スポンサーリンク

【MLB2018】これでボークではないMLBの2塁ピックオフ

途中、日本では考えられない2塁牽制が入っていたので備忘録目的で動画を載せておきます。

これでボークではないMLBの右回り2塁ピックオフ

右投手が2塁ランナーの牽制でいわゆる右回りという3塁の方から回って投げるパターンの動画です。0:28頃の再生です。

確か右回りは足(太もももしくは膝)が、腰の高さまで上がって2塁に投げるとボークと教えてもらった記憶があるのですが(平成30年の話ではありません。もっと前)、このバーランダーの動きではもう完全にホームに投げる体制です。

MLBの2塁牽制集

その他、これボークではないのか?と思えるものも多数あるMLBの2 塁牽制集がありましたので、転載させていただきます。

右投手の左回り(1塁側から)

右投手の1塁側からスピンして投げる場合ですが、建前上、2塁牽制はプレートの後ろ(2塁ベース側)に足を外して牽制しないといけないと言われております。

しかし、速い牽制は前外しじゃないと無理。よく言われたのが、残っている方の軸足をさっさと抜いて地面から外して前外しの証拠を隠しなさい(笑)。

野球はいわゆる仕様というものがはっきりしないことが多いですが、投手の2塁牽制などはそれそのものですね。

動画では速い牽制はバンバン前外ししてます。

右回り(3塁側からスピン)

動画の中には日本との違いを理解した上で使っている松坂大輔投手とダルビッシュ投手の右回りの牽制もあります。

牽制のルールですが、途中で動作を止めてはいけないなどのルール集は見当たるのですが、実運用を定めた規則というのがないので、困ったものです。

J・バーランダーのうまい投球

バーランダーの動画は現地2018年5月29日に、ヤンキース戦に登板した時のものです。

このゲームのバーランダーはモデルチェンジ後の真骨頂というべき内容のピッチングで、とにかくカーブ、スライダーが多く、ファストボールはここぞという時まで温存という使い方でした。

奪三振は5でいつもより少ない数字ですが、ヤンキース打線が相手ですから、5Kも取れば十分かもしれませんね。

バーランダーは7回途中、被安打5、失点1という成績で、アストロズの勝利に大きく貢献しました。

ゲームのリキャップです。↓

お読みいただき、ありがとうございました

Amazon タイムセール

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】エンゼルス、アストロズ投手陣から20三振を奪われる!1試合ではMLB最多タイ!
【MLB2022】”MAX 102.4mph!”ブレーブスのルーキー、スペンサー・ストライダーが剛球連発で4勝目
【MLB2022】タイガースのライリー・グリーン、メジャー初HRはサヨナラHR
【MLB2022】マンフレッド・コミッショナー、ロボ・アンプ導入、32クラブ拡大プランを語る
【MLB2022】好調ノーラン・アレナドがサイクル安打を達成!しかし、フィリーズが勝利
【MLB2022】パイレーツ、2試合連続で1試合3HRを放つ選手が出現!
【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
タイトルとURLをコピーしました