スポンサーリンク

【MLB】メッツ、スティーブン・コーエン氏と売却ディールの合意へ!さよならウィルポン・ファミリー

.475 B(24億7500万ドル)でディール

 現地2020年9月14日、アレックス・ロドリゲスとジェニファー・ロペス組も参戦していたメッツの売却話がついに完結。

 スティーブン・A・コーエン氏への売却が決まりました。売却額は$2.475 B(24億7500万ドル)、日本円でざっと2,600億円ほどになります。

ロイヤルズは.0Bだった

 なお、ロイヤルズが2019年オフに現オーナーに売却された額は$1.0Bと言われていますから、メッツの価値の凄さがよくわかりますね。

11月に承認へ

 今後11月に29オーナー中(メッツを除くので29)、23オーナーから買収の承認が得られれば、コーエン氏は95%の筆頭オーナーになります。このディールにメッツのメディアであるSNY Networkが入っているかどうかなど、詳細はいまのところ明らかになっていません。

やはりファンドオーナー

 MLB球団の経営はもはやファンドでないと買収できないような金額規模となっていますが、スティーブン・コーエン氏はヘッジ・ファンドのオーナー。

 もともとはウォール・ストリートの Gruntal & Co.という会社でトレーダーをやっていたコーエン氏。それから複数のファンドを経て、2016年からPoint72 Venturesというヘッジ・ファンドのオーナーになりました。

メッツ・ファン「さよならウィルポン家」

 メッツ・ファンからかなり評判の悪かった現オーナーのウィルポン・ファミリー。1980年代からメッツのオーナーとなっていましたが、ファンは1986年以来、ワールドシリーズ・チャンプになっていないことに非常に不満があったので、このディールでメッツが変わることを望んでいるようです。

ワゲネンGMも今季で終了か?

 ブロディー・ヴァン・ワゲネン現GMもこの売却により今シーズンをもって退くことが濃厚です。

 ジェイコブ・デグロム、ピート・アロンソがいるうちになんとかワールドシリーズを獲りたいところですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
タイトルとURLをコピーしました