スポンサーリンク

【MLB2023】大谷選手、僅差リードの展開で流れを渡さず今季初勝利!投打でピッチクロックにもヒット

2023年2度めの登板で初勝利

 このゲーム前までは3勝2敗とまだ投打のアンバランスが見られるエンゼルス。打線が機能していればかなりの強さを見せるものの、そうでない時には投手が踏ん張りきれない面も見せております。現地2023年4月5日は、ローテーションがちょうどタイミングよく大谷選手です。弾みをつけたいところですね。

 大谷投手は3月30日の開幕以来、中5日を空けての登板。今季も原則中5日で回して行きそうですね。そしてこの日の初勝利は、エンゼルスにとっても僅差をものにしたという点で非常に価値のある1勝となりました。

【YOUTUBE】Shohei Ohtani with another STANDOUT performance! Strikes out 8 and records RBI single!

立ち上がりに苦戦

 大谷選手ですが、立ち上がりに苦戦しました。低めには集めていたものの、大きく曲がるスライダーことスウィーパーがややひっかかり気味。カウント球で苦労した大谷選手はリードオフのフリオ・ロドリゲス、タイ・フランスに連続四球。

 さらに3番、エウへニオ・スアレスに甘く入ったシンカーをうまくRFへ弾き返され、2塁ランナーのフリオ・ロドリゲスが生還して1失点。

 この時、ホームは間に合わないと判断したRFのハンター・レンフローは1塁ランナーのタイ・フランスの3塁進塁を阻止するべく、3塁へスロー。ところが、これが悪送球となりファウルグランドに転がる惨事に。それを見て本塁を伺ったタイ・フランスでしたが、レンフローの送球に勢いがあったため、ボールがウォールに当たり、取りに行ったジオ・ウルシェラにうまく跳ね返り、ジオ・ウルシェラがホームへスロー。

 このスローはランナーと重ならないように投げたうまいスローでした。捕手のローガン・オホッピーも走路を空けつつ、うまくタッチ。なんとか2失点目を防ぎました。

 大谷選手は2回から4回まではヒット、フォアボール、デッドボールと毎回ランナーを背負う投球となりましたが、6回にはテオスカー・ヘルナンデス、コルテン・ウォン、AJ・ポロックと3者三振に仕留める投球を見せ、僅差のゲームで流れを渡しませんでした。

 大谷選手は6回、111球を投げ、被安打3、失点1、BB 4、HBP 2、SO 8、HR 0。苦戦しながらもゲームの中で調子を上げて行く姿はさすがエースと呼ぶにふさわしい投球となりました。

7回にリードを広げる

 マリナーズの先発はクリス・フレクセン。2021シーズンに14勝を上げた右腕ですが、2022年は今ひとつピリッとしませんでしたが、先発にブルペンにいろんな局面でチームに貢献しました。

 そのフレクセンに対してエンゼルス打線は、失点直後の2回表に新女房役のローガン・オホッピーがLFへ大きな2ランHRを放ち、2-1と逆転。

 2回から4回まで3人ずつで凡退した打線は5回表に、2番手のマット・ブラッシュの乱調でノーアウト・ランナー2、3塁のチャンスを迎えたのですが、得点を奪えず悪い流れとなりました。

 その流れを大谷選手が阻止したところにこのゲームの勝因があります。

 7回表、ディエゴ・カスティーヨにスイッチしたマリナーズでしたが、エンゼルスは打線が活性化。イニング先頭のジオ・ウルシェラの二塁打を皮切りに、マイク・トラウトの内野安打、大谷選手のLFへのシングルで2点を追加。スコアを4-1とし、ゲームを締めにかかりました。

頼みのジミー・ハーゲットが打たれる

7回裏、エンゼルスのマウンドには2番手でマット・ムーアが上がりました。ランナーを1人残し2アウトを奪ったところで降板。イニング途中で頼みのジミー・ハーゲットにリレーします。

 ところがこの日のジミー・ハーゲットはコマンドが悪く、真ん中にボールを集める投球が続き、2失点を喫してしまい、4-3とエンゼルスのリードは1点に。

 ハーゲットは8回裏にも1安打されましたが、無失点で切り抜けました。

キハーダがゲームを締める 

 最終回のエンゼルスのマウンドにはホセ・キハーダが上がりました。WBCでも活躍しましたね。

 その勢いをそのままにファストボールで圧したキハーダは、1安打を許したものの虎の子の1点を守りきり、エンゼルスが4-3で勝利し、大谷選手に今季初勝利が付きました。

Angels 4, Mariners 3 Final Score (04/05/2023) on MLB Gameday
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

 かなり厳しいゲームでしたが、チーム一丸で1点を守ったという点で今後の弾みになるゲームになったのではないでしょうか?

 先発がゲームメイクした試合は取りたいですね。

 なお、このゲームで大谷選手は投手と打者でピッチクロック・バイオレーションを犯してしまいました。当然、史上初!!

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024FA】レイズ、SS補強にアーメッド・ロザリオを獲得
【MLB2024FA】ブルワーズがブランドン・ウッドラフと再契約へ
【MLB2024FA】レッドソックスが”トミー・ジョン”リハビリ中のリアム・ヘンドリクスと2年契約で合意!
【MLBトレード2024】ロイヤルズ、レッドソックスからジョン・シュライバーを獲得
【MLB2024FA】フィリーズがウィット・メリフィールドと1年契約で合意
【MLB2024FA】ホワイトソックスがマイク・ムスターカスとマイナー契約
【MLB2024】オリオールズは怪我のニュースからスタート!カイル・ブラデッシュ(UCL)、ガナー・ヘンダーソン(腹斜筋)が怪我
【MLB2024FA】フィリーズがスペンサー・ターンブルを獲得!2021年にノーヒッターを達成
【MLB2024FA】ジャイアンツが注目FAのホルヘ・ソレアーを獲得!3年契約で合意
【MLB2024】ナショナル・リーグ中地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB2024】アメリカン・リーグ中地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB2024FA】レイズがフィル・メイトンを獲得したディールについて
【MLB2024】アスレチックス、2028年からのラスベガス移転に悪戦苦闘中
【MLB2024】レッドソックスがマイケル・フルマーとマイナー契約!2024年は投げられない!
【MLB2024FA】ドジャース、肩の手術を終えたクレイトン・カーショウと再契約へ(追記あり)
【MLB契約2024】ロイヤルズが”スーパー・エリート”のボビー・ウィット・Jr.と11年/288.78Mドル保証で延長契約!
【MLB2024】ドジャースがブルペンを更新!ケイレブ・ファーガソンをトレードし、ライアン・ブレイジャーと2年契約
【MLB2024】マリナーズがホワイトソックスからグレゴリー・サントスをトレードで獲得
【MLB2024】セオ・エプスタインがレッドソックスの親会社のフェンウェイ・スポーツ・グループに参加
【MLB2024】メッツがアダム・オッタビーノ、藤浪投手、ジェイク・ディークマンを獲得
【MLBトレード2024】オリオールズがブルワーズからコービン・バーンズを獲得!
【MLB2024】コーリー・シーガーがスポーツ・ヘルニアの手術を受けるも、シーズンへの影響は最少
【MLB2024FA】注目FAのジャスティン・ターナーはブルージェイズと1年契約で合意
【MLB2024】マリナーズがツインズからホルヘ・ポランコをトレードで獲得!
【MLB2024FA】ロイヤルズがアダム・フレイジャーと1年契約で合意
【MLB2024FA】注目リリーバーのヘクター・ネリスはカブスとサイン!
【発表!】MLB 2024トップ・プロスペクト・ランク100!1位はオリオールズのジャクソン・ホリデー!
【MLB2024FA】レンジャーズがデービッド・ロバートソンを獲得!1年/11.5Mドル保証でサイン
【MLB2024FA】Dバックスがジョク・ピダーソンを獲得!1年/12.5Mドル保証で合意
【MLB2024FA】ナショナルズがジョーイ・ギャロと1年契約で合意
タイトルとURLをコピーしました