スポンサーリンク

【MLB】2021年オールスターとドラフトがアトランタから消える!急遽、新たな場所での開催へ(追記あり)

突如してアトランタの開催が消えた

 驚きました。ここ数日、2021年7月13日に開催が予定されているオールスターに関して、妙な話題が出ていました。どうなるのか、様子見をしていましたが、現地2021年4月2日、ついにリーグ(MLB)は、2021年のオールスターの開催地をアトランタから変更することを決定。新たな開催地をすぐに発表するということに。

アトランタは無念

 2020年のオールスターゲームは、ロサンゼルスのドジャー・スタジアムでしたが、これはご存知の通り、COVID 19 の影響によりキャンセルとなりました。

 通常、オールスターの開催地は、2年ほど前に発表となり、事前に告知も十分に行われます。よって、アトランタのトゥルーイスト・パーク(Truist Park)での開催は2020年のドジャー・スタジアムがキャンセルになる前から決定しており、ホストのブレーブスとしては準備に準備を重ねてきたのですが、このような結果に。

 これに対し、ブレーブスも相当にがっかりしたプレスリリースを発表。

 ファンも関係者も含め、全ての人ががっかりしていると。”deeply disappointed”という言葉にすべてが詰め込まれています。組織として今回の法案に賛成しているわけではないとのニュアンスも取れるのですが、では、何が今回の事態を引き起こしたのかというと法案への態度ということになると思います。

S.B.202 ACTの通過により

 去る現地2021年3月25日、ジョージア州の州議会は、S.B.202 ACTを通過させ、州知事もその法案にサイン。法律として正式に認められたということに。

 S.B.とは”Senate Bill”の略で、「上院法案」。”202”は法律の番号ですね。

中身は?

 ではそのSB202の中身はなにか?ということですが、事実関係のみ記載します。これは共和党主導で、下院では賛成100/反対75、上院では賛成34/反対20で可決に至った法律で、州知事も署名し、法案が成立しました。

 では何の法案かというと、選挙の不在者投票の修正が盛り込まれた法案。具体的には、

  • 郵便投票用紙の請求には身元確認となるIDの提示が必要
  • 期日前投票の投票箱数を制限。すべての決選投票で期日前投票の期間を短縮
  • 投票に問題があると報告されれば、投開票作業への州議会の指揮・監督権を拡大
  • 投票所で順番待ちをする有権者への水や食料の提供も禁止する

 以上の点がこの法案に盛り込まれた中身。

何が問題なのか?

 適正なことしか書いていないと思うのですが、なにがいけないのか?反対側の主張はこうだそうです。

  • 黒人は運転免許証などの身分証明書を持つ人が比較的少ない
  • 低所得者の多い黒人の集住地区では投票所の数が少なく、長い列ができやすい。

 要は、州人口の3割以上を占め、民主党支持者が多い黒人の投票を阻害する法律だということでMLBも動きました。

MPBA、MLBが大きなアクション

 あくまで事実関係を記載しますが、法案成立に対し、MLBPA(選手会)のトップ、トニー・クラークが懸念を表明し、それに対して新大統領も「よい動きだ」と称賛したことなどから、ロブ・マンフレッド・コミッショナーが今回の決定を正式発表したということです。

2021年1月にハンク・アーロンが星に

 今回、アトランタでの開催は非常に重要な意味合いがありました。というのも、元アトランタ・ブレーブスで、通算755HRを放ったハンク・アーロン氏が2021年1月にお亡くなりになりました。

 メジャー・リーグにとってはまさに巨星とも言うべき存在。

 ブレーブスは今回のオールスターで、そのハンク・アーロンを讃えるイベントも開催する予定でした。アトランタでやるからこそ、とてもよいイベントだと思っていたのですが、残念です。

 ただ、このイベントは新しいオールスターでの開催地でも行うとの予定です。

ドラフトも

また、今季からは初めての試みでこれまで6月に行ってきたアマチュア・ドラフトを7月のオールスター開催に合わせて行うことになっていました。

  とくに今回は一同に会してショーケースを試みる予定があり、それもアトランタから新しい地での開催となりました。

 以上、今回のアトランタでの開催が無くなり、別の地で行うことになった経緯を簡単に記載させていただきました。

 オールスターは大イベントなのですが、アトランタからの変更はまさに即断即決レベルの早さで決定されました。なぜでしょうか?最近、春先だからか、鼻の調子が悪いのか、なぜかぷんぷんと臭います。突然、体調のことを書いてしまいました。失礼しました。

 なお、2022年の開催地は、ロサンゼルスのドジャー・スタジアムに決まっています。

追記:コロラドに決定

 現地2021年4月6日、MLBはアトランタに代わる2021シーズンのオールスターゲームの開催地をコロラド・ロッキーズのホーム、クアーズ・フィールドで開催することに決定しました。

 クアーズ・フィールドでの開催は、1998年以来。

 クアーズには準備も短い中、しっかりホストしてくれよとは思います。しかし、おかしな話しですね。

 以上です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
【MLB2024】ドジャース、パドレスとの海外開幕戦に勝利!大谷選手は5-2、ダルビッシュ投手も好投
【MLBルールチェンジ2024】ピッチクロックの変更、走路、マウンド・ビジット回数に変更あり
【MLB2024FA】ついに決定!ブレイク・スネルはジャイアンツと2年契約
タイトルとURLをコピーしました