停を避けた契約など、とても素晴らしい年にしたダニエル・バード。

 来季も期待したいと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】ナ・リーグ東地区の首位攻防が面白い!ブレーブスがデグロム先発ゲームに勝利し、シリーズ勝ち越し!
【MLB2022】A’s、S・ピスコッティー、J・ラウリーに続き、エルビス・アンドラスをリリース!(追記あり)
【MLB2022】ラッチマン効果絶大!オリオールズがブルージェイズに逆転勝ち!ついに勝利数で並ぶ!
【MLB2022】レンジャーズ、クリス・ウッドウォード監督を解任へ!FA補強の結果が出ず(追記あり)
【MLB2022】サンディー・アルカンタラがパドレス打線を7回スコアレス!一方、プロファーはチームメイトから怒られる
【MLB2022】マイケル・ワカが復帰戦で快投!ヤンキースを7回2ヒッターでシリーズ勝利に導く
【MLB2022】フランミル・レイエス、DFA後に蘇る!カブス移籍3試合で打率.417!
【MLB2022】フェルナンド・タティス・Jr.がシーズン・エンディングへ!禁止薬物テストで陽性反応
【MLB2022】ガーディアンズ、ALセントラルの首位に躍り出る
【MLB】2022フィールド・オブ・ドリームスはグリフィー親子、ハリー・ケリーが登場!鈴木選手が先制打
【MLB2022】タイガース、「ミギー、発掘」のGM、アル・アビーラを解雇へ!リビルドに苦戦
【MLB2022】”グレート・ゲーム”!両チームとも延長をしのぎ合う!マリナーズが延長13回に決着!
【MLB2022】大谷選手、10勝達成!打っては25号HR!ついに1918年のルース以来の偉業達成へ
【MLB2022】ジャイアンツ、輝く!カミーロ・ドバルとスーパー・リレーでわずかな希望をつなぐ
【MLB】フィールド・オブ・ドリームス2022はカブス @レッズ戦!鈴木誠也選手がプレー!
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(ナショナル・リーグ)
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(アメリカン・リーグ)
【MLB2022】カブスがアンドレルトン・シモンズをDFAに
【MLB2022】J・ヘイダーをトレード、 D・ラメットを即DFA!?現場が大混乱となったブルワーズのトレードDL
【MLB2022】フィリーズのトレードデッドラインの成果とディディ・グレゴリアスのDFA
【MLB2022】レッドソックスがジャッキー・ブラッドリー・Jr.をリリース(追記あり)
【MLB2022】R・イグレシアス、B・マーシュ、N・シンダーガードを出したエンゼルスのトレードデッドラインの成果
【MLBトレードDL2022】パドレス、またも躍動!大注目のフアン・ソトをJ・ベルとともに獲得!
【MLBトレードDL2022】ツインズ、オリオールズのクローザー、ホルヘ・ロペスを獲得
【MLBトレードDL2022】レッドソックス、トミー・ファムを獲得。クリスチャン・バスケス、J・ディークマンはトレードへ
【MLBトレードDL2022】ジョシュ・ヘイダーがパドレスへ!衝撃のブロックバスター・ディールが成立
【MLB2022】リード・デトマーズがイマキュレート・イニングを達成!しかし、エンゼルスは敗れる
【MLB2022トレードデッドライン】レイズ、Dバックスからデービッド・ペラルタを獲得
【MLB2022】大谷選手の二桁勝利への壁とトレード・デッドラインについて
【MLBトレードデッドライン2022】レッズのルイス・カスティーヨはマリナーズに決定
タイトルとURLをコピーしました