スポンサーリンク

【MLB2017】ロッキーズのチャド・ベティスがガンから復帰し、無失点!

MLBいい話

こんにちは。

 

現地2017年8月14日、 コロラド・ロッキーズのローテーション投手で、2016シーズンオフにガンの摘出手術を行ったチャド・ベティス(Chad Bettis)が復帰後初マウンドに上がり、MLB全体から祝福されるといういいお話しがありました。

 

チャド・ベティスは28才。昨シーズンは14勝8敗を上げ、今季ローテーションの中心として期待された投手です。

 

ところが、昨シーズンオフにガンが発覚。testicular cancerということで精巣ガンだったそうです。11月にがん細胞の摘出手術を受け、成功。今季はじめは治療に専念していました。

 

病気が病気だけにどうなるかと心配していましたが、まさか今季中に復帰できるとは!かなりの努力があったと想像できます。

 

復帰後即先発で、しかも相手はブレーブスのエース、フリオ・テヘラン。どのカードのどのゲームで登板したとしてもMLBの場合は楽な復帰登板というのがありませんが、テヘラン相手はなかなかハードルが高かったですね。

 

ところが、チャド・ベティスは7回を被安打6、無失点に抑える好投!ナイス・ピッチングを披露。素晴らしいゲームメイクをしてみせました!

 

流れとしては復帰後初登板、初勝利というのがキレイでしたが、さすがに、フリオ・テヘランでした。ロッキーズの強力打線を相手に7回を被安打4、無失点、奪三振8とこちらも奮闘。

チャド・ベティス降板時は0-0でしたので、惜しくも勝利投手になることはできませんでした。

 

彼の復帰はMLB全体から祝福されました。

 

そして、ルーキー時の2006年に非常に珍しいとされる血液のガン(未分化大細胞リンパ腫) と診断され、見事に復帰。

 

今やおしも押されぬMLBを代表する左腕として知られているカブスのジョン・レスターからも、ガンを克服した同士ということで、”Brother”とSNS上から声掛けされておりました。

 

現在、Dバックスとナ・リーグ西地区の2位争いをしているロッキーズ。

 

状況としてそのままワイルドカードが狙える位置だけに、チャド・ベティスの復帰はロッキーズにとって、大きなチャンスがもたらされたかもわかりません。

 

 

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB 2021】大谷選手、2日連続のHR!18号、19号!
【粘着剤ルールへの反応】タイラー・グラスノーとアレックス・コブのコメント
【MLB規制】高粘着異物の具体的な運用が明らかに(追記あり)
【MLBボール】投球時の高粘着の異物による滑り止め規制の開始
トレード注目のマックス・シャーザー、怪我は右の鼠径部で軽症(追記あり)
【MLB2021】大谷選手、自打球直後に二塁打!投げては奪三振8で勝利に貢献
【MLB2021】「好調」ニック・マドリガル(CWS)、右ハムストリングを傷め長期離脱へ
【MLB2021】ルーク・ウィリアムス、メジャー初HRは「サヨナラ」!
【MLB2021】ケブライアン・へイエスとボビー・ウィット・Jr.がベース踏み損ねでHRが無効に
【MLBデビュー】チームUSAでの活躍で昇格したルーク・ウィリアムス、初ヒットはセイフティー!!
【MLB アウトライト】フィリーズがスコット・キンガリーに厳しい決断
【MLB2021】レッドソックス、ライバル対決をスイープ!
【MLB2021】ジェシー・ウィンカーが今季2度めの1試合3HR!レッズはカージナルスをスイープ
”See you in TOKYO” チームUSA、東京五輪出場決定!トッド・フレイジャーが4-4!
【MLB2021】今季初のライバル対決はレッドソックスが勝利!デバースが先制3ランHR!
【MLB2021】ダルビッシュ投手、メッツ戦で投打に活躍し6勝目!
【ROAD to 東京】アメリカ大陸予選、チームUSAがスーパー・ラウンドへ
【MLB 2021】ロイヤルズ、噂のエドワード・オリバレスが昇格後も好調
【MLB2021】101mphが10球!ジェイコブ・デグロムがまた異次元の投球
【東京五輪2021】アメリカ大陸予選!ジャレン・デュラン、トリストン・カサスほかチームUSAのロスターが決定
タイトルとURLをコピーしました