スポンサーリンク

【MLB】ジョーイ・ボット(レッズ)、野球ファンの流出を防ぐ!罪深さから一転、ヒーローに(追記あり)

MLBいい話

少し心が温まるお話

 現地2021年6月19日(土)、シンシナティ・レッズはペトコ・パークにてパドレスと4ゲームシリーズのGame3を戦いました。

 6月11日からロッキーズ、ブルワーズと2カード連続でスイープを果たし、6連勝を飾っていたレッズ。実はこのゲーム開始前までは6月の成績が11勝5敗とかなり調子を上げてきておりました。

 しかし、パドレスとのこのシリーズでは17日のGame1を4-6のサヨナラ負けで落として以来、連敗中。

パドレスに3連敗

 Game3となったこのゲームも終盤まで5−5のナイス・ゲームを演じながら、8回裏に2点を奪われ逆転。5-7とこのゲームを落としてしまったのでした。

初回のジョーイ・ボットが退場が響く

 このゲーム、レッズも十分にチャンスがあったのですが、5回表にタイラー・ネイキンとユージニオ・スアレスのタイムリーで3点を奪い、5-5の同点に追いついてから、6回から8回までの3イニングであともう一押しが足りませんでした。

 そうなってしまったのは、4番のジョーイ・ボットが判定をめぐり、初回に退場となったことが大きく影響したと言わざるを得ません。

チェックスイングを巡り退場

 初回、ジョナサン・インディアとジェシー・ウィンカーのコンビで1点を先制したレッズ。いい調子だったのですが、1アウト後、打席が回ってきたジョーイ・ボットが、2ストライクを奪われた後、パドレス先発のミゲル・ディアスのアウトハイのボール球にチェックスイング(ハーフ・スイング)。

 これがスイングと判定され、激昂。ボットは三振に倒れました。

 一度ベンチに帰りかけたジョーイ・ボットでしたが、何かに火がついてしまったようで、踵を還し、ホーム・プレート・アンパイアにしつこく食い下がりました。ゲーム全体を俯瞰する監督のデービッド・ベルは退場となっては一大事と体を張ってジョーイ・ボットと主審の間に入り、なおかつジョーイ・ボットの立場も考慮して審判にクレームをつけていたところを退場。

 監督の人身御供だけで済めばよかったのですが、ジョーイ・ボットも退場処分に。

 スローで見ると完全にスイング。

 怒りに埋没してしまったジョーイ・ボットはレッズのゲーム・プランを台無しにしてしまうというベテランらしからぬ行動で、チームに迷惑をかけたのでした。

もっと傷ついたのが6才の少女

 リーダーが迷惑をかけたのはチームだけではありませんでした。ジョーイ・ボットの罪深さは、それ以上。

初めてのMLB観戦!ボットを見たかったのに

 スタンドには6才の少女が初めてのMLB観戦に訪れていたのです。しかもジョーイ・ボットのTシャツを着て。

 この少女のお母さんはシンシナティのあるオハイオ州のご出身。今はカリフォルニア州に住んでいるのでした。昔からレッズの大ファンで、カリフォルニアに移ってからもレッズ・ファンを継続。

 その6才のお嬢さんはお母さんの影響も受けてか、レッズが大好きで、とりわけジョーイ・ボットの大ファン。

 ところがお目当てのジョーイ・ボットがスポーツマンらしからぬ態度で初回に退場。お嬢さんの心は深く傷ついたのでした。

 これはもはやトラウマになる恐れさえある事案。ボットは罪深いです。

ボット:一転、ヒーローに!

 しかし、その約2時間後。

 このお嬢さんのもとにボールが。

 「ごめんね。最後までプレーできずに。 ジョーイ・ボット」

 ジョーイ・ボットは一人の少女の心を癒やし、一転、ヒーローとなったのでした。誰かの心に刺さらないと大勢のファンを動かせません。その意味でジョーイ・ボットは、初回の怒りを良い行為で上書き。ヒーロー級の行為であったといえるでしょう。

SNSの力もすごい

 やはりお嬢さんの落胆に気づかないことにはこの行為も実現しなかった訳で、「なんとかしてやれ!」と思い、動いたレッズの関係者やファンもこの行為を後押ししたと思います。その意味でSNSのちからはすごいですね。

レッズ、ムースが60IL中 

 最後にレッズの怪我人情報を。5月15日のジャイアンツ戦で手首を傷めたマイク・ムスターカス。その2日後の17 日には右足かかとの打撲も判明。これが非常にやっかいで、現時点で60Day IL中。現地6月11日にようやくマイナーでベースボール・アクティビティーを開始し始めたところ。復帰にはまだ少し時間がかかります。

 現時点でバッティング・タイトル(打率)のニック・カステヤーノスと、HRランキング争いをしているジェシー・ウィンカーを抱えながら、5割近辺の成績はムースの離脱も影響しています。

 もっとも、投手の怪我人の方が深刻で、マイケル・ローレンツェンは右肩の炎症で60IL中。一応、6月下旬に戻ってくるとは言われています。ソニー・グレイは10Day IL中です。

 レッズは、この日の敗戦で35勝34敗で3位。ナ・リーグ中地区はカブスとブルワーズが39勝32敗で同率首位。巻き返しを図りたいところです。

追記:会えました!

 その翌日、お嬢さんはついにジョーイ・ボットと会えました!

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

NEW

【MLBトレード2021】ハビアー・バイエスはトレバー・ウィリアムスとともにメッツへ
【MLBトレード2021】クリス・ブライアントはジャイアンツへ
【MLBトレード2021】マックス・シャーザーとトレイ・ターナーがドジャースへ!
【MLBトレード2021】ヤンキース、ジョーイ・ギャロを獲得!
【MLBトレード2021】マリナーズ、左腕のタイラー・アンダーソンを獲得
 【MLBトレード2021】ケンダール・グレイブマンがアストロズへ
【MLB2021】大谷選手が5勝目!全てやってのけ、最後が100mphピッチ(追記あり)
【MLBトレード2021】アスレチックス、カブスから左腕のアンドリュー・チェイフィンを獲得
【MLB2021】大谷選手が35号!98試合目で早くも区切りの数字
【MLBトレード2021】パドレスが注目のアダム・フレイジャーを獲得
【MLB2021】エンゼルスのパトリック・サンドバルが9回1アウトまでNO-NO!
【MLB2021】ラファエル・デバース、24才の若さでキャリア100HR
【東京五輪2021】ドミニカ共和国のロスターと野球のスケジュール
【MLB2021】出ずっぱりの大谷選手、スタメン回避へ ! 今季3試合目のOFF
【MLBトレード2021】これはサプライズ!メッツが左腕のリッチ・ヒルを獲得
【MLB】インディアンスの新ニックネームはGuardians(ガーディアンズ)に決定
【MLBトレード2021】レイズがツインズからネルソン・クルーズをトレードで獲得!ポストシーズンにロックオン!
【MLB2021】ヤーミン・メルセデスが引退騒動!その真意とは?(追記あり)
【MLBリハビリ】クリス・セール、復帰へ大きな一歩!マイク・トラウトはベースランニング開始
【MLB2021】大谷選手、今季最高の投球!A’sはビューティフル・リレーで流れを阻止し、後半に逆転
タイトルとURLをコピーしました