スポンサーリンク

【MLBニュース2019】2人のキャッチャーがDFAに!トラビス・ダーノー(NYM)とヘスス・スクレ(BAL)(追記あり)

メッツとオリオールズが捕手をDFAに

現地2019年4月28日、厳しいニュースが入ってきております。

2人の捕手がDFAとなりました。

メッツ、トラビス・ダーノーをDFAに

まずメッツですが、バックアップ捕手のトラビス・ダーノーをDFAとしました。

トラビス・ダーノーは2007年フィリーズ1巡目指名の捕手。

2009年にロイ・ハラデーとのトレードでブルージェイズに移籍し、さらに2012年にブルージェイズがR.A. ディッキーを獲得したトレードでノア・シンダーガードとともにメッツに移籍した選手。

2013年にメッツでメジャーデビューし、以降はメッツ一筋でした。2014年に108試合に出場し、打率.242、HR13、RBI 41でROYの得票で7位にランクイン。

2017年には112試合に出場し、打率.244、HR 16、RBI 57を上げて活躍。

活躍が期待されておりましたが、ここ2年は結果が出ず。

特に2019年は打率.087が響き、今回DFAとなりました。

Travis d'Arnaud Stats, Height, Weight, Position, Rookie Status & More | Baseball-Reference.com
Check out the latest Stats, Height, Weight, Position, Rookie Status & ...

メッツはウィルソン・ラモスを獲得

メッツは2018年12月に正捕手としてウィルソン・ラモスを獲得。ダーノーはバックアップに甘んじることになっていたがゆえに余計にDFAとなりやすい立場でもありました。

トーマス・ニドをコールアップ

メッツはダーノーの代わりにトリプルAからトーマス・ニドをコールアップ。ウィルソン・ラモスのバックアップとして40Manロスター入りとなりました。

追記(現地2019-05-05)

トラビス・ダーノーですが、現地2019年5月5日、ドジャースと契約しました。

1年でリーグミニマムでの契約ですから、55万ドルというところかと思います。2018年12月にメッツと調停を避け、351万5,000ドルで契約していましたが、かなり下がりました。

メッツとの契約分ですが、リリースとなりましたので4月までの月割で終わるかと思います。契約は個別のケースがありますので、これは推測の域を出ません。すみません。

オースティン・バーンズ、ラッセル・マーティンがいる中なのでかなり厳しいと言わざるを得ないですが、心機一転力を発揮してもらいたいですね。

追記2(現地2019-05-10)

トラビス・ダーノーの追加情報です。現地2019年5月10日、レイズがダーノーを金銭トレードで獲得しました。背景はレイズの正捕手、マイク・ズニーノのIL入り。ここで活躍すれば面白いですね。

オリオールズ、ヘスス・スクレをDFAに

もう一人、DFAとなった捕手がいます。オリオールズのヘスス・スクレです。

ヘスス・スクレは開幕戦でもマスクをかぶり、今季は20試合に出場し、そのうち15試合はゲーム最初から最後までマスクをかぶっていた捕手。

打率が.213、HR0と確かに物足りない数字ではありましたが、捕手としてはこんなものかと思います。

Jesús Sucre Stats, Height, Weight, Position, Rookie Status & More | Baseball-Reference.com
Check out the latest Stats, Height, Weight, Position, Rookie Status & ...

守りのパスボール3つはワーストでもありませんが、ALワースト3には入っています。ちなみにMLB1位はウィルソン・ラモス(NYM)の5つ。

許した盗塁は4/8。4個許したというのはヤディアー・モリーナと同じ数字で盗塁阻止4は11位。1位はリアルミュートの11。これはすごすぎますね。

よって特別打つわけでもなく守備も際立っていないという判定をされたと思います。

捕手にはペドロ・セベリーノ

オリオールズは正捕手として25才のペドロ・セベリーノを起用。

バックアップにトリプルAからオースティン・ウィンズをコールアップさせました。

チャンス・シスコを上げないのか!?

また、オリオールズにはチャンス・シスコというすでにデビュー済みで、今スプリングトレーニングで4HRを放ったいい捕手がいるのですが、開幕前にトリプルAに落としたきりです。

トリプルAでは打率.188とちょっと苦しんでおります。

シスコはまだ上げないようですね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ブレーブス、今度はオジー・アルビーズが長期離脱!マックス・フリードもILへ
【MLB2024】勝率5割超え、NLウエスト2位で上昇気流に乗ったDバックスはトレードDLでバイヤーへ
【MLB2024】レッドソックス、終盤に大失速し、逆転負け!またもピベッタの好投を活かせず
【MLB2024】ジェイコブ・ウィルソン、守備と打撃で華麗にMLBデビューを果たすも、故障で途中交代
【MLB2024】「マイナーで打ちまくり!」A’sのNO.1プロスペクト、ジェイコブ・ウィルソンがメジャー・デビューへ
【MLB2024】大苦戦のホワイトソックス、来季を見据え、ワールドシリーズ捕手のマーティン・マルドナードをDFAに
【MLBオールスター2024】大谷が先制3ランHRを放つも、MVPは決勝2ランのジャレン・デュランが受賞
【MLB移籍2024】ロイヤルズ、ハンター・ハービー獲得でリリーバーのERA改善を狙う!
【MLBオールスター】2024HRダービーを制したのはテオスカー・ヘルナンデス
【MLBドラフト2024】左右両投げでともに95mph以上!ジュランジェロ・セインチェ(Jurrangelo Cijntje)はマリナーズがピック!
【MLBドラフト2024】ガーディアンズ・ピックの全体1位はオージー生まれのトラビス・バザーナ!2Bでは史上初
【MLBオールスター】2024フューチャーズ・ゲームはレッズのキャム・コリアーがMVP
【MLB2024】フューチャーズ・ゲームのプレ・イベント、「スキル・ショーケース」が初めて開催される
【MLB2024】フィリーズがウィット・メリフィールドをリリース!目的はA’sのあの人?
【MLB2024】O’sのブランドン・ハイド監督がキャースタッドへの頭部死球に激昂!ベンチ・クリアー案件に
【MLB2024】ブルージェイズ、ケビン・キアマイアーをウェーバーにかける
【MLB2024】今永がまた輝く!オリオールズを相手に6回スコアレスで8勝目!ERAは再び2点台に
【MLB2024】メッツ、フィル・メイトンをレイズからトレードで獲得
【MLB2024】注目カードのドジャース@フィリーズ戦Gm1は、フィリーズが圧勝!マーシャン、ターナーが併せて6安打!
【MLBトレードDL噂2024】マイアミ、クローザーのタナー・スコットに加え、ジャズ・チザム・Jr.も放出の可能性大
【MLB2024】オールスターのピッチャーとリザーブが明らかに!今永、ポール・スキーンズ、ジャレン・デュランらが選出
【MLB2024】ラファエル・デバースが27才でキャリア通算1000安打を達成!得意のゲリット・コールからHRも(追記)
【MLB2024】ダルビッシュ投手がリストリクティッド・リスト入り
【MLB2024】ウィル・スミスが3HRと大爆発!ドジャース、逆転でブルワーズに勝利(追記あり)
【MLB2024】レッドソックス・吉田、あと1ストライクで試合終了から起死回生の同点2ランHR!
【MLB2024】ピベッタの”NO-NO”から一転、後半に大激戦となったレッドソックス@マーリンズ戦
【MLB2024】オールスターのスターターが発表される!大谷選手がNL DH で選出
【MLB2024】今永投手、フィリーズ相手に果敢に挑みQS/8Kを達成するも、勝利ならず
【MLB2024】ドジャース、9回裏2アウトからの逆転サヨナラ勝ち!大谷選手が27号!
【MLB2024】ナショナルズのトップ・プロスペクト、ジェームス・ウッドが大声援を受け、メジャー初ヒットを放つ!
タイトルとURLをコピーしました