スポンサーリンク

【MLB】ジョーイ・ボット(レッズ)、野球ファンの流出を防ぐ!罪深さから一転、ヒーローに(追記あり)

少し心が温まるお話

 現地2021年6月19日(土)、シンシナティ・レッズはペトコ・パークにてパドレスと4ゲームシリーズのGame3を戦いました。

 6月11日からロッキーズ、ブルワーズと2カード連続でスイープを果たし、6連勝を飾っていたレッズ。実はこのゲーム開始前までは6月の成績が11勝5敗とかなり調子を上げてきておりました。

 しかし、パドレスとのこのシリーズでは17日のGame1を4-6のサヨナラ負けで落として以来、連敗中。

パドレスに3連敗

 Game3となったこのゲームも終盤まで5−5のナイス・ゲームを演じながら、8回裏に2点を奪われ逆転。5-7とこのゲームを落としてしまったのでした。

初回のジョーイ・ボットが退場が響く

 このゲーム、レッズも十分にチャンスがあったのですが、5回表にタイラー・ネイキンとユージニオ・スアレスのタイムリーで3点を奪い、5-5の同点に追いついてから、6回から8回までの3イニングであともう一押しが足りませんでした。

 そうなってしまったのは、4番のジョーイ・ボットが判定をめぐり、初回に退場となったことが大きく影響したと言わざるを得ません。

チェックスイングを巡り退場

 初回、ジョナサン・インディアとジェシー・ウィンカーのコンビで1点を先制したレッズ。いい調子だったのですが、1アウト後、打席が回ってきたジョーイ・ボットが、2ストライクを奪われた後、パドレス先発のミゲル・ディアスのアウトハイのボール球にチェックスイング(ハーフ・スイング)。

 これがスイングと判定され、激昂。ボットは三振に倒れました。

 一度ベンチに帰りかけたジョーイ・ボットでしたが、何かに火がついてしまったようで、踵を還し、ホーム・プレート・アンパイアにしつこく食い下がりました。ゲーム全体を俯瞰する監督のデービッド・ベルは退場となっては一大事と体を張ってジョーイ・ボットと主審の間に入り、なおかつジョーイ・ボットの立場も考慮して審判にクレームをつけていたところを退場。

 監督の人身御供だけで済めばよかったのですが、ジョーイ・ボットも退場処分に。

 スローで見ると完全にスイング。

 怒りに埋没してしまったジョーイ・ボットはレッズのゲーム・プランを台無しにしてしまうというベテランらしからぬ行動で、チームに迷惑をかけたのでした。

もっと傷ついたのが6才の少女

 リーダーが迷惑をかけたのはチームだけではありませんでした。ジョーイ・ボットの罪深さは、それ以上。

初めてのMLB観戦!ボットを見たかったのに

 スタンドには6才の少女が初めてのMLB観戦に訪れていたのです。しかもジョーイ・ボットのTシャツを着て。

 この少女のお母さんはシンシナティのあるオハイオ州のご出身。今はカリフォルニア州に住んでいるのでした。昔からレッズの大ファンで、カリフォルニアに移ってからもレッズ・ファンを継続。

 その6才のお嬢さんはお母さんの影響も受けてか、レッズが大好きで、とりわけジョーイ・ボットの大ファン。

 ところがお目当てのジョーイ・ボットがスポーツマンらしからぬ態度で初回に退場。お嬢さんの心は深く傷ついたのでした。

 これはもはやトラウマになる恐れさえある事案。ボットは罪深いです。

ボット:一転、ヒーローに!

 しかし、その約2時間後。

 このお嬢さんのもとにボールが。

 「ごめんね。最後までプレーできずに。 ジョーイ・ボット」

 ジョーイ・ボットは一人の少女の心を癒やし、一転、ヒーローとなったのでした。誰かの心に刺さらないと大勢のファンを動かせません。その意味でジョーイ・ボットは、初回の怒りを良い行為で上書き。ヒーロー級の行為であったといえるでしょう。

SNSの力もすごい

 やはりお嬢さんの落胆に気づかないことにはこの行為も実現しなかった訳で、「なんとかしてやれ!」と思い、動いたレッズの関係者やファンもこの行為を後押ししたと思います。その意味でSNSのちからはすごいですね。

レッズ、ムースが60IL中 

 最後にレッズの怪我人情報を。5月15日のジャイアンツ戦で手首を傷めたマイク・ムスターカス。その2日後の17 日には右足かかとの打撲も判明。これが非常にやっかいで、現時点で60Day IL中。現地6月11日にようやくマイナーでベースボール・アクティビティーを開始し始めたところ。復帰にはまだ少し時間がかかります。

 現時点でバッティング・タイトル(打率)のニック・カステヤーノスと、HRランキング争いをしているジェシー・ウィンカーを抱えながら、5割近辺の成績はムースの離脱も影響しています。

 もっとも、投手の怪我人の方が深刻で、マイケル・ローレンツェンは右肩の炎症で60IL中。一応、6月下旬に戻ってくるとは言われています。ソニー・グレイは10Day IL中です。

 レッズは、この日の敗戦で35勝34敗で3位。ナ・リーグ中地区はカブスとブルワーズが39勝32敗で同率首位。巻き返しを図りたいところです。

追記:会えました!

 その翌日、お嬢さんはついにジョーイ・ボットと会えました!

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
【MLB 2022】Dバックスのザック・ギャレン、スコアレス・イニングを”41.1″に伸ばす!(追記:44.1でストップ)
【MLB 2022】大谷選手、12勝目ならずもイニング・ピッチ・クリアーでERAランクAL5位へ
【MLB 2022】「惜しい!」ディラン・シーズ、あとアウト1つで”NO-NO”を逃す!
【MLB 2022】ブライアン・ベイヨーがメジャー初勝利!そしてトリストン・カサスの昇格とタナー・ハウクの状況
タイトルとURLをコピーしました