スポンサーリンク

【MLB2020】「こんなの初めて見た!」エンゼルス、デービッド・フレッチャーがとんでもないボールを二塁打に!!

衝撃の二塁打

 おそらくプロのゲームで生まれて初めて見たと言っていいくらいのプレーが出ました。

 エンゼルスのリードオフ、デービッド・フレッチャー(David Fletcher)がとんでもないボールを叩き、二塁打にしました。

ヘッドが立ちまくりwww

 そのプレーが出たのは現地2020年8月21日、オークランドで行われたエンゼルス@アスレチックス戦の5回表。

 ここまでエンゼルスは先発のアンドリュー・ヒーニーが初回にマーカス・セミエンにHRを打たれるなど3点のリードを許し、これからエンゼルスが反撃に移ろうかという状況でした。

 アスレチックスのマウンドはマイク・ファイヤーズ。イニングのリードオフとして打席に立ったデービッド・フレッチャーは初球の4シームを見逃して1ストライク。つづいてマイク・ファイヤーズ独特の70mph前半の大きなカーブが2球続き、カウントが1ボール、2ストライクに。

確かに追い込まれてはいたが・・・

 たしかに追い込まれてはおりました。

 そして4球目。88.7mphの4シームはこれまたマイク・ファイヤーズ独特の抜けた高めのボール。これが175cmのデービッド・フレッチャーの頭より高いボールだったのですが、これを果敢にスイング。

 もはや懐かしい表現の「大根切り」を思わせる凄まじいスイングで、ライト線に弾丸ライナーを弾き返しました。これがフェア・ゾーンに転がり、デービッド・フレッチャーは2塁に到達。

 すさまじい二塁打を放ったのでした。

 執念でチャンスメイクしたデービッド・フレッチャーをアンソニー・レンドンがタイムリーシングルで返し、エンゼルスは1-3とリードを2点差に詰めました。

エンゼルス、再びリードを許す

 さあ、これからというところでしたが、5回裏、エンゼルスはアンドリュー・ヒーニーがまたしても捕まり、リリーフのマイク・メイヤーズとともにこの回、2失点。1-5とリードが広がりました。

 エンゼルスは6回表に、マイク・トラウトの2点タイムリーで3-5と再びリードを2点差に詰めましたが、反撃もここまで。

 アスレチックスのJ.B.ウェンデルケン、T.J.マクファーランド、ホアキム・ソリア、ライアム・ヘンドリクスのリリーバー陣に封じ込まれ、3-5で敗れました。

Angels 3, Athletics 5 (Final Score) on MLB Gameday
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone info, and Statcast data for Angels vs. Athletics at Oakland Coliseum

アスレチックス、ホーム9連勝

 アスレチックスはこの勝利で、今季ホーム・ゲーム9連勝とし、シーズン通算19勝目。勝利数はア・リーグトップ。強いですね。

アンダーレイティッド

 エンゼルスのデービッド・フレッチャーをあらためて見てみますと、1994年5月31日生まれの26才。右投げ右打ちです。上述させていただいた通り、身長は175cmと日本人選手並み。

 ドラフトは2015年のエンゼルス6巡目指名。デビューは2018年6月で24才の時。

 2019年に154試合に出場。打率.290、OBP .350、SLG .384でHR6、RBI 49、RUNSは83、BBは55。

 守備が素晴らしいのはもとより、上述の通り非常に高い出塁率を誇ります。2019年は173安打を放っています。

 下記のYoutuberがUnderrated(過小評価)と言っているように、たしかにもっと評価すべき選手であると思います。

結構、悪球打ちはありました

 さて、過去にどんな悪球打ちがあったのか調べたのですが、よく見させていただくMade the cutさんが見事に編集してくれている動画がありました。

 ただ、どうでしょうか?地面からの高さというよりは頭からどれだけ出ているかということを考えた時、やはり今回のデービッド・フレッチャーの悪球打ちは群を抜いているのではないか?とも思っております。

 今回のデービッド・フレッチャーの二塁打は珍プレーに入れていいものか、はたまた好プレーにカテゴライズすべきか。

 選手に敬意を表するスタンスを取っている当ブログとしては、実際に結果を出しているのですから、好プレーに入れないといけないとは思いつつも、やはり珍しいという意味で珍プレーに入れさせていただくことにしました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】エンゼルス、アストロズ投手陣から20三振を奪われる!1試合ではMLB最多タイ!
【MLB2022】”MAX 102.4mph!”ブレーブスのルーキー、スペンサー・ストライダーが剛球連発で4勝目
【MLB2022】タイガースのライリー・グリーン、メジャー初HRはサヨナラHR
【MLB2022】マンフレッド・コミッショナー、ロボ・アンプ導入、32クラブ拡大プランを語る
【MLB2022】好調ノーラン・アレナドがサイクル安打を達成!しかし、フィリーズが勝利
【MLB2022】パイレーツ、2試合連続で1試合3HRを放つ選手が出現!
【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
タイトルとURLをコピーしました