スポンサーリンク

【MLB2021】大谷選手、32号!ナイトゲーム登板翌日のデーゲームでアーチ!底しれぬスタミナ

スタミナに驚くばかり

 本当にただただ、その体力に驚くばかりです。

 現地2021年7月7日、エンゼルスの大谷翔平選手が、レッドソックスとの3ゲームシリーズのGame3に2番DHで出場。またしてもHRを放ちました。

松井秀喜選手超え

 32号HRがそれまでの日本人MLBプレーヤーの中で最多HRとなっていた松井秀喜選手の31号を上回ったことはご承知の通りです。それをオールスター前に超えたとは!エンゼルスのチームの試合消化数86試合目、大谷選手の打者としての出場試合数81試合でやり遂げました。

2004年のこと

 松井選手が31号HRを放ったのは2004年シーズン。メジャー2年めのシーズンで、30才のとき。この頃はボールがなかなか飛ばなかったという時期で、そんな中で松井だからこそ、メジャーの強打者と並んで31本も打てたのだと驚いていたものです。このシーズンのHR1位はエイドリアン・ベルトレ(LAD)で48号。ア・リーグではレッドソックスのマニー・ラミレスが43本でタイトルを獲ったシーズンでもありました。

ナイトゲーム翌日のデーゲームでの偉業

 さて、大谷選手ですが、前日のGame2で先発し、4勝目を上げたのはご承知の通りです。

 Game2はナイト・ゲームでローカル時間で6:38PMにプレーボールとなり、試合時間は2時間54分。夜10時ごろにゲームが終了。

 先発で打席にも立ち、7イニングを投げたその翌日のGame3はデーゲーム!ファースト・ピッチは13時8分。

 ということは先発登板したゲームの終了から翌日のファースト・ピッチまで24時間が経っていないどころか、たった15時間しか経過していないのです。体のケアもあるでしょうから、前日にスタジアムを出たのはおそらく日付が変わってからでしょう。そこからたぶん5−6時間程度の睡眠しかとっていないのではないでしょうか?

 もちろん、両軍の選手全員がそうですが、ただ、先発登板した投手の翌日のスケジュールとしてはかなりハードすぎると思うのです。もう、底しれぬスタミナというしかありません。

 こんなこと、誰もできません。

第一打席でCF前シングル

 ゲームの方ですが、レッドソックス先発はエドゥアルド・ロドリゲス。2019年19勝の左腕です。2020年はCOVID-19の後遺症で苦しみ、シーズンをオプトアウト。今季復活を遂げ、ここのところようやく本来のE・ロッドの姿が見えてきたというところ。

 1回裏、エンゼルスはそのE・ロッドの立ち上がりを攻めます。リード・オフのデービッド・フレッチャーがまずCFへシングルで出塁。そして大谷選手。

 大谷選手はE・ロッドのシンカーをLF前に落とし、まずは1安打。エンゼルスはこれで1、3塁のチャンスを作り、当たっているジャレッド・ウォルシュ。ウォルシュの打球はヒット性ながらも2Bゴロ。この当たりでフレッチャーが還りまずは1点。

 つづくフィル・ゴセリンはファウルで3塁ランナーの大谷選手をかすめそうな打球を放ちつつ、CF前にポトリと落とし、これで大谷選手が生還。エンゼルスは4連打で2点を奪いました。

 芯に当たったのはウォルシュの打球だけでしたので、E・ロッドにすればちょっとアンラッキーだったかもしれません。

 5回表、レッドソックスはエンゼルス先発のアンドリュー・ヒーニーからボビー・ダルベックが大きな当たりのシングルを、さらにアレックス・ベルドゥーゴが3塁後方へのシングルを放ち、レッドソックスが2-2のタイスコアに持ち込みました。

32号HRは2度の自打球後

 5回裏、先頭は大谷選手。2ボール後、ファウルで粘りますが、2度も自打球に見舞われました。1度目は右足、2度めは左膝。かなり痛そうな表情を見せましたが、直後の7球目、インコースの難しいコースのチェンジアップに対応。これがRFスタンド中段に飛び込む今季第32号のソロHR。

 もはや危険というくらいのスイングで見事な当たりのHRを飛ばしたのでした。

ウォルシュがマルチHR

 エンゼルスはその直後、ジャレッド・ウォルシュにもソロHRが飛び出し、Back to Back HR。

 4-2とリードします。

 レッドソックスは6回表にクリスチャン・アローヨのタイムリーで1点を返し、4-3と1点差。しかし、エンゼルスは7回裏、ジャレッド・ウォルシュに2打席連続HRが出て5-3に。

 レッドソックスは8回表に、ボガーツのタイムリー二塁打で1点を返し、4-5と1点差にまで縮めましたが、最後はライセル・イグレシアスがパーフェクトに抑えて、ゲームセット。エンゼルスが5−4で勝利し、このシリーズを2勝1敗で勝ち越しました。

エンゼルス、チームOPSはレッドソックスを上回る 

 このシリーズはエンゼルスはレッドソックスに苦労すると思っていたのですが、むしろのびのびとやって勝ち越しました。

 チームの打席成績を見ると、エンゼルスはOPS .762でMLB30クラブ中3位。レッドソックスを上回っています。

 チーム打率はエンゼルス、レッドソックスともに.258ですが、レッドソックスがそれ以降の桁でやや上回り、レッドソックスが3位でエンゼルスが4位。 

 エンゼルス、トラウトとアップトンとレンドンがいない中、フレッチャー、大谷、ウォルシュらが活躍し打撃成績はかなり上がってきました。

 次のマリナーズ3連戦をどう戦うか?というところですね。

レッドソックス、久々の休日へ

 エンゼルスとの3ゲームシリーズを終え、現地8日、レッドソックスは久々のOFFです。前回のOFFは6月21日で、16連戦を終えました。成績は11勝5敗。

 オールスター前までの次の3試合はフィリーズとフェンウェイ・パークで対戦です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】好ゲームのMIL@SDP戦!ダルビッシュ投手の熱投とコルテン・ウォンのスーパープレー!
【MLB2022】DFAから一転、2HR!メジャー復帰のアリティディス・アキーノが爆発の予感
【MLB2022】フレディー・ペラルタが右肩のハリでIL入り!
【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました