スポンサーリンク

【MLB2023】大谷選手、僅差リードの展開で流れを渡さず今季初勝利!投打でピッチクロックにもヒット

2023年2度めの登板で初勝利

 このゲーム前までは3勝2敗とまだ投打のアンバランスが見られるエンゼルス。打線が機能していればかなりの強さを見せるものの、そうでない時には投手が踏ん張りきれない面も見せております。現地2023年4月5日は、ローテーションがちょうどタイミングよく大谷選手です。弾みをつけたいところですね。

 大谷投手は3月30日の開幕以来、中5日を空けての登板。今季も原則中5日で回して行きそうですね。そしてこの日の初勝利は、エンゼルスにとっても僅差をものにしたという点で非常に価値のある1勝となりました。

【YOUTUBE】Shohei Ohtani with another STANDOUT performance! Strikes out 8 and records RBI single!

立ち上がりに苦戦

 大谷選手ですが、立ち上がりに苦戦しました。低めには集めていたものの、大きく曲がるスライダーことスウィーパーがややひっかかり気味。カウント球で苦労した大谷選手はリードオフのフリオ・ロドリゲス、タイ・フランスに連続四球。

 さらに3番、エウへニオ・スアレスに甘く入ったシンカーをうまくRFへ弾き返され、2塁ランナーのフリオ・ロドリゲスが生還して1失点。

 この時、ホームは間に合わないと判断したRFのハンター・レンフローは1塁ランナーのタイ・フランスの3塁進塁を阻止するべく、3塁へスロー。ところが、これが悪送球となりファウルグランドに転がる惨事に。それを見て本塁を伺ったタイ・フランスでしたが、レンフローの送球に勢いがあったため、ボールがウォールに当たり、取りに行ったジオ・ウルシェラにうまく跳ね返り、ジオ・ウルシェラがホームへスロー。

 このスローはランナーと重ならないように投げたうまいスローでした。捕手のローガン・オホッピーも走路を空けつつ、うまくタッチ。なんとか2失点目を防ぎました。

 大谷選手は2回から4回まではヒット、フォアボール、デッドボールと毎回ランナーを背負う投球となりましたが、6回にはテオスカー・ヘルナンデス、コルテン・ウォン、AJ・ポロックと3者三振に仕留める投球を見せ、僅差のゲームで流れを渡しませんでした。

 大谷選手は6回、111球を投げ、被安打3、失点1、BB 4、HBP 2、SO 8、HR 0。苦戦しながらもゲームの中で調子を上げて行く姿はさすがエースと呼ぶにふさわしい投球となりました。

7回にリードを広げる

 マリナーズの先発はクリス・フレクセン。2021シーズンに14勝を上げた右腕ですが、2022年は今ひとつピリッとしませんでしたが、先発にブルペンにいろんな局面でチームに貢献しました。

 そのフレクセンに対してエンゼルス打線は、失点直後の2回表に新女房役のローガン・オホッピーがLFへ大きな2ランHRを放ち、2-1と逆転。

 2回から4回まで3人ずつで凡退した打線は5回表に、2番手のマット・ブラッシュの乱調でノーアウト・ランナー2、3塁のチャンスを迎えたのですが、得点を奪えず悪い流れとなりました。

 その流れを大谷選手が阻止したところにこのゲームの勝因があります。

 7回表、ディエゴ・カスティーヨにスイッチしたマリナーズでしたが、エンゼルスは打線が活性化。イニング先頭のジオ・ウルシェラの二塁打を皮切りに、マイク・トラウトの内野安打、大谷選手のLFへのシングルで2点を追加。スコアを4-1とし、ゲームを締めにかかりました。

頼みのジミー・ハーゲットが打たれる

7回裏、エンゼルスのマウンドには2番手でマット・ムーアが上がりました。ランナーを1人残し2アウトを奪ったところで降板。イニング途中で頼みのジミー・ハーゲットにリレーします。

 ところがこの日のジミー・ハーゲットはコマンドが悪く、真ん中にボールを集める投球が続き、2失点を喫してしまい、4-3とエンゼルスのリードは1点に。

 ハーゲットは8回裏にも1安打されましたが、無失点で切り抜けました。

キハーダがゲームを締める 

 最終回のエンゼルスのマウンドにはホセ・キハーダが上がりました。WBCでも活躍しましたね。

 その勢いをそのままにファストボールで圧したキハーダは、1安打を許したものの虎の子の1点を守りきり、エンゼルスが4-3で勝利し、大谷選手に今季初勝利が付きました。

MLB Gameday: Angels 4, Mariners 3 Final Score (04/05/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

 かなり厳しいゲームでしたが、チーム一丸で1点を守ったという点で今後の弾みになるゲームになったのではないでしょうか?

 先発がゲームメイクした試合は取りたいですね。

 なお、このゲームで大谷選手は投手と打者でピッチクロック・バイオレーションを犯してしまいました。当然、史上初!!

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
タイトルとURLをコピーしました