スポンサーリンク

【MLB2023】大谷選手、KCを相手に6者連続を含む11Kで今季3勝目!現在、ERAトップ!

雨のフェンウェイ以来、中3日で登板

 レッドソックス4連戦、ヤンキース3連戦と東海岸での7連戦を終えたエンゼルスは、長距離トリップにも関わらず移動日無しで現地2023年4月21日から地元アナハイムでロイヤルズを迎えての3連戦。

 そのGame 1で大谷翔平選手がマウンドに立ちました。

 大谷選手は、現地2023年4月17日のフェンウェイ・パークでのレッドソックス戦に登板したばかり。このゲームは大雨で中断などが入ったため、2イニングでマウンドを降りた訳ですが、余力があったため、この日の登板となりました。

オホッピーがIL入りでウォラックがマスク

 エンゼルスですが、このゲームはローガン・オホッピーが10 Day IL入りとなり、欠場。ヤンキースとの3戦目で9回にスイングの際に左肩を傷めたのが原因です。

 もはや大谷選手の新女房役としての板についてきたところでしたし、何より .283/.339/.547、4HRと攻撃でも大きく貢献していただけに痛いところです。

 エンゼルスはバック・ストップとして獲得していたチャド・ウォラックをトリプルAから上げてスタメン起用。これがこのゲームでハマりました。

大谷選手、11K

 大谷選手の投球ですが、危なげないところがない感じで安心して見ていられました。この日もスウィーバーがカウント球として、あるいはフィニッシュとして威力を発揮し、大谷選手の投球を楽にしていましたね。

 ロイヤルズ打線で特に気をつけたいのは3人。一人は2021年のHRキングのサルバドール・ペレス。捕手だけに打たれると守りにも良い影響が出てしまいます。さらに、リードオフのボビー・ウィット・Jr.。若いだけに乗せたくない打者です。また、WBCでイタリア代表として活躍し、日本戦でも厄介だったニッキー・ロペスもそうです。この3人が上位、中位、下位に名を連ねる打線です。

 しかし、この日の大谷選手は、ボビー・ウィットを3三振、サルバドール・ペレス、ニッキー・ロペスからそれぞれ1つずつダブル・プレーを取るなど、キープレーヤーを完全に封じました。

 そして、6回には先頭のニッキー・ロペスに四球を出したものの、そこから7回にかけて6者連続三振を奪う投球。

 大谷選手は、7.0イニング、102球を投げ、被安打2、スコアレス、BB 2 、SO 11という圧巻の投球を見せました。

【YOUTUBE】SHOHEI OHTANI, YOU ARE UNBELIEVABLE! Ohtani strikes out 11 in 7 SCORELESS innings! (ERA now 0.64)

チャド・ウォラックが2ランHR!

 ローガン・オホッピーが抜け、しかもこの日はマイク・トラウトもスタメンから外れました。連戦がつづくので、ふくらはぎを痛めやすいトラウトはやはり休みを入れた方が良いと思います。ふくらはぎからアキレス腱への重大な怪我につながる恐れもあるので、うまく休んでもらいたいですね。

 そのようなことから、この日はいつもより打線の援護が少ないと誰もが思ったと思うのですが、ところが上がったばかりのチャド・ウォラックが一仕事をやってのけました。

 オープナーで臨んできたロイヤルズは先発のテイラー・クラークが2イニングで交代。3回からはレイズ時代からオープナーの2番手として稼働してきたライアン・ヤーブロー。

 3回裏、エンゼルスは1アウトからザック・ネトーが死球を受けて出塁。つづくバッターはチャド・ウォラック。右打席のウォラックは、左投手のヤーブローということで若干の期待はありました。また、ヤーブローはベロシティーが落ちるので、ゾーンの見極めだけを気をつければ出塁はあるかも・・・くらいの気持ちで見ていたのですが、6球目、インコースに入ってくるチェンジアップに見事に対応。左中間スタンドに入る大きなHRで大谷選手に2点をプレゼントします。

 結果、これが決勝点となり、エンゼルスは8回表にカルロス・エステベス、9回表にホセ・キハーダを起用するという間違いを犯すリスクが低い2人で2点を守り、シャット・アウト勝利。

MLB Gameday: Royals 0, Angels 2 Final Score (04/21/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

 大谷選手に3勝目がつきました。

大谷選手の完璧なピッチコム操作

 ピッチコムがある関係で、初バッテリーということで、この日のサインは大谷選手がピッチコムによる通信で決めていて、チャド・ウォラックはサインを出す振りをしていただけでしたね。捕手としてはちょっと悲しいかもしれませんね。まあ試合に出るのが先決でしょうけど。

 大谷選手は左袖の下にピッチコムを入れて、一瞬で操作して投球動作に入っていましたが、ボタンが数カ所ある中でどうやって操作しているのか、疑問でした。ボタン位置を確認する操作がないのです。

 これは違う日の登板の模様ですが、どうやら押す位置を完璧に把握している模様。

 ナショナルズ戦で不正投球を疑われた時の映像です。あんなところに付けていてよく押し間違いをしないものだと感心します。

NOW ! ERAリーダー

 現在、大谷選手のERAは0.64でMLB NO.1です! 

 この日の登板で今季は5度目でしたが、いずれも2失点未満の投球。これは昨シーズンから数えて12試合連続です。

 なお、大谷選手は降板後の打席でシングルヒットを放ち、4打数1安打でした。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
タイトルとURLをコピーしました