スポンサーリンク

【MLB 2021】エンゼルスの大谷選手、登板翌日にDHで出場!今季5号HRは日米通算100HR

TEXとの3連戦は1勝2敗

 レンジャーズとのシリーズ・フィナーレとなった現地2021年4月21日、エンゼルスはマイク・トラウト、大谷翔平選手、ジャスティン・アップトン、そしてホセ・イグレシアスの4人からそれぞれ1本ずつ、計4本のHRが出ました。

 たくさんの花火が上がり、勝利と行きたかったところですが、得点はそのソロHR4本のみ。ゲーム後半、ブルペンが崩れ、接戦で追いつくところが逆に引き離され、4-7で敗戦。この3ゲームシリーは1勝2敗と負け越しました。

大谷選手登板翌日のゲームで先発出場

 前日のGame2に先発し、4イニング、80球を投げた大谷選手ですが、このゲームでは2番DHでスタートから出場。前回登板ではホセ・イグレシアスのタフなスライディングで足をすくわれて降板したため、翌日は大事をとって代打での出場でしたが、今回はスタートから。

今季5号

 第1打席ではマイク・フォルティネビッツに三振を喫した大谷選手。しかし、3回裏に回ってきた第2打席では5球目のスライダーをフルスイング。ややインコース寄りでしたので、RFを弾き返した当たりは高い打球となり、スタンドインするかどうかの飛距離。それを見た大谷選手は全力疾走。結局、スタンドインし、HRになったのですが、ベースランニングの勢いそのままにホームイン。この走塁がきっちりと計測されていて、なんとHRなのにベース一周17秒3が出ました。

 大谷選手のHRは今季5本目。 

メジャー52本目

 そしてこのホームランはメジャー通算52本目。大谷選手はNPBで48本のHRを放っていましたから、節目の日米通算100号HRとなったのでした。おめでとうございます!

【大谷選手のHRログ】(現地2021年4月21日時点)

  • 2013 (日ハム) : 3
  • 2014 (日ハム) : 10
  • 2015 (日ハム) : 5
  • 2016 (日ハム) : 22
  • 2017 (日ハム) : 8 / NPB: 48 HR
  • 2018 (LAA) :22
  • 2019 (LAA): 18
  • 2020 (LAA): 7
  • 2021 (LAA): 5 / MLB: 52 HR

大谷選手のHRの傾向

 メジャー4シーズン目で52本。節目の数字ではありませんがメジャー100号に向けてちょうど半分を折り返したところなので、少し傾向を出してみたいと思います。数字はメジャー52本を基にしたものです。

ホームでのHRの方が多い

  • ホームゲーム:33
  • ロードゲーム:19

ホームのエンゼル・スタジアムで投げたり、DHで出たりすることが多かったというのもありますが、ホームでのHRの方が多いですね。

途中出場でも2本

  • スターター:50
  • 途中出場:2

 代打で途中出場してホームランというのが2本もあります。

初球が14本も 

 センセーショナルなHRも多い大谷選手。その理由の一つが、初球から打ちにいくというケースも多いからで、初球のHRは14本もありました。

左投手からは?

 左右、どちらの投手からどれくらい放っているのかという点ですが、右投手から45本、左投手からは7本という数字が出ています。

今季は30本を狙えるか?

 連日、出場している大谷投手はこのまま怪我もなく、順調にシーズンを過ごしたとして、HR数は20本を確実に超えそうです。そして30本という一つの大きな目安も十分に見えています。

ベーブ・ルースの30HR超えシーズン

 なおベーブ・ルースが30HRを超えたのはデビュー3年めの1916年のこと。ちなみにその前年の1915年は29本と30本まであと1本届かず。また、1916年は投手としてどんな年だったかというと、40先発で323.2イニングを投げ、23勝12敗でERA 1.75でした。

 ベーブ・ルースが伝説を作った年でもありました。

 大谷選手、楽しみです。直近のスケジュールは現地22日からはミニッツメイドでアストロズとの4連戦、現地26日からはグローブ・ライフ・フィールドで再びレンジャーズと3連戦。そして30日から5月2日まではシアトルでマリナーズ戦となっています。有原投手、菊池雄星投手とマッチアップするでしょうか?!

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 契約 2023】ポスティング受理わずか1日!レッドソックスが吉田正尚選手を速攻で獲得!
【MLB 2023 FA】アーロン・ジャッジはヤンキースに決定!9年/360Mドル保証の超大型契約へ
【MLB FA 2023】注目SSのトレイ・ターナーはフィリーズに決定!11年/300Mドルの豪華契約へ
【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
タイトルとURLをコピーしました