スポンサーリンク

【MLB】ジョーイ・ボット(レッズ)、野球ファンの流出を防ぐ!罪深さから一転、ヒーローに(追記あり)

少し心が温まるお話

 現地2021年6月19日(土)、シンシナティ・レッズはペトコ・パークにてパドレスと4ゲームシリーズのGame3を戦いました。

 6月11日からロッキーズ、ブルワーズと2カード連続でスイープを果たし、6連勝を飾っていたレッズ。実はこのゲーム開始前までは6月の成績が11勝5敗とかなり調子を上げてきておりました。

 しかし、パドレスとのこのシリーズでは17日のGame1を4-6のサヨナラ負けで落として以来、連敗中。

パドレスに3連敗

 Game3となったこのゲームも終盤まで5−5のナイス・ゲームを演じながら、8回裏に2点を奪われ逆転。5-7とこのゲームを落としてしまったのでした。

初回のジョーイ・ボットが退場が響く

 このゲーム、レッズも十分にチャンスがあったのですが、5回表にタイラー・ネイキンとユージニオ・スアレスのタイムリーで3点を奪い、5-5の同点に追いついてから、6回から8回までの3イニングであともう一押しが足りませんでした。

 そうなってしまったのは、4番のジョーイ・ボットが判定をめぐり、初回に退場となったことが大きく影響したと言わざるを得ません。

チェックスイングを巡り退場

 初回、ジョナサン・インディアとジェシー・ウィンカーのコンビで1点を先制したレッズ。いい調子だったのですが、1アウト後、打席が回ってきたジョーイ・ボットが、2ストライクを奪われた後、パドレス先発のミゲル・ディアスのアウトハイのボール球にチェックスイング(ハーフ・スイング)。

 これがスイングと判定され、激昂。ボットは三振に倒れました。

 一度ベンチに帰りかけたジョーイ・ボットでしたが、何かに火がついてしまったようで、踵を還し、ホーム・プレート・アンパイアにしつこく食い下がりました。ゲーム全体を俯瞰する監督のデービッド・ベルは退場となっては一大事と体を張ってジョーイ・ボットと主審の間に入り、なおかつジョーイ・ボットの立場も考慮して審判にクレームをつけていたところを退場。

 監督の人身御供だけで済めばよかったのですが、ジョーイ・ボットも退場処分に。

 スローで見ると完全にスイング。

 怒りに埋没してしまったジョーイ・ボットはレッズのゲーム・プランを台無しにしてしまうというベテランらしからぬ行動で、チームに迷惑をかけたのでした。

もっと傷ついたのが6才の少女

 リーダーが迷惑をかけたのはチームだけではありませんでした。ジョーイ・ボットの罪深さは、それ以上。

初めてのMLB観戦!ボットを見たかったのに

 スタンドには6才の少女が初めてのMLB観戦に訪れていたのです。しかもジョーイ・ボットのTシャツを着て。

 この少女のお母さんはシンシナティのあるオハイオ州のご出身。今はカリフォルニア州に住んでいるのでした。昔からレッズの大ファンで、カリフォルニアに移ってからもレッズ・ファンを継続。

 その6才のお嬢さんはお母さんの影響も受けてか、レッズが大好きで、とりわけジョーイ・ボットの大ファン。

 ところがお目当てのジョーイ・ボットがスポーツマンらしからぬ態度で初回に退場。お嬢さんの心は深く傷ついたのでした。

 これはもはやトラウマになる恐れさえある事案。ボットは罪深いです。

ボット:一転、ヒーローに!

 しかし、その約2時間後。

 このお嬢さんのもとにボールが。

 「ごめんね。最後までプレーできずに。 ジョーイ・ボット」

 ジョーイ・ボットは一人の少女の心を癒やし、一転、ヒーローとなったのでした。誰かの心に刺さらないと大勢のファンを動かせません。その意味でジョーイ・ボットは、初回の怒りを良い行為で上書き。ヒーロー級の行為であったといえるでしょう。

SNSの力もすごい

 やはりお嬢さんの落胆に気づかないことにはこの行為も実現しなかった訳で、「なんとかしてやれ!」と思い、動いたレッズの関係者やファンもこの行為を後押ししたと思います。その意味でSNSのちからはすごいですね。

レッズ、ムースが60IL中 

 最後にレッズの怪我人情報を。5月15日のジャイアンツ戦で手首を傷めたマイク・ムスターカス。その2日後の17 日には右足かかとの打撲も判明。これが非常にやっかいで、現時点で60Day IL中。現地6月11日にようやくマイナーでベースボール・アクティビティーを開始し始めたところ。復帰にはまだ少し時間がかかります。

 現時点でバッティング・タイトル(打率)のニック・カステヤーノスと、HRランキング争いをしているジェシー・ウィンカーを抱えながら、5割近辺の成績はムースの離脱も影響しています。

 もっとも、投手の怪我人の方が深刻で、マイケル・ローレンツェンは右肩の炎症で60IL中。一応、6月下旬に戻ってくるとは言われています。ソニー・グレイは10Day IL中です。

 レッズは、この日の敗戦で35勝34敗で3位。ナ・リーグ中地区はカブスとブルワーズが39勝32敗で同率首位。巻き返しを図りたいところです。

追記:会えました!

 その翌日、お嬢さんはついにジョーイ・ボットと会えました!

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】大谷選手が日本人メジャー歴代最多HRを達成
【MLB2024】シーズン最初の5先発でERA 0.66! カッター・クロフォード(BOS)がクレメンスに並ぶ!
【MLB2024】カブス・今永投手はついに初自責点を記録するも、またもQスタート達成で3勝目
【MLB2024】レンジャーズ、ジャック・ライターがついにメジャー・デビュー!しかし、翌日にAAAへ
【MLB2024】タナー・ハウクがシャットアウト勝利!試合時間はたったの1時間49 分!
【MLB2024】ムーキー・ベッツが5-5! 過去のキャリアハイの打率.346、安打数 214を超えるシーズンになるか!
【MLB2024】マイケル・ローレンツェンのレンジャーズ・デビューはスコアレス投球!
【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
タイトルとURLをコピーしました