【MLB2018】アストロズのHRセレブレーションにカーリングが加わる

良いなと思ったらシェアお願いします

現地2018年9月3日、ア・リーグ西地区首位のアストロズはツインズと対戦。ダラス・カイケルの好投もあり、4−1で快勝し3連勝。

この日は1回2アウトからアレックス・ブレグマンに今季28号の先制アーチが飛び出しています。

2位アスレチックスもヤンキース相手に6−3で勝利し、しっかりとついていっております。ゲーム差は2.5のまま。

アレックス・ブレグマンがHRを打てばベンチ内でのセレブレーションですね。だんだんとエスカレートしてきて、ついにこの日はなぜかカーリングが加わりました。

もともとは知っている限り、アレックス・ブレグマンが最初かと思います。現地2018年8月17日、エドウィン・ジャクソンからHRを放った後にベンチでやり始めたこれ↓。

カメラを見つめるstaredown(ステアダウン)。staredownは「にらみつける」といった意味合いが強いのですが、このような物憂げな見つめ方の時にも使えます。

ちょっと古いタイプの男前がしそうな感じが何かジワります。ドヤ顔とはまた違うんですよね。そして団体芸となり、この時もブレグマンの顔は最高です。

現地2018年8月27日でブレグマンが4安打放った日にはフェイントを入れるVERSIONも完成。

足のアーチをくぐらせるというようなVERSIONも誕生したと思います。

そして今回のカーリング。まだまだこれからも出そうですね。

ブレグマンのあの視線を見ると思い出すのがコレですかね。

会社の上司が女子社員に決してしてはいけないこの見つめ方。結構、ジワるのは筆者だけではないと思います。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

【編集後記】

台風21号。13時30分現在、本当に強くなってきました。皆様気をつけてください。風と雨がすごいです。

スポンサーリンク

良いなと思ったらシェアお願いします

フォローする

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!