スポンサーリンク

【MLB2023】大谷選手、4回無失点で降板後、40号HRを放つも、チームは逃げ切れず敗戦

エンゼルス、勝ちゲームを落とす

 現地2023年8月3日、エンゼルスは遠征から戻り、この日からアナハイムでマリナーズとの4ゲームシリーズ。同地区ライバルでしかも、ワイルドカード争いのライバルでもあります。このゲームが始まる前の現地2日終了時点での両クラブの成績はエンゼルスが56勝53敗、マリナーズが56勝52敗で、エンゼルスはブレーブス戦での連敗が響いて順位を落としました。

 直接対決で挽回すべく、マウンドに上がったのは大谷選手でした。

大谷選手、4回スコアレスで降板

100mphのファストボールと遅いスウィーバー

 この日の大谷選手は力も抜けてメリハリをつけた投球を披露。ここぞという時にはギアを上げて、99mphを連発。

 この日の最速は2回表に2アウトランナー1塁の場面でジョシュ・ロハスの2球に投じた100.2mphでした。

 そして非常に興味深かったのは4回表の投球。ひょっとしたら、指の影響があったため、やむを得ずの投球だったかもしれません。このイニングはすべてオフスピードのボール。

 イニング先頭のカル・ラレーには初球の80.5mphのスウィーバーを3B前の内野安打にされて出塁を許すも、つづくタイ・フランスには80mphのスウィーバーで5-4-3のダブルプレーに打ち取り2アウト。さらにドミニク・カンツォーネには77.7mphのスウィーバーでRFフライに打ち取り、このイニングはなんとたった5球で抑えました。

 普段、80mph後半をマークするスウィーパーを遅くして、これはなかなか良かったですね。使える!と思ったかもしれません。コマンドには気を使ったと思いますが、これが使えれば投球の幅も広がりますし、かなりのパワーセーブにもつながるかもしれません。

 大谷選手は、中指の痙攣が起こり、4回で降板しました。中指が伸びない状態だったとのこと。

 本人はまだ1、2イニングは投げられたかもしれないが、スコアレスの展開で失点したくなかったので、早めに監督に報告して今回は降板を決意したとのことです。全体を考えた上での決断だったようです。

 4回、59球を投げて被安打3、スコアレス、BB 1、SO 4。

 次回の登板に期待です。

 なお、マリナーズはトレードデッドラインで獲得したジョシュ・ロハスとドミニク・カンツォーネを起用。

マリナーズ先発ウーに苦戦

 マリナーズ先発は、ブライアン・ウー。2021年の6巡目指名の投手です。非常にきれいなメカニックで投げてくる右腕でここまで1勝3敗。

 mid-90mphのファストボールですが、威力は強め。スライダー、カットの投手です。オーソドックスな右腕ゆえ、左の多いエンゼルスはかなり得意ではないかと思ったのですが、苦戦しました。要所をうまく湿られました。

 4回裏は大谷選手の四球をきっかけにムース(マイク・ムスターカス)も続き、2アウト1、3塁のチャンスだったのですが、ランダール・グリチャックが三振に取られて無得点。

 ウーはボールを散らしていい投球を披露しました。

 先制点はマリナーズで5回のピンチを切り抜けたホセ・ソリアーノが6回表に先頭のエウヘニオ・スアレスに一発を浴び、0-1。

 エンゼルスは直後に、2アウトからの大谷選手の申告敬遠。すぐさま2盗を決めます。そしてC.J.クロンがアウトハイのスライダーを強引にCFへ弾き返して、2塁ランナーの大谷選手が生還して1-1の同点に。さらに、ムースも2塁打を放ち、クロンを迎え入れ2-1と勝ち越しにも成功。

 ここまでは非常に良かったです。

大谷選手が40号

 さらに8回裏には大谷選手が、アイザイア・キャンベルから右中間へ40号ソロHRを放って、3-1とリードを拡げ、最終回の守りに繋げます。この追加点は大きかったと思ったのですが、まさかの展開になりました。

【YOUTUBE】This is 40!! Shohei Ohtani blasts his 40th homer of the season!

カルロス・エステベスがグランドスラムを浴びる

 最終回のマウンドにはカルロス・エステベスが上がりました。

 しかし、イニング先頭のカル・ラレーにはストレートの四球。つづくタイ・フランスにも四球を与えノーアウト1、2塁。ストライクとボールがはっきりしてしまいました。

 ドミニク・カンツォーネには甘いコースをRF前に運ばれ、ノーアウト満塁のピンチを迎えます。

 ここでテオスカー・ヘルナンデスを三振で打ち取り、なんとか良い空気を作ったカルロス・エステベスでしたが、つづくルーキーのケイド・マーローには渾身の4シームで三振を奪いに行きますが、これをマーローが捉えられてしまいます。打球は右中間スタンドに入る豪快な当たりで、グランドスラムとなってしまいました。マリナーズが5-3と逆転に成功します。

 カルロス・エステベスは今季初の救援失敗となりました。

 本人もイニングの最初に2人を歩かせてしまったことを悔やんでおりました。カルロス・エステベスはここまで44試合に登板し、5勝2敗、23セーブでERA は2.66。疲れも溜まってきている時期だと思うので、打たれたのはもう切り替えるしかないですね。

MLB Gameday: Mariners 5, Angels 3 Final Score (08/03/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

ムース、躍動

 C,J.クロンの加入で3Bで固定されたマイク・ムスターカスですが、守備に打撃に躍動しています。ロイヤルズ時代を彷彿とさせる生き生きした動きが非常にいいですね。

 この日も4-2で1RBIをマーク。今、モニアックが下降気味なので、ムースのバットはエンゼルスにとって非常にありがたい状態となっています。

大谷選手、登板はスキップする可能性あり

 さて、体のあちこちが痙攣しているという大谷選手。ひょっとしたら、次回登板は一度スキップするかもしれません。

 ただ、DHとしてはこれからも出続けるようです。
 この試合で、40HRで14盗塁。このパフォーマンスを表現する言葉はずいぶん前に使い果たしたような状態で、すごいことをやってのけてくれています。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
【MLB2024】ドジャース、パドレスとの海外開幕戦に勝利!大谷選手は5-2、ダルビッシュ投手も好投
【MLBルールチェンジ2024】ピッチクロックの変更、走路、マウンド・ビジット回数に変更あり
【MLB2024FA】ついに決定!ブレイク・スネルはジャイアンツと2年契約
【MLB2024】ナッツのスティーブン・ストラスバーグは未だ40manロスター。今後の動向は?
タイトルとURLをコピーしました