スポンサーリンク

【MLB2013】1981年のWS以来! ヤンキー・スタジアムでのNYY-LAD戦

2013インターリーグ

こんにちは(^^)

現地2013年6月19日行わたヤンキース VS ドジャースのインターリーグがヤンキー・スタジアムで開催されました!

この2チームがレギュラー・シーズンで対戦するのは非常に珍しいことです。

インターリーグ開始は1997年

インターリーグが始まったのが1997年です。きっかけは94年にストライキを起こしてファンが離れたので、なんとかファンを呼び戻そうと企画されたのがそうでした。 ちなみに野茂さんのデビューは95年でしたね。野茂さんもファン回復に一役かった選手です。

ご近所対戦が多かった

インターリーグが開催された当初は、同地区同士のいわゆるご近所での対戦しか組まれていませんでしたから、東地区のヤンキースと、西地区のドジャースがレギュラーシーズンで相まみえることはありませんでした。

ご近所での対戦ゆえに、サブウェイ・シリーズとかウィンディ・シティー・シリーズ、ハイウェイ・シリーズなど話題となるカードが誕生したのも事実です。

以上のような経過から、NYY-LADという伝統の対戦はワールドシリーズでぶつかるまで実現することがなかったのです

魅力あるカードも組もう

しかし、近年、魅力のあるカードも組もうということから、このカードのレギュラーシーズンでの対戦も実現されました。

2004年と2010年です。

ただ、場所はいずれもドジャー・スタジアム。

野茂、黒田も登板

2004年には野茂さんがドジャースに2度目に在籍していた時です。この時は敗戦投手になってしまいました。

また、黒田投手も登板しておりますが、2010年のことですから黒田投手がドジャース時代のものになります。この時は黒田投手が勝利投手になっていますね。

1981WS以来

この両チームがヤンキー・スタジアムで対戦するのは、1981年のワールドシリーズ以来となります。

1981年のワールドシリーズは、NYYにロン・ギドリー、ゴセージ、手術の名前にもなっているトミー・ジョン、ウィンフィールド、そしてレジー・ジャクソンがいました。

ドジャースにはラソーダ監督を始め、イェーガー、バレンズエラ、MVPとなったロン・セイがいました。

懐かしい名前ですね!!この時以来、この2チームがヤンキー・スタジアムで対戦していないとはちょっと驚きでもありました。

ちなみにレジー・ジャクソンがドジャースとのワールドシリーズで3連続HRを放ったのは1977年のワールドシリーズになります。

対戦結果はドジャースが4勝2敗で見事WSチャンプに。

↓もし雰囲気をご覧になりたい方は動画をどうぞ。

Must C Classic: Dodgers win 1981 World Series

ヤンキースとドジャースはリーグは違えど、もとはNYにあったチーム同士ですし、やはりライバルには相違ないですね。その対戦でイチロー選手や黒田投手が活躍してくれたのはやはり嬉しいことです。

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

コメント

NEW

【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
タイトルとURLをコピーしました