スポンサーリンク

【MLB2013】1981年のWS以来! ヤンキー・スタジアムでのNYY-LAD戦

2013インターリーグ

こんにちは(^^)

現地2013年6月19日行わたヤンキース VS ドジャースのインターリーグがヤンキー・スタジアムで開催されました!

この2チームがレギュラー・シーズンで対戦するのは非常に珍しいことです。

インターリーグ開始は1997年

インターリーグが始まったのが1997年です。きっかけは94年にストライキを起こしてファンが離れたので、なんとかファンを呼び戻そうと企画されたのがそうでした。 ちなみに野茂さんのデビューは95年でしたね。野茂さんもファン回復に一役かった選手です。

ご近所対戦が多かった

インターリーグが開催された当初は、同地区同士のいわゆるご近所での対戦しか組まれていませんでしたから、東地区のヤンキースと、西地区のドジャースがレギュラーシーズンで相まみえることはありませんでした。

ご近所での対戦ゆえに、サブウェイ・シリーズとかウィンディ・シティー・シリーズ、ハイウェイ・シリーズなど話題となるカードが誕生したのも事実です。

以上のような経過から、NYY-LADという伝統の対戦はワールドシリーズでぶつかるまで実現することがなかったのです

魅力あるカードも組もう

しかし、近年、魅力のあるカードも組もうということから、このカードのレギュラーシーズンでの対戦も実現されました。

2004年と2010年です。

ただ、場所はいずれもドジャー・スタジアム。

野茂、黒田も登板

2004年には野茂さんがドジャースに2度目に在籍していた時です。この時は敗戦投手になってしまいました。

また、黒田投手も登板しておりますが、2010年のことですから黒田投手がドジャース時代のものになります。この時は黒田投手が勝利投手になっていますね。

1981WS以来

この両チームがヤンキー・スタジアムで対戦するのは、1981年のワールドシリーズ以来となります。

1981年のワールドシリーズは、NYYにロン・ギドリー、ゴセージ、手術の名前にもなっているトミー・ジョン、ウィンフィールド、そしてレジー・ジャクソンがいました。

ドジャースにはラソーダ監督を始め、イェーガー、バレンズエラ、MVPとなったロン・セイがいました。

懐かしい名前ですね!!この時以来、この2チームがヤンキー・スタジアムで対戦していないとはちょっと驚きでもありました。

ちなみにレジー・ジャクソンがドジャースとのワールドシリーズで3連続HRを放ったのは1977年のワールドシリーズになります。

対戦結果はドジャースが4勝2敗で見事WSチャンプに。

↓もし雰囲気をご覧になりたい方は動画をどうぞ。

Must C Classic: Dodgers win 1981 World Series

ヤンキースとドジャースはリーグは違えど、もとはNYにあったチーム同士ですし、やはりライバルには相違ないですね。その対戦でイチロー選手や黒田投手が活躍してくれたのはやはり嬉しいことです。

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
【MLB2024】ドジャース、パドレスとの海外開幕戦に勝利!大谷選手は5-2、ダルビッシュ投手も好投
【MLBルールチェンジ2024】ピッチクロックの変更、走路、マウンド・ビジット回数に変更あり
【MLB2024FA】ついに決定!ブレイク・スネルはジャイアンツと2年契約
【MLB2024】ナッツのスティーブン・ストラスバーグは未だ40manロスター。今後の動向は?
タイトルとURLをコピーしました