スポンサーリンク

【MLB契約for2018】マリナーズが岩隈投手とマイナー・リーグ・ディール

日本人メジャーリーガー

 

現地2017年11月27日、移籍関連で確定したお話がありました。

マリナーズが岩隈投手とマイナー契約を結びました。

 

岩隈投手はスプリング・トレーニングでは招待選手としてメジャー・キャンプに招集されます。

 

岩隈投手は1981年4月生まれの36才。2018年の誕生日が来ると、37才となります。前の記事で34才のダグ・フィスターの400万ドルでのレンジャーズへの移籍のニュースをお届けしましたが、30才も後半になると、やはりなかなかいい契約を結ぶのは難しいようですね。

 

2017シーズンの岩隈投手は6試合、31イニング登板で0勝2敗、4.35ERAという成績に終わりました。5月10日に肩のトラブルでDL入りとなって、そのままシーズンを終えました。

9月27日に右肩の手術を終え、2018シーズンに備えてリハビリも含めて準備しているというところですね。

 

早く復活してもらいです。

 

 

岩隈投手がすごいのはその勝率。メジャー6シーズンで通算63勝39敗、.618の勝率を誇ります。これだけ負け数の少ない投手もなかなか珍しいです。

 

メジャーの打者の間では岩隈投手=スプリットという図式が定着しているくらいスプリッターとしての名をはせている岩隈投手。早く肩を治して腕を思い切り振って、らしいピッチングをみせてもらいたいと思います。

 

まだまだやれます!

コメント

NEW

【MLB2022FA】”二刀流”マイケル・ローレンツェンがエンゼルスと1年でサインしたディールについて
【MLB2022FA】ハビアー・バイエスとタイガースの6年/140Mドルの契約について
【MLB Hall of Fame】ベテランズ委員会による投票でジム・カートら6名が野球殿堂入り
【MLB2022】レンジャーズ&コーリー・シーガーの10年325Mドルのメガ・ディールについて
【MLB2022】注目FAマーカス・セミエンがレンジャーズとサインした7年175Mドルのディールについて
【MLB2021-22】守備の達人、ジャッキー(JBJ)がレッドソックスに復帰。レンフローも動いたトレードの中身
【MLB2022FA】カブスがマーカス・ストローマンと3年/71Mドルで合意
【MLB2021-22】ロックアウトへ突入の見込み(追記: 突入しました)
【MLB2021-22】ノンテンダー・FAリストにマシュー・ボイド、ヨハン・カマーゴら
【MLB2022FA】マックス・シャーザーがメッツとレコード・ブレイキング・ディールへ! 3年130Mドル
【MLB2022FA】CBA期限前に大型ディールのラッシュ!セミエン、ロビー・レイ、シャーザー、シーガーなど(追記あり)
【MLB2022】ブルージェイズ、イーミ・ガルシアと2年で合意
【MLB移籍 2022】マリナーズ、トレードでパドレスからアダム・フレイジャーを獲得
【MLB2022FA】メッツ、OFのスターリン・マルテも獲得!4年のビッグ・ディール
【MLB2022FA】メッツ、マーク・カナと2年26.5Mドルでサイン!
【MLB2022FA】メッツ、3Bのエドゥアルド・エスコバーと2年20Mドルでサイン
【MLB2022FA】レッドソックス、マイケル・ワカと1年で合意。その獲得動機とは?(追記あり)
【MLB2022FA】筒香選手はパイレーツと1年/4Mドルでサイン
【MLB 2021-22】MLBと選手会が、ノンテンダー・デッドラインの日付の前倒しに合意!11月30日に変更
【MLB2022FA】ケンダール・グレイブマンはホワイトソックスと3年で合意
タイトルとURLをコピーしました