平野投手、Dバックスを救う価値あるメジャー初セーブ!大ピンチを三者凡退!

ロッキーズ、ドジャース、Dバックスの3チームが熾烈なペナント争いを繰り広げているナ・リーグ西地区。

ここに来て、Dバックスの勢いが落ちておりました。8月31日からは10戦して2勝8敗と大きく負け越し、首位から3位に後退という状況。

現地2018年9月10日からは首位ロッキーズとの直接対決が始まり、Game1は2-13で大差で落とし、首位と3.5ゲーム差まで広がり、このまま現地2018年9月11日のGame2を落とすようなことがあればペナント争いの脱落の危機が見えておりました。

しかし、そこに踏みとどまったのはエースの踏ん張りと、新戦力の安定感。ザックと平野投手がチームの危機を救いました!!

ザック、失点後の投球にエースの貫禄

メジャー15年め、34才のシーズンを迎えているザック・グレインキがこの日の先発。立ち上がりにチャーリー・ブロックモン、ノーラン・アレナド、トレバー・ストーリーに3本の2塁打を打たれて2失点し、味方の先制をフイにしてしまったのですが、その後のピッチングはさすがでした。

あの強力打線のロッキーズを2回から5回まで三者凡退に!攻撃への流れをつくります。その甲斐あって、6回表に味方打線が2点を勝ち越し。

ロッキーズも死ぬ気で反撃してくる6回裏のマウンドで、ザックは2アウトから2塁打を2本浴びて1点を失ったものの、ロッキーズの流れの中で最少失点で切り抜けました。この辺は本当にすごいマウンド度胸だと思います。ザックは7回裏、2アウトからマット・ホリデーに2塁打を打たれたところで交代。6回2/3、93球の力投でよい流れをつくりました。

クローザーに平野投手!MLB初セーブ

9月10日に不調により、クローザーを務めていたブラッド・ボックスバーガーをクローザーから外すことを決断したトーリ・ロブロ監督。ちなみに、ロブロ監督は2000年にヤクルトでプレーしたことがあります。

Dバックスは8回表にも2点を追加し、6-3とリード。その決断以降初めて逃げ切る展開となったこのゲームでロブロ監督が最後の最後にマウンドに送ったのは平野投手でした。しかもその起用は、本物のクローザーとしての指名と言って差し支えないと思います。

なぜなら、同点あるいはサヨナラもあり得た厳しい状況でロブロ監督がすがるようにマウンドに送ったのが平野投手だったからです。

実は、当初9回裏のマウンドにいたのはジェイク・ディークマン。レンジャーズでもゲームを締めた経験のある投手です。

ところが、そのディークマンが最終回1点リードの状況で、先頭のカルロス・ゴンザレスに二塁打、次打者のライアン・マクマホンにシングルを打たれ、ノーアウト1、3塁の大ピンチを作っていたのです。本当によくシングルで同点にされなかったものです。

そのような状況で頼りにされた平野投手。これが圧巻でした!

まずイアン・デズモンドを4球で空振り三振で1アウト。つづくクリス・イアネッタには2-1のボール先行カウントになりながらも、最後は91.9mphの4シームで三振。これで2アウト。

次打者のチャーリー・ブロックモンの時に1塁ランナーが2塁へ進み、2アウト2,3塁の状況になりましたが、2球でブロックモンを追い込み、スプリットを見せて、最後は4シームでCFライナーに。

なんと大ピンチを強心臓で3人で抑える安定感。同点を覚悟していただろうロブロ監督に期待以上の結果を見せたのでした。平野投手は今季70試合目の登板でメジャー初セーブとなりました。おめでとうございます!

この日、ドジャースが敗れましたので、Dバックスは首位とのゲーム差を2.5に縮めました。

エンゼルス、ジム・ジョンソンが先発!

別カードの話題ですが、エンゼルスは先発がいなかったのか、なんとジム・ジョンソンが先発!ジム・ジョンソンはかつてはオリオールズのクローザーで、2012年に51SV、2013年に50SVを上げた投手です。先発はキャリア2度め。

そのジョンソンが1回1/3を投げ、無安打で交代!以降、オールスターのような一人1イニング担当で計8人でレンジャーズを完封しましたwww

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク