スポンサーリンク

【Milb2021】MLBはマイナーリーグの再構築へ!ドラフトリーグ創設など新システムへ(WM3日目)

マイナーリーグ

マイナーリーグのリストラクチャリング

 現地2020年12月9日は、大きなディールの成立はありません。ただ、捕手のジェームズ・マッキャン(ホワイトソックスからFA)とメッツのディールが成立間近との噂も上がっています。

 そして最終日10日はルール5ドラフトが行われます。並行してFA、移籍のディールの話し合いは行われます。

 もともとウィンターミーティングはマイナー・リーグのクラブ職員の募集を行ったりするなど、マイナーリーグの活動がかなり色濃く出ているイベントでもあるのですが、この日は2019年以前からトピックに上がっていたマイナーリーグのリストラクチャリング(再構築)が正式に実行されるというニュースに。

アフィリエイトの投稿が目立つ

 現地2020年12月9日はツイッターでも各クラブがマイナーのアフィリエイトを発表する投稿が多かったのです。

 アフィリエイトというのは、言葉の意味としては「仲間、加入者、支部」という意味合いで、MLBのクラブを筆頭にその傘下にあるという意味です。ネットのお小遣い稼ぎのアフィリエイトも企業の販売のお手伝いをするということで、企業の仲間とかそういう由来から来ているので意味は同じです。

PBAが失効、更新へ

 そもそも今この時期になぜそのような組織のリストラクチャリングをしているのかと言えば、MLBとMilb(マイナーリーグ)の取り決めであるPBA(The Professional Baseball Agreement)が2020シーズン終了で失効したからです。新しい規定に更新することとなりました。

 マイナーリーグの問題点はかなり前から指摘されていたのですが、2019年11月にほぼその原案となるものが出ていました。

クラブ数が160から120ほどへ

 各クラブともにAAA、AA、アドバンストA、Aと4つの層で1クラブずつ持っています。これで4 x 30で120クラブ。ただ、それ以下の層であるショートシーズンA、ルーキーリーグ、ドミニカなどの外国でのルーキーリーグなどではクラブを持っていなかったり、1層に2クラブあったりとバラバラでした。

 下記の記事にも書いていますが、2021年は40以上のクラブがなくなることに。ヤンキース傘下のスターテンアイランド・ヤンキースもその一つ。つい最近、ヤンキースを訴えましたね。

 どうしてMLBはどうして整理統合したいのかに関しても下記の記事に記載していますが、抜粋しますとこのような理由からです。

  1. “inadequate facilities” 不適切な施設
  2. “Untenable travel due to franchise relocation” 移動の不便と過酷さ
  3. “Poor pay for minor leaguers” 給料が安い
  4. Drafting and signing players who “don’t have a realistic opportunity to make it to the majors” メジャー昇格が現実的でない選手を指名している(のでそれらの選手の指名をやめよう→指名人数を減らそう)。

新制度ではMLBドラフトリーグを創設

 新しいマイナーの組織に関しては、AAA、AA、High-A、Low-Aは共通で2019年と同じ(2020年はシーズンが武漢ウイルスによりキャンセルとなったため、2019年を直近のシーズンとしています)。

 そして重要なポイントとしては以下の点が上げられると思います。

  1. Player Development licensesをMLBが管理
  2. 上記の4層に加え、アリゾナ、フロリダ、ドミニカに選手開発を目的とする層を開設
  3. MLB Draft Leagueの創設

1.MLBがライセンスを管理

 要はマイナーリーグを届出制のような形態にするということのようです。記事上、ブルワーズとオリオールズの2021年のアフィリエイトの投稿を掲載していますが、マイナーのクラブはMLBにそのライセンスを申請して受理されたということを意味しています。

2. アリゾナ、フロリダ、ドミニカでの選手開発

 これは今までドラフト後の選手がプレーする場であったショートシーズンAやルーキーリーグ(国内、国外)を整理したということです。これによりなくなってしまうクラブも出てきました。

3. MLB Draft League

新しいシステムの目玉のような制度ですが、これはドラフト前の選手を一同に会させ、そこでショーケースとして選手を発掘する機会を作ろうという制度。パーフェクト・ゲームという高校生を集めるショーケースがありますが、それをやろうという試みです。

ドラフトは7月、20巡

 3のMLB Draft Leagueとも大いに関連するのですが、毎年6月に行われていたドラフトをオールスターウィークの7月に移動。そして2021年のラウンド数は20で終了(ひょっとしたら30巡まで増えるかもしれませんが、現時点では20ラウンドで終了)。

 カレッジのリーグなどが終了した後にドラフトリーグで選手を見定めるということを行います。

リーグも一部は消滅

 たとえばトリプルAなら、インターナショナル・リーグとパシフィック・コースト・リーグがあり、それぞれ3地区に分かれていたりするのですが、こういったリーグの再編成も発生します。詳細が分かり次第記事にしてみたいと思います。

Minor League Standings
The Official Site of Minor League Baseball web site includes features, news, rosters, statistics, schedules, teams, live game radio broadcasts, and video clips.

新アフィリエイトの例

 新アフィリエイトの一部を記載しておきます。

  • Baltimore Orioles(オリオールズ)
    • AAA:ノーフォーク(バージニア)
    • AA:ボウイ(Bowie. メリーランド)
    • high-A:アバディーン(Aberdeen, メリーランド)
    • low-A:デルマーバ(Delmarva, メリーランド)

 アバディーンはショートシーズンAからの昇格。High-AだったフレデリックはMLBドラフトリーグへ。

  • Boston Red Sox(レッドソックス)
    • AAA:ウスター(Worcester, マサチューセッツ)
    • AA:ポートランド(メイン州)
    • high-A:グリーンビル(サウスカロライナ)
    • low-A:セーラム(Salem, バージニア)

 これまでトリプルAはポータケット(Pawtucket)でしたが、ウスターに変更。High-AとLow-Aが入れ替わりました。そしてショートシーズンだったローウェル(Lowell)は無くなることに。

 このような形で既存のクラブがドラフトリーグへ鞍替えとなったり、消滅へということに。

 本当は全30クラブの動向を記したいのですが、文字数が多くなると読み込みが遅くなるので後日、別記事にて記載したいと思います。

洗練されたキャラクターがなくなるのは辛い

 なお、マイナーリーグと言えば、その洗練されたキャラクターがかわいいですよね。なくなってしまうのは代表的なクラブは以下です。国内外のルーキーリーグは省略しています。

  • ローウェル Lowell (Massachusetts) Red Sox/ SS-A
  • ヘイガータウン Hagerstown (Maryland) Nationals/ A
  • バーリントン Burlington (Iowa) Angels / A ※上記の埋め込み
  • クリントン Clinton (Iowa) Marlins/ A
  • ケイン・カウンティ Kane County (Illinois) D-Backs/ A
  • レキシントン Lexington (Kentucky) Royals/ A
  • シャーロッテ Charlotte (Florida) Rays/ high-A
  • ウェスト・バージニア West Virginia (Charleston) Mariners/ A
  • ノースポート (North Port, Florida), Braves/ high-A
  • セーラム・カイザー Salem-Keizer (Oregon) Giants/ SS-A
  • スターテン・アイランド Staten Island (New York) Yankees/SS-A
  • バタビア Batavia (New York) Marlins/ A
  • オーバーン Auburn (New York) Nationals/ SS-A
  • ノリッジ Norwich (Connecticut) Tigers/ SS-A
  • トライシティ Tri-City (New York) Astros/ SS-A
  • バーモント Vermont (Burlington) Athletics / SS-A
  • ランカスター Lancaster (California) Rockies*/ High-A
  • ボイジー Boise (Northwest) Rockies/ SS-A

 ただ、もう少し様子を見たいと思います。ひょっとしたら、どこかのアフィリエイトに入るかもしれません。

 以上、大きく変わったマイナーリーグについてでした。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
【MLB2022FA】ドジャースがクリス・テイラーと4年/60Mドルで再契約したディールについて
【MLBワード】ポストシーズン・シェアとは?
タイトルとURLをコピーしました