【INJURY2020】スティーブン・ストラスバーグ、右手首手術でシーズン・エンディングへ

良いなと思ったらシェアお願いします

2019年のヒーローが60 Day ILへ

 現地2020年8月22日、ナショナルズの右腕で2019年ポストシーズン・ヒーローの一人でもあるスティーブン・ストラスバーグ(Stephen Strasburg #37)のシーズン・エンディングが決定しました。

手根管手術へ

 ストラスバーグが傷めたのは、右手の手根管(しゅこんかん)。手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)とも呼ばれます。

手根管症候群とは 

手首の内側で末梢神経が圧迫され、手指のしびれや痛み、親指の脱力が起こる疾患。手のひらの付け根部分にある骨と靭帯に囲まれた空間を手根管といい、この中に指を曲げる腱と正中(せいちゅう)神経が通過している。この手根管内で何らかの原因により正中神経が圧迫されている状態。

(中略)

仕事やスポーツで手を酷使している人などに起こりやすい。

医療法人三慶会 指扇病院
黒畑 順子 先生 ドクターズ・ファイル 手根管症候群

 正中神経が支配している親指から薬指にかけてしびれが出る状態。具体的な場所は下記のVTRをご参照ください。

 手術は8月最終週に実施される予定です。

2020シーズンのストラスバーグ

 今季、ストラスバーグはここまで2度の登板があり、2度ともよくありませんでした。

  • 8/9 vs BAL : 4.1 IP、被安打7、失点5、与四球1、奪三振2
  • 8/14 @BAL: 0.2 IP、被安打1、失点1、与四球0、奪三振0、被本塁打1

 シーズンの成績としては0勝1敗、ERA 10.80。

 なにかおかしいなと思ったところ、やはり怪我だったかというところでしょうか。ナショナルズのデーブ・マルチネス監督も彼のチューンナップを当てにしたところがあり、今回のシーズン・エンディング手術はやはりがっかりしたようです。

7年$245M

 ストラスバーグは現地2019年12月9日にナショナルズと7年(2020-26)/$245Mで再契約。今季の受け取りは$11.43Mですが、AAV(均等割)だと$35M/年のバリュー。

 ナショナルズにとってはストラスバーグが稼働しないことはサラリーの点でも痛いところです。今季はプロレーティッッド(日割り)になりますので、フルサラリーの37%です。繰延払いが入っているのですが、おそらく受取額、繰延払い分ともに37%にするはずです。

ストラスバーグ、空前の7年245Mドルでナッツと再契約へ!G・コールにも影響しそうです。

強すぎる筋力が災いしているのか?

 スティーブン・ストラスバーグはとにかく怪我が多いです。2010年9月にトミージョン手術を受けて以降、首、肘、肩と毎年のようにどこか傷めており、今季は手首を傷めてしまいました。 

 身長196cmのストラスバーグは体格も非常にパワフル。筋力が強いことで腕のスイングも早くなり、剛速球も生まれるわけですが、ただ、投球に関わる箇所を次から次へと傷めているということはその強い筋力がかなり広範囲で過負担になっているのかもしれません。

ナッツは補強に走るか?

 まもなくトレードデッドラインです。ナショナルズは今回のストラスバーグの離脱でどう動くか。インディアンスのトリストン・マッケンジーのようなシンデレラボーイがマイナーにいれば言うことはないのですが、トップ・プロスペクトランク100の中に入っているのは、23位のカーター・キーブームのみ。彼は内野手です。

 チーム内のプロスペクトでは投手では21才のジャクソン・ルトレッジ、同じく21才のコール・ヘンリーなどもおりますが、彼らのデビュー見込みは2022年。

 25才の右腕、ウィル・クロウは2020年デビューでもおかしくはありません。

 どう動くか、注目ですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

良いなと思ったらシェアお願いします

フォローする

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク