スポンサーリンク

【MLB2023】40 HRの大谷選手がついに10勝目!ムースが2ランHRで加勢

40 HR & 10勝!

 現地2023年8月10日、エンゼルスの大谷翔平選手はジャイアンツとの3ゲームシリーズのGame3に登板。

 大谷選手は現地2023年7月27日のタイガースとのダブル・ヘッダーの1試合目に登板してMLBキャリア初のシャットアウト勝利を達成。そしてその日のGame2にもDHとして出場するなど勝利への執念を見せているものの、明らかに疲労は隠せないところ。

 右手中指のけいれんのために前回の8月3日のマリナーズ戦で4回スコアレスのまま降板。

 その前にもブリスター・イシュー(マメ)や爪のひび割れを起こし、決して万全でもない中、マウンドに上がりました。

【YOUTUBE】Shohei Ohtani SHINES on the mound yet again!! Wins 10th game of season! 

2イニングで47球

 序盤は制球に苦しみました。2イニングでなんと47球。投球フォームもシーズン序盤とは違うように見えました。

 2回表には、捕手のマット・タイスが2塁へのピックオフ・スローで、無駄に進塁を許し、結果的にそのスローイング・エラーがブランドン・クロフォードの犠牲フライによる得点を許すなど、かなり過酷な立ち上がりでした。

 なお、2回表の失点で、連続無失点は19.1イニングで途切れました。

 しかし、尻上がりに調子を上げた大谷選手は3回から6回まで3人ずつで斬って取り、流れを作ります。

足を滑らせる 

 大谷選手は、6回表、ウィルマー・フローレスを四球で歩かせた投球で危うく顔面に当てるところでした。これが四球で収まって良かったです。もし当たっていたら、今後の投球にも影響が出ていたことでしょう。

 つづくジョク・ピダーソンへの初球を投げたところで、ステップした左足がスリップし、腰を押さえ、ヒヤッとさせます。トレーナーがマウンドに上がり、どうなるかと思いましたが、続投。そのジョク・ピダーソンをダブルプレーに打ち取り、追加点の芽を断ち切ったのはさすが。

 大谷選手は、6回、97球で降板。被安打3、失点1、自責点0、BB 3、SO5です。

 降板後、大谷選手はフラストレーションを顕にしました。試合後のインタビューで自分の投球にそれを感じたということですが、疲れの要素がかなりあるのではと思います。

マナエアが好投

 ジャイアンツはこの日、オープナーを採用し、ライアン・ウォーカーが先発して1イニングで交代。2番手にショーン・マナエアが上がりました。

 エンゼルス打線はこのマナエアに苦戦。4イニングで1安打しか打てませんでした。

6回裏に打線が援護

 しかし、6回裏、チャンスが巡ってきます。

 大谷選手は6回表で降板となることがほぼ決まった状態だったので、ここで勝ち越さなければ10勝がお預けになるところでした。

 その状況の中、非常に当たっているルイス・レンヒーフォがまずはダブルで出塁。マナエアはここで降板。つづく大谷選手は申告敬遠。ノーアウト1、2塁でブランドン・ドゥルーリー二打席が回ってきます。ドゥルーリーはここで代わったベックからLFへラインドライブのタイムリーを放ち、レンヒーフォを迎え入れて1-1の同点に。

ムースが援護HR 

 そしてマイク・ムスターカスが打席に。ムースは2球で追い込まれたものの、3球目のオフスピードのスウィーパーをうまく拾ってこれがRFスタンドに入る3ランHRに。ムースはもはやロイヤルズ時代のいけいけのムースに戻りましたね。好調です!

 エンゼルスが4-1とし、大谷選手に10勝目の権利が発生しました。

9回をエステベスが凌ぐ!

 大谷選手降板後、ホセ・ソリアーノ、マット・ムーアで7回、8回を繋いだエンゼルスは9回表にカルロス・エステベスを投入。

 ここ2回ほど、不本意な投球が続いていましたが、ここはもう彼と心中というくらいの覚悟で送り出したかもしれませんね。

 そのエステベスは、1アウトからヒット、フィルダース・チョイスで1、3塁のピンチを迎えましたが、つづくラモンテ・ウェイド・Jr.をポップフライに打ち取り2アウト。つづくタイロ・エストラーダには、速い球で押しつつ、最後はスライダーで抜いて3塁ゴロにし止め、ムスターカスが2Bでアウトに取りゲームセット。なかなかハラハラする場面でした。

 エンゼルスが4-1で勝ちました。

MLB Gameday: Giants 1, Angels 4 Final Score (08/09/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

またMLB史上初

 この日の勝利で10勝目がついた大谷選手は、40HRを打った選手が10勝目を上げたとうことでまたもやMLB史上初ということに。

 大谷選手は2022シーズンに15勝を上げましたが、HRは34本でした。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
タイトルとURLをコピーしました