【MLB2013】メジャー2年目の岩隈投手の好投が光る!8回途中無失点で6勝目!

岩隈投手、J・マウアーと対戦

こんにちは(^^)

現地2013年5月31日、岩隈投手(Iwakuma)が今季11試合目、ツインズを相手に6勝目をかけたマウンドに上がりました。

ツインズ打線にはジョー・マウアー(Mauer)、ジャスティン・モーノー(Morneau)というしっかりとした中軸がいるので、彼らをどう抑えるのかが見ものでした。この日はマウアーは3番に、モーノーは5番に入っています。

1・2回を難なく乗り切った岩隈投手でしたが、3回裏にピンチを迎えます。7番のクリス・パームリー(Parmelee)と9番のペドロ・フロリマン(Florimon)の安打で1アウト1・3塁で上位打線を迎えるピンチを迎えます。

ブレンダン・ライアンが好守備

しかしそれを救ったのが、1ツールプレーヤーと言ってもいいSSのブレンダン・ライアンでした。

ライアンは岩隈投手の頭を超える高いバウンドのゴロを、持ち前の広い守備範囲でカバー。そしてホームへの見事なランニング・スローで3塁ランナーを仕留め、失点を防ぎました。

つい先日メジャー・デビューしたばかりの捕手のヘスス・スクレ(Sucre)も相手のコリージョン(衝突)にうまく耐えたと思います。

岩隈投手はその後もランナーを背負うものの、マウアーとモーノーをうまく抑え、8回2アウトまで98球を投げ、被安打7、無失点、与四死球2、奪三振5という内容で見事に6勝目を上げました!

↓岩隈投手の投球の模様です。

【動画】Iwakuma’s sterling start(2013年5月31日)

マウアーとの対戦成績

マウアーとの対戦はファーストゴロ→空振り三振→空振り三振→センター前シングルで、4打数1安打2奪三振!

モーノーとは、サードゴロ(ダブルプレー)→ファーストゴロ→ピッチャーゴロで3打数0安打に抑えました。

中軸にスラッガーがいると、その後の打者への対戦に緊張感が緩んでしまうせいか、3回にピンチを作られたパームリーとフロリマンには計5安打を許しました。

マリナーズ打線は4番モラレスがチャンスでいい仕事をして2打点!6回の1チャンスをものにしました。

マリナーズ、ナイスゲームでした!!

↓リキャップです!ライアンのピンチを救ったバックホームを是非ご覧ください!いいプレーです。

【動画】Recap: SEA 3, MIN 0(2013年5月31日)

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク