スポンサーリンク

【MLB2024FA】レンジャーズがシェーン・グリーン、ジョナサン・ホルダー、オースティン・プルイットらとマイナー契約

レンジャーズ、こまめにブルペンを補強

 現地2024年1月10日、2023年のワールドシリーズ・チャンプのテキサス・レンジャーズが元オールスター・リリーバーのシェーン・グリーン、元ヤンキースのジョナサン・ホルダー、そして2023年はアスレチックスで実績を上げたオースティン・プルイットら3人の右腕とマイナー契約を結び、NRI(Non Roster Invitee)としてスプリング・トレーニングに招待しました。

 地味ですが、それぞれに実績があるので怪我がなければ化ける可能性があり、なかなかおもしろいディールだと思います。

選手紹介

【1】シェーン・グリーン

 シェーン・グリーンは1988年11月17日生まれの35才。タイガースの・・・と言えばピンと来る方も多いと思います。

 ドラフトは2009年のヤンキースの15巡目指名。MLBデビューはそのヤンキース時代の2014年で25才の時です。デビュー・イヤーに14先発し、78.2 IPで5勝4敗、ERA 3.78をマーク。

タイガースへ

 デビュー・イヤーを終えた2014年12月にタイガース、ヤンキース、Dバックスによる3チームトレードが行われ、シェーン・グリーンもそのうちの1人としてタイガースに移籍。

 このトレードはあのディディ・グレゴリアスがDバックスからヤンキースに動いたトレードで、他にもタイガースからDバックスにロビー・レイが動いています。

 2015年4月9日のツインズ戦でタイガース・デビューを果たしたシェーン・グリーンは7回スコアレス投球を披露。この年、タイガースの投手陣は開幕時は絶好調で、2戦連続でリレーにシャットアウト勝利をマーク。デービッド・プライス、アニバル・サンチェスが頑張りました。そしてシェーン・グリーンも7回スコアレスを達成したので、開幕からの連続無失点イニングを24に伸ばしました。これはALでの新記録です。

 タイガースでの2戦目もパイレーツを相手に8回スコアレス投球を披露したシェーン・グリーンでしたが、好調はここまででした。3戦目となったインディアンス戦で4回8失点。結局、この年は18試合、16先発で4勝8敗、ERA 6.88。

 2016年からはブルペンに転向。ブルペンとして際立ったのが2017年で71試合でERAが2.66。2018年も66試合に登板。ただ、ERAは5.22とやや荒れました。

ブレーブスへ

 2019年のトレード・デッドラインでブレーブスに移籍。タイガースでのERAは1.18と驚異的な数字を出しましたが、ブレーブス移籍後は4.01。

 2020年終了後にFAとなりましたが、2021年はブレーブスと再契約。ただ、2021年は19試合でERA 8.47と荒れてしまい、8月半ばにブレーブスからリリース。その後、ドジャースとサインするも、1ヶ月後にリリースされてFAに。

 2022年はヤンキースとサインするも、投げたのは1試合で1.0イニングのみ(2失点)。再び、FAとなったシェーン・グリーンは2023年はカブスとサイン。2023年も2試合、3.0 IPを投げたのみで今オフ、FAとなっていました。

 シェーン・グリーンは2016年から2019年にかけての投げ過ぎがたたり、直近2シーズンは思うような結果が出ていません。

 10シーズンにわたり5つのクラブで過ごしたシェーン・グリーンは通算345試合に登板し、24勝29敗、67セーブ、ERA 4.50。

【2】ジョナサン・ホルダー

 ジョナサン・ホルダーは1993年6月9日生まれの30才。右腕です。2014年のヤンキースの6巡目指名でプロ入り。デビューは 2016年で23才の時。

 ジョナサン・ホルダーはリリーフ・オンリー(オープナーでの先発経験はあります)。良かったのは2018年で60試合に登板し、ERAは3.14。ヤンキースには2020年まで所属。

 2021年はカブスとサイン、そして2022年はエンゼルスとサイン。エンゼルスには2023年終了まで在籍しました。ただ、2020年での登板を最後にメジャーでの登板がない状態でした。

【3】オースティン・プルイット

 オースティン・プルイットは1989年8月31日生まれの34才。ドラフトは2013年のレイズの9巡目指名。デビューは2017年で30試合に登板し、8先発、1ゲームフィニッシュとスイングマンぶりを発揮。7勝5敗でこの勝ち星がキャリア・ハイとなっています。レイズには2019年まで在籍。

 2020年1月にアストロズにトレードで移籍するも、右肘にひびが入る故障で登板せず。アストロズには2021年7月まで在籍。2020年のトレードデッドラインでアストロズがイーミ・ガルシアを獲得したトレードでマーリンズに移籍。2021年は6試合の登板のみで終わりました。

 2022年3月にFAとしてアスレチックスとサイン。39試合の登板でERAは4.23。2023年もアスレチックスと契約し、あの大苦戦したアスレチックスで38試合に投げてERA2.98をマークしています。

 この3名のうち、オースティン・プルイットが唯一前年に良い成績をあげているという状況なのですが、そのオースティン・プルイットも2023年8月に前腕部の捻挫でシーズン・エンディング。よって2024年はヘルシーかどうか微妙です。

 また、レンジャーズは12月18日に元レイズで、2023年はマリナーズにいた右腕のディエゴ・カスティーヨともマイナー契約でサイン。

 未知数な部分はあるものの、実績を積んだリリーバーが加入しています。2023年はブルペンで苦心したレンジャーズですが、彼らが機能してくれればかなり楽ですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
タイトルとURLをコピーしました