スポンサーリンク

【MLB 2022】オースティン・メドウズ、「メンタルヘルス治療のため」、2022年シーズンの残りを欠場へ

メドウズ、精神状態について明かす

 ちょっと驚いたニュースだったのですが、現地2022年9月2日、デトロイト・タイガースのOFで、昨年まではレイズの中心的な存在であったオースティン・メドウズ(Austin Meadows)が実はメンタルな問題で苦しんでいることを明かし、今季の残りゲームはもうフィールドに復帰できないと報告しました。

 筆者はてっきり、アキレス腱の問題だと思っていたのですが、どうやらその前にめまいから始まって、精神的に苦しんでいたようです。

 レイズ時代の彼は、ゲームチェンジャー的な要素も兼ね備えた精力的な動きをする選手だと思っていましたから、ちょっと意外なことで悩んでいるとは驚きでした。

現状を告白

 オースティン・メドウズは現地2022年9月2日に現状を自身のSNSのアカウントにアップしております。

 今季は複数の怪我があったものの、大好きなゲームから離れていたのはそれだけではなくて、メンタルヘルスの部分で苦しんでいたからだと告白しています。また、そのことはこれまでは「ごく少数の人にしか」話していなかいませんでしたが、彼はここで現状を公表しました。この点に関し、A.J.ヒンチ監督も「よく告白した」と評価しています。

 「しかし、私は精神的に健康になるために、フィールド外でのハードワークを続ける必要があります」とも。

 「ここ数週間はクラブハウスに戻り、シーズン終了までクラブには残る予定ですが、フィールドに戻る準備がまだできていません。家族、チームメイト、そしてタイガースという組織が私を支えてくれていることにとても感謝しています。一人ではできないことです。私の経験を分かち合うことで、少なくとも一人でも、自分自身の苦悩に直面しているかもしれない人の心に触れ、誰かに助けを求めるよう促すことができればと思っています。」

 メンタル・ヘルスも領域も広いので、オースティン・メドウズがどのような症状で苦しんでいるのか?は明らかにされていません。おそらく、現時点で症状を特定して拡げてしまうのも、回復にはよくないのでしょう。完治した時に、症状を明かしてくれるかもしれません。たぶん、独特な行動で有名なあの投手もかつてかかっていたあの症状かな?とは思のですが。

 シーズン終了までクラブハウスには顔を出すつもりというのが、回復に向け少しでも前向きにという姿勢は感じます。症状はわかりませんが、とにかくあまり無理しないで欲しいですね。

 そして、会見したヒンチ監督は、メドウズが2022年に再びプレーすることはないだろうと付け加えております。

オースティン・メドウズとは?

 オースティン・メドウズは、1995年5月3日生まれの27才(現地2022年9月2日時点)。2013年のアマチュア・ドラフトのパイレーツの1巡目指名です(全体順位9位)。

メドウズ、グラスノー、バズがPITからTBRへ 

 メドウズがレイズに移籍したのは、2018年のトレードデッドラインでのこと。

 これはパイレーツ史上、まさに痛恨のトレードとも言えるものでした。このトレードでパイレーツはクリス・アーチャーを獲得。しかし、クリス・アーチャーは2018年の後半は、10試合で3勝3敗、ERA 4.30。2019年は3勝9敗、2020年は怪我とCOVID-19の影響で出場なし。2021年に再び、レイズへ。今季はツインズで投げております。結果が出なかったんですね。

 そして放出したリストは、全体9位のオースティン・メドウズに加え、タイラー・グラスノー、そしてPTBNLで後日指名で出した投手がシェーン・バズ。レイズのコアとなる選手ばかりです。

 メドウズは2018年の前半にパイレーツでメジャー・デビュー。レイズでも10試合に出場。

 本格稼働は2019年からで、138試合に出場し、打率.291、OBP .364、SLG .558、HR 33、RBI 89、盗塁12で、オールスターに出場。MVP投票では14位でした。

 2020年は36試合(60試合シーズン)で、打率.205とこの年は苦戦。ポストシーズンではALDSでHR2本、ALCS、WSではヒットをそれぞれ2本、3本と打っております。

 2021年は142試合に出場し、打率.234、OBP .315、SLG .458、HR 27、RBI 106でMVP投票で20位に入りました。RBI 106はこの年のア・リーグで7位でした。1位はサルバドール・ペレスの121。

 かなりゲームにインパクトを残す打者であることはおわかりいただけると思います。

 そして今季は開幕直前の4月4日にトレードでタイガースへ。今季、レイズで活躍しているアイザック・パレデス+2022ドラフト指名権(Comp. Balance Round B)のスワップでした。

メドウズ、今季は波乱万丈 

 開幕直前のトレードから始まり、今季はオースティン・メドウズにとって波乱万丈のシーズンとなりました。4月は順調で、18試合で打率は.328をマーク。

 おかしくなっったのは5月から。15日までは毎試合に出場していたものの、当たりがぱったりと止まりました。15日までの打率は.162。

【YOUTUBE】The Word on Woodward | Austin Meadows making an impact

 5月16日にめまいと診断され、IL入りとなりました。どうやら内耳炎が起因でめまいが起こっていたようです。その内耳炎が何が原因で引き起こされたかはわかっていません。

 6月7日に戦列に復帰。しかし、6月17日の対テキサス・レンジャーズ戦の前にCOVID-19の陽性反応が出て、15日までの8試合の出場でまたサイドラインに。この間も打率は上がらず、.185。

 COVIDプロトコルをクリアした後、「さあ、復帰だ」というタイミングで今度は6月28日に左右のアキレス腱の張りを発症。10 DAY ILに入りました。

 トリプルAトレドでのリハビリは2試合で終了し、その後も怪我に関連した痛みが継続。

 その語はマイナーでリハビリ出場を遂げるも、メジャー・レベルではないということで上に上がれておりませんでした。

 結局、今季は6月15日が最後の出場となり、36試合、128打席で打率.250、OBP .347、SLG .328、HR 0、RBI 11という結果に。

 アマチュア時代から順調に来たメドウズ。めまい起因で不調になったことでかなり迷ったのかもしれません。

 まずは体調を整えて、本来の豪快なメドウズに戻ってもらいたいところです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました